♪同じ阿呆なら・・・・♪

6月7日(土)
夏のような1日だった、今日、千葉県北総地域。
水郷に近いこの利根川べりの地区で
水性植物園にてあやめの花を見、
ついで花嫁船という、船での嫁入り風景に出くわす。

その後、佐原の山車(だし)祭を見る。
お祭嫌いだった私の祖父・そして母から、刷り込まれていたせいで
私は元々お祭が嫌いだった。
その感情は今でも残っていて
地元のお祭には絶対に行かない。
それなのに、よそのお祭は、実に興味津々で
お祭を見るのが楽しくてたまらない。

そんな私が、今日始めて、山車(出し)が本当に動くのを見た。
鳴り物(お祭の音楽)を聞いていても、心が躍って、実際に体が動いてくる。
♪踊る阿呆に見る阿呆。どうせ阿呆なら、踊らにゃソンソン♪
そんな気持ち、そのものである。

山車を引く人々は、早くからお酒を飲んで、たばこを吸って、
のんびり喋って、時々気を入れて、ガンガン山車を引いて。
なかなか進まない。
呑気な内輪話を、観光客が見ていても、
全くそこには誰もいないかのような状況で
やめる気配もなく喋っている。
やっぱり参加するほうでないと、つまらない。

写真の更新は明日にお楽しみ・・・・ということで。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-06-07 22:53 | | Comments(0)