留守番をしていた、ビーグル犬かんなは・・・・

7月30日(土)
3年前の夏、長い旅から帰ってみたら
愛犬、ビーグルかんなが、首ヘルニアになっていた。
その病名がわかるまでの苦難と、その治療の苦難は記憶に新しい。

今回の旅も、帰ってみたら
またかんなの調子がヘン。
やたらにかゆがっているのである。
その上、犬のベッドの上、私のベッドの上に、
わずかだが出血の跡がある。

まず、シャンプーに連れてゆくか?
それよりも、耳のただれかもしれない(耳の長い犬の持病?)から
動物病院が先か?
出血はたぶんお尻からだろう?なんだ^?なんだ?

気になりながら、帰宅の翌日は片付けなどに追われた。
理由が判明したのが、昨日のお昼ごろ。
耳の下あたりが皮膚病か、真っ赤にただれていたのだ。
すべての理由がわかった。

すぐに病院に連れて行った。
持病の耳のただれは、なかった。
顔の横(耳の下あたり)をの毛をバリカンで刈って
患部の処置をし、抗生物質を処方してもらった。
要点はこれだけだが、なかなか大騒ぎの治療で、
とうとうかんなは口輪をはめられた。
口輪をして小さくまとまったかんなの口と鼻は、
ブタさんのようで相当可愛かった。
本当は写真を撮って、ここに掲載したかったのだが
治療の真っ最中のあの緊張の中では
ひんしゅくものだったので、とてもできなかった。
(今でもあの写真があればなぁ・・・と後悔もある)

ぐうの音も出なくなったかんなは
超あわれな音を出し(声にもなっていない)
前足だけバタバタして抵抗したが
2人に抱え込まれて、治療は終了した。

いつものことながら、
私はかんなを押さえ込む作業で汗が出て、
飼い犬のバカ騒ぎで、冷や汗も滝のように流れ、
そこに犬の毛が飛び散ってくるので
散々な状態になる。
ぐったりである・・・・

もちろん、かんなもぐったり・・・

かんなは、何でも食べるので
錠剤でも、喜んで、食べる。
ここんとこが、かんなの一番いいところかなぁ・・・
抗生物質も大喜びで食べた。

患部は、絆創膏をはったりすることもできないので
(犬は、自分ではがして、食べてしまうこともあるらしい)
あとは、そのまま治るのを待つだけだ。

いろんなことが起きるなぁ・・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-30 10:24 | ビーグル犬かんな | Comments(0)