乙女ちっくに

桜がようやく満開になった。
今年は本当に待ちましたねぇ。

私は2回もお花見行ってもあとひとつ。
そして一昨日ようやく満開の桜の下に立ちました。

ここは足利市の鑁阿(ばんな)寺
足利学校に隣接する
重厚なお寺の境内

c0134850_09362380.jpg


足利へはお花見に行ったのではないのです。
中高時代の同級生のお墓参りへ行ったのでした。

昨年秋突然の訃報でした。
首都圏でないところでずっとお住まいだった
その方は長年闘病中であったことも同級生には余り告げず召されました。

混乱した私たちでしたが
心を整理し、相談し、
お墓参りに行くことになった次第。

皆の都合を合わせ、12月に決めたのに
私の都合で取り止め。
なかなか予定が合わず4/6がようやく決まりました。

4ヶ月も前、その約束をした日、
まさか桜の美しいこの日に
足利を訪れることになるとは
想像していませんでした。

その方は
東京に帰られることも少なく
同窓会にもいらっしゃらなかったので
ほとんど会うこともなく
唯一年賀状でつながっていました。
その友は結婚もとても早く
お孫さんもたくさんいらして
彼女の人生の実りを想う。

友人たちとお墓の前で
小一時間くらいずっと思い出話をしました。
バンド組んでボーカルやってる一人の友人は
お墓の前で歌を捧げました!
わぉ!
最後にはその友の提案で
校歌を歌って捧げました。
わぉ!何て乙女なんだ!
(亡くなった友はさめている人だったから
わははと笑ってくれただろう)

浅草駅から東武伊勢崎線の特急指定席に乗ってから楽しい旅路。日帰り旅を堪能できたし、お墓のことを問い合わせるために
卒業以来ほとんど親交のなかった方との交友も復活したし、亡くなった友からのすてきな贈り物!

鑁阿寺には巨大な銀杏の木があり
秋に再び足利を訪れよう、
今回来れなかった友も誘ってお墓参りしようと、わいわいがやがや乙女ちっくに帰って来た我々でございます。

(乙女ちっくと思ってるのは自分だけ。普通にうるさいおばさんに過ぎないか)



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-04-08 08:38 | 日々のつぶやき | Comments(0)