鹿児島の旅Ⅰ

5月3日(土)
先週末から5泊6日の長きに渡って
鹿児島市を旅してきました。
5泊も鹿児島市内で、何をしているのか・・という質問をよくいただきますが
わが夫の計画する旅は、濃く、丁寧で、かつ執拗に
その場所を知ることを目的としています。
そのため、ひたすら歩き、じっくり見て、そしてよく食べております。
今回も、1日だけ、鹿児島市から南へゆく「知覧町」に行き、
それ以外は鹿児島市内観光で終始しました。
今回はまた鹿児島の知人に会うという目的もありました。

私の松山時代の友が、3年前から、
故郷の鹿児島に戻られていたのです。実に6年ぶりの再会でした。

鹿児島は、明治維新に関わった多くの人を生んだ町です。
鹿児島市の加治屋町という地域は西郷隆盛・大久保利通を始めとして
隣近所からたっくさんの人が活躍しています。
(東郷平八郎・五大友厚・森有礼など。どこかで聞いた名前でしょう)
また、今年大河ドラマの「篤姫」が育った町であるわけです。
ドラマの中で、篤姫(宮崎あおい)が、
大久保利通(原田泰造)の家に遊びに行くシーンがありましたが
(ま、ほんとがウソかは別として)
このへんを行ったり来たりしていたのか・・・という感銘です。

鹿児島というのは、さすがに東京からは遠いです。
羽田から2時間近くをを要しました。
日本の南端にあってほんと独自に存在し続けたのだなぁ・・・
としみじみ思います。
島津家という存在の大きさもいまだに健在です。
現当主は、鹿児島の観光事業の社長をしているそうですし
当主の奥様は、西郷隆盛の曾孫。
お仲人さんは大久保利通の孫だとか!

鹿児島には、西郷隆盛のように、濃い顔をして人が多かった!
私の友人も、目鼻立ちのはっきりした人ですが
彼女に似た人も多かった!

鹿児島に埋もれた数日間、鹿児島の偉人に感動し、
明治維新の薩摩藩の活躍やら、
西南の役で破れた西郷隆盛を中心とする人々の苦悩やら
5泊6日間は薩摩に染まりきっていました。


鹿児島中央駅前にある、明治維新の頃、
薩摩から英国に留学したした人々の群像
c0134850_192989.jpg


西郷隆盛の像。鹿児島では西郷さんは南洲神社にまつられ、
神格化している。
c0134850_19294144.jpg


鶴丸城の跡
c0134850_19302293.jpg


桜島
c0134850_19305698.jpg

[PR]
Commented by anael-needlecraft at 2008-05-04 20:44
史跡・名所三昧のうらやましい旅行プランです。
うちの家族はそういうのにはつきあってくれそうにないので
子どもが独立したらゆっくり一人旅でもすることにします(*^-^)
篤姫様気分になれましたか?(o^-^o) ウフッ♪
Commented by kusanohana-nonchi at 2008-05-05 23:12
★アナエルさま

う~~~ん。お育ちが違い過ぎてお姫さまモードにはなれませんでした。
記憶の糸とたどると、アナエルさまの息子さんは中学生になったところでした?
Commented by anael-needlecraft at 2008-05-06 01:00
上の子が中3、下が中2、年子でございますε-(ーдー)ハァ
2年続けて受験生の母です。。。(;´д`)トホホ
Commented by kusanohana-nonchi at 2008-05-08 00:14
★アナエルさま
それは、大変なことですね・・・
それよりも、「」お若いお母様なんだ」・・・そちらに関心が・・・
by kusanohana-nonchi | 2008-05-04 06:47 | | Comments(4)