アイツのいない散歩?

9月28日(金)
意外な暑さに参ってしまった、今日。
どこから、大騒ぎに発展するか、予想のつかない2才児。
円満に犬の散歩に行くことすら難しい。
今日は、散歩に出る時間に、夫が結依を違う場所に連れ出してくれたので
静かに犬の散歩に行くことができた。

犬のかんなは、完全にわかっている。
「今日はアイツがいない!」
かんなは、とにかく喜びで、門を出た瞬間から走り続ける。
うれしい!
途中、あの獰猛な日本犬「サラ」にちょっかいを出す。
サラが塀から首だけ出して、歯をむき出しに悪魔のように吠え掛かるのを
刺激してゆく。
かんなは自分は全く吠えないで、ちょっかいだけ出す。
なかなかいい玉である。
私がかんなを無理矢理はがし、歩き始めると、
その顔は絶対にニヤニヤしている。ストレス発散の顔である。

その後、かんなが勝手に決める散歩ルートに従ってゆくと
(いつもは、ルートは私が決めるが、日頃かわいそうなので、今日は特別)
子どもたちの遊ぶ、公園に着く。
そこで小さな子どもたちがやっているボール遊びの中に入る。
ボールが大好きなかんなは、ころがってくるボールを一緒に追いかけたい。
それを、お座りして待っている。
子どもたちも、たいてい「かわいい」と言って寄ってくる。
きっとそれも嬉しいんだろう。

普段、2才児と一緒にいると、全く興味も示さず、まるでおばあさんかのような態度、
でも、小学生と一緒にいると、ほんと、なんにでも興味を示す
元気一杯の犬になる。
なんか、かわいいなぁ・・・
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2007-09-29 08:54 | ビーグル犬かんな | Comments(0)