島原の乱に思いを馳せる

島原の乱とは、授業で習って、何となく知っていることですが、改めて。


島原の乱は、江戸時代初期(1637年)に起こった日本の歴史上最大規模の一揆であり、幕末以前では最後の本格的な内戦である。島原・天草の乱、島原・天草一揆とも呼ばれる。寛永14年10月25日勃発、寛永15年2月28日終結とされている。 ウィキペディア


島原の乱の舞台となった島原市。

島原の乱でキリシタンたちが最後まで徹底交戦した原城(跡)

c0134850_16074115.jpg


北村西望氏による天草四郎の銅像

c0134850_16074610.jpg



徹底交戦で原城に立て籠り
援軍を待っていた一揆群。

キリシタンの反乱という名目だったが、
農民一揆でもあった。

立て籠った人々8000人、すべて殺され
城、城壁、すべてとともに
埋められてしまった。
島原の農民はその時、全滅し人が誰もいなくなってしまった。

その後移民政策で、あちこちから移民が。
小豆島もその一つで、
小豆島の素麺技術が伝えられ
島原も素麺が名産地。
キリシタンは一人もいなくなり、
すべて仏教徒。
すべての人がお寺の檀家となったそう。


原城の発掘はつい最近始められ
多くの人骨が見つかっている。
そのレプリカが近くの記念館にある。
まだまだ発掘は途中。


日野江城跡
日野江城は、島原の乱発生の
きっかけにもなった

有馬晴信の居城。
今ではただの緑の丘。
猪防御の柵で囲まれていた。

c0134850_16075390.jpg


c0134850_16075785.jpg


c0134850_16080288.jpg

雨が落ちるか落ちないか・・・の瀬戸際を
ギリギリのところで雨なしで歩く。


c0134850_16080934.jpg


殉教した人々の鎮魂のために島原カトリック教会はある。
c0134850_20250075.jpg


中原ジュリアン
c0134850_16081513.jpg


ローマに派遣された4人の少年のうちの
中原ジュリアンは
教職者となってキリシタンを
まとめてたが
弾圧により処刑されたという。

殉教したキリシタン兄弟の像。
弟の指が切り落とされたが
そのことにも果敢に向き合い
処刑されていったという。

c0134850_16082232.jpg


c0134850_16082806.jpg


島原にて
弾圧されていたキリシタンを思う。



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-05-12 15:52 | | Comments(0)