カテゴリ:未分類( 162 )

脳みそ使わねば

c0134850_09025739.jpg

3/11(土)3/12(日)
東日本大震災を覚えて復興を願うチャリティーイベントが地元で行われていた。
そのイベントに私の所属する
KSGC(柏オールソウルズゴスペルクヮイア)が
参加。2日間のラストステージを飾った。
ディレクター(リーダー・指揮)の葛葉美奈子さんが盛り上げるのが上手な方で
聴衆を上手に巻き込んでの
未来への希望に満ちたものになった。

月2回の練習で後は自主連。
レッスンはすべて録音する。

私が初体験していることは
歌詞を覚えるということである。
楽譜なしで最初から覚える歌は
びっくりするほどメロディーは入る。
気付けばいつも頭の中でメロディーが響いているほど。

しかし歌詞は大変だ。
ソロではないから
「寄らば大樹の陰」方式で
ごそごそ何となくどうにかなるけど
やはり次なるに何の言葉を発するかが
はっきりしないと
思い切って歌えない。

だから舞台直前になると
歌詞を必死で覚え始める。
今までの脳の使い方とは異なっているに
違いない。

まだ馴れていない。
目で歌詞を見て確認

耳で聞きながら確認

耳で聞きながら
口でモソモソ合わせて
覚えてゆく

本番になると
ノリと回りの流れで
自然に歌えていることも多いが
やはり頭真っ白になって
取りあえず口モゴモゴということも起きる。もし注視されていたら絶対口が変なことになっているだろう。

「寄らば大樹の陰」方式って、
やっぱりどこかで脱しないとね~~~

大変だけど脳使おう。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-03-15 08:17 | Comments(0)

先週末、小5の孫ゆいが
インフルエンザに感染。
熱は2.3日で下がりあとは養生。
今日木曜日から登校していった。
待ちに待った学校に
大騒ぎだった。

我が家でインフルエンザの予防注射をしていないのは、私一人。
結依は家の中で隔離され?
私も食事を運ぶだけ、という接触で
私のインフルエンザ感染は避けられた。

たぶん家族の誰も感染はなかったよう。

やれやれ。

ゆいは普段から健康で、
小学校は皆勤賞なのだが、
前インフルエンザにかかった時、
休まなかったのかぁ・・・
と思って聞いたら、
インフルエンザは休みにカウントされないのだそうだ。

「でもゆいちゃん、小学校ではインフルエンザにかかったの初めてよ。」と。
「え!?うそ!?」
だってこの間、私がゆいからインフルエンザうつってしまったじゃない!と私。

ゆいがインフルエンザになったのは
保育園の時だという。

あのインフルエンザで喉が痛く
苦しかった時から
5年かすぎているらしい

年をとると
ついこの間・・が.10年20年ということになりがちになるんだそうだ。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-02-23 22:19 | Comments(0)

寒波襲来

寒波襲来で、日本中が寒い。

鬼のように元気なイメージかもしれない私ですが、

弁慶の泣きどころというのか
私は喉が鬼門。

寒い!と思ったら
もうすぐに喉が違和感。
あれ?あれ?と思っている間に
喉がどんどん腫れて
あっという間に風邪になる。
一度風邪をひくと、
喉➡味覚やられる➡咳➡治る
の道を必ず通る。

思えば一年ほど前2月。
息子の結婚式前にあれよあれよと風邪になり
ドン底の体調で結婚式を迎え、
奇跡的に本番だけどうにかなり
翌日はダウンしてしまった。

この寒波で
お決りの喉の違和感。

絶対に風邪はひかない、ぞ。と
漢方薬、葛根湯の「喉から風邪」タイプを
飲んでいる。
9本くらい入っているが
それで治らなかったら別の方法で、
とある。

あと2本。
大丈夫かもしれないし・・・
風邪に、なるかもしれない・・

明日はメドをたてなければいけない日だ。
いずれにしても、睡眠が大切。
もう寝なくては。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-01-15 23:58 | Comments(0)

金メダル!

受け取られた方もあると思いますが、
我が家からの年賀状に
夫の回復状態を載せました。
そこに肝心なことを書き忘れてました。
夫は何キロも歩けるようになってますが、
両杖を使ってます。
まだフリー歩行ができているわけでは
ありません!

と、そんな状態の彼ですが、
この度、カヌー大会に出場しました。
千葉県知事杯カヌー大会
二人乗りのカヌーの部
江戸川を5Kひたすら漕いでスピード競う、
というものです。

二人乗りといっても、私が漕ぐわけでは
ありません。
いつも歩行回復のためトレーニングしているジムのトレーナーの女性が
プライベートで自分のカヌークラブ
(江戸川カヌークラブ)に誘って下さり
そのグラフの艇を借りての参加でした。
娘とほぼ同い年のトレーナーと
夫はコンビを組んだわけです。

昨年末から江戸川で数回練習。
(私がアッシーくん、練習中
待ってましたよ~
クリスマスイブの日も行ったし~
12/29も行きました~
あ~忙しかった~)

1/8午後から雨になったあの日。
寒い中松戸市の江戸川沿い堤防に集合!
江戸川カヌークラブの方々
トレーニングジムのスタッフ数人
息子と孫の応援の中、スタート!!

c0134850_12374198.jpg


人数多すぎてどこにいるかわかりませんでしたが43分くらいで5Kを漕いでゴール。

そしてなんと!!
夫とトレーナーのチームは
二人乗りカヌーの部で優勝!!!
金メダルですよ。

すごいなぁ!

