2011年 11月 27日 ( 1 )

アメイジング・グレイス

11月27日(日)
毎年、我孫子市の教会が集まって、市民クリスマスを開催している。
今年もその季節がやってきた。

今年は海外(北欧)からのチェリスト 
ボーマン・ベアンテ氏をゲストに迎え、
その他、市民クワイヤによるコーラスなど
クリスマスの音楽に浸るひとときを演出している。

市民クワイヤは3回の練習だけで合わせる臨時グループ。
各教会からの有志で結成される。
私は我孫子に住むようになってから、毎年の参加。
今年はアメイジング・グレイスをゴスペルアレンジで歌う。
相当、気持ちがいい。
正統派のクラシックのコーラスをされるおじさま方は
ゴスペルのリズム・ブルース風?とか、ダウンビートののリズムとかを
楽譜の上で説明を求める。
伴奏が、そのリズムとってるから、
その通りにリズムを刻めばいいのよ~~。
リズムは体の中を通して表現してゆくのよ~。
なぁ~んて、心の中で反芻していた私。

3回の練習も今日で終了して、12月3日の本番を待つ。
c0134850_22541381.jpg


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・
            <br class=
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-11-27 20:28 | 日々のつぶやき | Comments(0)