市川海老蔵の春興鏡獅子

7月9日(土)
c0134850_10222795.jpg

昨日、7月大歌舞伎の午後の部を見に行った。
海老蔵の復帰公演ということで、話題。
午前の部は、義経千本桜と勧進帳という、歌舞伎の花形中の花形。
その分、午後は、玄人筋好みというのか、シロウトには読むことすらあやうい、
珍しい演目だった。
(午前の部はチケットが取れなかった)

上の絵は、海老蔵が2役をした、舞、「春興 鏡獅子」。
ディズニーの美女と野獣は、この演目をヒントに考え出したという・・・
最初は女形で、美しく舞う。
途中で、獅子の頭を持って踊り始め、そのうち獅子の霊が乗り移る。
すると、あの獅子の姿になって、白い髪を振り回す、あの舞いをする。
海老蔵は、サービスもあってか、普通に想像できる回数の3倍くらい、廻し続けた。
すごい迫力だった。

でもそのうち、疲れたのか、やけくそか
頭を廻す軌道が、まるくなくなって、
斜めの上下に行ったり来たり・・・・

席は新橋演舞場の、3階の一番後ろ真正面。
下から2番目(値段)の席だった。
高いところから見下ろすと、
役者の顔は全然見えない。
でも、全体の構図がよくわかるのと、
下から競りあがってくる舞台が、早くからよく見える。
動きを自由にしてもいいのがよかった。
(トイレに真っ先に行ける060.gif
何より「なりたやっ」「おとわやっ」とかの
掛け声をかける人が3階にはたくさんいる。
右から左から声が行ったり、来たり・・・
それもおもしろい。

歌舞伎の着物姿での鑑賞は、今回は叶わなかった。
ま、将来、私が枯れて、夏の暑さも感じず、汗をかかなくなる時が来たら
夏着物を涼しげに着ましょう、ということで。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-09 10:58 | カルチャー | Comments(0)