ある犬が召された

3月21日(水)
昨日、犬の散歩に行って
ある犬の飼い主さんに会った。
と、言っても犬はいなかった・・・

やっぱり・・・

彼女の犬しんちゃんは、17才のコーギー。
しんちゃんは1週間前に召されたという・・・
持病を持っていて
ここ数年は歩くこともできなくなっていた。
それでも赤ちゃんのような顔で吠えたり
表情は元気一杯だった。

お互いに名前も知らない間柄だが
しんちゃんが召された時のこと、
その後の気持ちのことなど、
公園で立ち話した。

聞けば、1年前にご主人を病気で亡くしているという。
それも、しんちゃんの看護に夢中で
悲しみも少なくやってこれたのだと。
お子さんはいらっしゃらないのだそうだ。
いつも、しんちゃんを抱えて公園までやってきては
長い時間をそこで犬とともに過ごしていた彼女だった。
(以前、その風景をブログに載せたことがあった)

思ったより自分は元気。
よその犬に会うのが、楽しみ・・
これから1人で散歩に行くの、と言って別れた。

でも、心配。

愛犬を見送った後の心の問題は
さすがの私も
自信がない。
まとわりつくように、いつも自分の近くにいるあの存在がなくなったら・・・

なんだか、彼女の悲しみが
私の心もおおってしまった。


今週の聖書の言葉
あなたがたのあった試練は
みな人の知らないようなものではありません。
神は真実な方ですから、
あなたがたを耐えることのできないような試練に
会わせるようなことはなさいません。
むしろ、耐えることのできるように、
試練とともに、脱出の道も備えてくださいます。
コリント人への手紙Ⅰ 10:13


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
Commented by よいつ at 2012-03-21 12:30 x
こんにちは。
ワンコとの別れは辛いですよね。ペットロスという心の病気もありますし、その方が心配ですね。

ついつい出しゃばりでコメントなのですが。。。
動物愛護団体では、預かりボランティアさんを募集してます。
団体にもよりますが、普段の飼育と、月に何度かの譲渡会出席することがお仕事になります。
自分の年齢を考えて飼うことが出来ない、でもワンコとの生活をもう一度してみたいという方にお勧めしています。

気持のこともありますし、むつかしい所もあるかもしれませんが、ワンコ、ニャンコに関われるそんなお仕事もありますよ~と言うお知らせでした。m(_ _)m
Commented by kusanohana-nonchi at 2012-03-21 17:44
私も含めて、
なるほどの情報ありがとうございます。

少し時間をおいて、話してみます。
by kusanohana-nonchi | 2012-03-21 06:35 | ビーグル犬かんな | Comments(2)