いたたまれない

我が住まいの最寄り駅には
改札からホームに降りるエレベーターがない。

そこでエスカレーターを片方止めて、
ステップ3段分を固定し
ゆっくり車椅子ごと昇降する。

JRは障害者のために万全をしてくれるので
混んでいるとかを理由に後回しさせる
ことをほとんどしない。

しかしこの到着電車の後に
エスカレーター止めた方が
いいんじやないか、というタイミングも
全く無視して
乗り換えのために人が殺到して
降りてくるのがわかっていても
夫のためにエスカレーターを止めてくれる。

私は先に降りて待っているが
いたたまれない。
怖いもの見たさで
急いで乗り換える人々が
エスカレーターが使えない事実を知り、
納得できなかったり
呆然としたり
殺気だった表情を凝視してしまう。

悩んでないで
早く階段にまわろうよ、と心の底で
声をかける。
ごめんなさいね、原因は夫の車椅子なの・・

今朝所用で駅に行ったら偶然
ホームへのエレベーター設置を訴える
ビラを配っていた。

納得。
困っているのは皆なのね。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-08-04 08:33 | 日々のつぶやき | Comments(0)