孤独な夜にアイツがやったこと

11月8日(火)
先日、孫の七五三のため箱根まで出かけた時のこと。
愛犬ビーグルかんなは、息子とともに留守番をしていた。

が、その時、息子が用事で外出し、
終電に乗り遅れて、夜帰らなかったというハプニングがおきていた。
夕食は、隣に住む姪に頼んであったのだが・・・

灯りはついていたのだろうか?
かんなは、一晩を一匹で過ごしていたわけである。
(初めてのことではないが)

かんなの気持ちになることはできないが
やはり不安で長い夜なのだろう・・・

息子の部屋のごみ箱を荒らしてあったとか、
トイレ以外におしっこを2箇所してあったとか、
そんなことが起きていた。

それから3日も経った昨日、和室の暗い片隅に息を呑んだ。
c0134850_2373843.jpg

何が散乱しているのだ・・・

和室は、出入り禁止になっている。
しかし、アイツは誰もいないと和室にあがりこんでいるようだ。
今は息子の荷物置き場になっているが
そこには、古い火鉢があって、その上に和のしつらいがしてある。
飾ってあった、はすの実の中に
きれいな色の布をはめ込んであるオブジェ。
c0134850_1043438.jpg

(参考までに。こんな感じ)

それをかんなが、くちゃくちゃやったのだった。
食べようと思ったけど、美味しくなかった・・・そんなもんだろう。

一応かんなに確認してみようかと、
和室の奥から「ちょっと、ここに来なさい」と呼んだ。
しかしかんなは「ここには入っちゃいけないんでしょう」という顔で
知らん振りを決め込んでいた。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
Commented by ゆみ at 2011-11-08 10:46 x
ペットはどこまで理解できているのでしょうね。。。
今、父が入院していて、そのあいだ、、父の飼っている猫に毎日餌をあげに行ってます。夜中は、もちろん一人ぽっちで小屋に閉じ込められたまま20時間くらいその中にいることになります。。。わたしが毎朝到着すると、ものすごく喜んでくれます。いつもさせないようなことまで、いつもにはない密着度で熱烈歓迎してくれます。
この間、父の退院の日を間違えて、早く猫に伝えてしまいました。ぬかよろこびさせてしまったかなあ。。。と、おもって。(笑)
父が帰ってきたら、どんなに歓迎してくれるんでしょう??
Commented by kusanohana-nonchi at 2011-11-08 10:54
今、ブログ記事をちょっと直していたら、ゆみさんからコメント。
同時進行!にうれしくなってしまいました。

動物は人間とは違う感性だから
「可哀想だから」といって連れまわすより
その場所にいた方が落ち着く・・・そうなので
(特にネコは)
やはり、それでいいのでしょうねぇ・・・

でも、その時、ネコちゃんはぬか喜びしちゃったでしょうね。

おとうさまの退院が待たれますね。
どうぞ、お大事に・・・
by kusanohana-nonchi | 2011-11-08 00:00 | ビーグル犬かんな | Comments(2)