大きな誤算

話が前後するが、
発表会前、紅葉の美しい、信州
上高地を旅してきた。

夫がリベンジ?をかけて企画した
私の誕生祝旅。
入院中に予約していたのだから
驚きだ。よくこの日が迎えられたものだ。

上高地までは、直接車を 車を乗り入れることはできないが、最終地点までは、私の運転で行った。330k。
最終地点の沢渡の駐車場にタクシーが来てくれる。

さて、上高地は梓川に沿って広がり穂高連峰を一望できるすばらしい景色の所。10/20ころは落葉松の黄金色で輝いていた。すばらしい秋の風景である。
しかも上高地は梓川中心なので、ほとんどが平坦な地形。そのため大勢の観光客が押し掛ける。山登りせずして、山の壮大さ、清々しさを味わえる。

というわけで
山男?だった夫は
上高地なら車椅子で簡単に山歩きができる、と考えた。

おっとどっこい!
それが大きな誤算。
平らな山道なんだけれど…
何と山は石がゴロゴロしている。
夫も茫然としてしまった。

結局、余りの凸凹道は
杖で歩いた。
河童橋から明神池まで往復6k。

好きで歩いているしかないのに
どれだけ多くの人に
「お手伝いしましょうか」
と声かけされたことだろう。

翌日も懲りもせず、大正池方面まで行った。
こちらは途中川原が砂利だらけで
全く歯が立たず、りタイヤしたが。

ま、山道をよく歩いたし、
車椅子も破壊しなかった。
旅行中、夫は体調壊すことなく、
健全に過ごすことができた。
しかし、助手席に座って300Kを再び戻り、
帰宅後は一気に疲れが出て、
翌日はダウン。
それでもまたその翌日は
元気取り戻していた。

全部夫が自分で立てた企画だから、
私は気にしないっと。

c0134850_10233521.jpg

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2015-10-28 10:24 | | Comments(0)