魔法のお鼻

1月22日(水)
今朝6時ころ、私が起きようとしている時
台所からバタバタいろいろな音がしてきた。

孫のゆいが、朝ごはんを作ってもらうべく
自分の希望する材料を、せっせと冷蔵庫から出していた音だった。
ママはまだ寝ているらしい。

彼女の希望のメニューは目玉焼きベーコン添え、パン、カップスープ・・・・
そんな材料が並んでいた。

ご希望ならば・・とその材料でそのまま作り始めた・・・・

ふと気づいたら、ビーグル犬かんなが冷蔵庫のドアを丁寧になめている。
いくらいやしい犬と言っても、何で・・・・・・?

ふと疑問に思ったので
「ゆいちゃん、なんかこぼした?」と聞くと、
完全に犯人の顔。すぐにわかった。
「何こぼしたの?」

「・・・・・・」
「何????」詰問したら答えた。

「たまご・・・・・」

あぁそうか・・・たまごか・・・

「何個割ったの?」

「1個」

1個くらいならま、いいか。
黙って自分で処理できるようになって、大したもんだ。
ゴミ箱をあけてみたら、大量のティッシュが捨てられていたが・・・・」

それにしてもビーグル犬の鼻は偉大だ。
どんな有機物の匂いも見逃さない。
今日も何も痕跡のない冷蔵庫の、匂いで事実を認めていた。

料理中、菜箸を落としても
使っている菜箸は飛んできてペロペロ舐めている。
使っていない分には見向きもいない。

たいしたもんです










c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-22 22:42 | ビーグル犬かんな | Comments(0)