2017年 05月 09日 ( 1 )

長崎市島原市にいます。

1990年雲仙普賢岳の爆発が始まり、

火砕流によりマスコミ関係者、地元消防署員、タクシー運転手など43人が犠牲になった災害。記憶に新しいことと思います。

そして人家も多く消失、地形もすべて変え、

昭和新山が出来上がって

1996年に終焉したことを再確認したような、初めて知ったような。その時から25年が経過しているといいますが、その年月に心底驚きました。

c0134850_16324968.jpg


25年経過して緑も美しい。奥に見えるのが昭和新山。
美しい静かな景色から25年前の爆発風景は想像できない。

c0134850_16325139.jpg


土石流の被害で埋まった家々を

そのまま保存している公園。

c0134850_16325415.jpg


c0134850_16325649.jpg


火砕流に襲われた小学校の廃墟遺構
c0134850_16415984.jpg


c0134850_16420188.jpg


災害記憶のための施設にあった資料
c0134850_16420334.jpg


c0134850_16420476.jpg





[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-05-09 16:26 | | Comments(0)