往年の彼に戻ったような素晴らしさです。
が。

カヌーはまだ運べないし、
川に降りてカヌーに乗り込むのに
二人がかり。河原を歩くのも困難たくさん。

天の神さまの配慮で
大会中は雨も落ちて来ず・・・
雨が降ったら歩けなかったかも。

FB記事ですが、
見れる方は御覧ください。

https://m.facebook.com/story.php?
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-01-12 10:47 | Comments(0)

ゆく年くる年

2016年もあと少し。
今年は珍しく、ゆっくりと紅白歌合戦を
見ています。

今年もおつきあいありがとうございました。

そして来る年2017もどうぞよろしく。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-12-31 22:11 | Comments(0)

怒涛のように襲い来る達成感と疲れ!!
ちょっと大袈裟かな006.gif

昨日10/30に展示会のための作品2点が
完成した。
ばんざーい。ばんざーい。
取り組み始めたのが7/31
セミが鳴いて暑かった時だなあ。
完成した作品見ながら、長かった製作のこと思ったり、思いがこういうふうに形になったのか、とか満足、反省、いろいろ感慨にふけって祝杯をあげるのが、幸せだ。
ま、実際はゆっくり祝杯あげる間もなく
展示会場に持ってゆくわけですが。

今回はウオーターカラーキルトの方法で作ったキルト1点
春に訪問した長崎県上五島町のカトリック教会の写真をステンドグラス花窓で囲った
キルト1点

展示会は明日から。

c0134850_09293558.jpg
c0134850_09293875.jpg

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-10-31 09:13 | Comments(0)

義足のダンサー

リオデジャネイロパラリンピックの閉会式に
日本人の義足のダンサーのパフォーマンスには世界中の人が目が釘付けになったことだろう。

大前光市さん。

先日たまたま大前さんを追ったテレビのドキュメンタリーを見た。それも2つの違うドキュメンタリーを一日で見た。
もう、すっかり大前さん通になっている。

プロのダンサーになりたくて
コンテストを受ける前日の交通事故で
足を失ったのだという。
4か月後義足をつけてとりあえずダンススタジオに行ってみたけれど、
バランス悪く転んでばかりいた、と。

とにかく数年後に
ある出会いがあって、足のない自分を個性と受け入れられるようになってから
自分のパフォーマンスを確立し、
すべてのことを取り入れて
がんがん進んでいるとのことだった。

私の拙い文章で説明してもムダ。
そのパフォーマンスのすばらしさ、義足を上手に使っての、彼しかできない動き。

絶望からはい上がった人の強さ。

言葉に尽くせない感動だ。


彼は自分の経験から、バランスをどうとるかということに造詣深く、大人のバレエ教室を主催しているんですって。ふぅん。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-10-13 13:20 | Comments(0)

興奮のるつぼ旭山動物園

昨日までの札幌旅行の内一日。
旭川まで足を伸ばし、旭山動物園を訪問。
テンション低めの初老の夫婦だったが
次第に興奮のるつぼに。

c0134850_20203577.jpg

アザラシが縦の水槽を泳いで通り抜けた!

c0134850_20203963.jpg

トラはガラス窓の前をぐるぐる行ったり来たり。サービスか?!

c0134850_20204264.jpg

キリンのエサ場が我等の目の前。
キリンは2メートルくらい下を歩いている。

c0134850_20204525.jpg

ホッキョクグマが泳いでいる。
可愛いお尻だ❤

c0134850_20204802.jpg

カバさんも泳いでいるのを下から見ている。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-09-19 20:10 | Comments(0)

札幌歩き1日20000歩

札幌にいます!!

ある日新聞広告で見つけた
格安ツアーにそそられて、
やって来ました札幌4泊5日。
途中電車で往復3時間旭川へ。
あの有名な旭山動物園を満喫しました。

格安ツァーは思いもかけない格安の落し穴あり。
札幌市内から地下鉄、バス乗り継ぎという
かなり遠いホテル宿泊だったため、
朝9:00ころ出発してから夜9:00まで
札幌市内をさまよい歩くという
ハードな歩き旅となった。

夫は車椅子と、歩きを組み合わせて移動。
札幌市内は道の事情が良く
夫も上手に車椅子を一人で操っていた。

旭山動物園1日を除いては
毎日ひたすら札幌市内を歩き回った。
ほぼ毎日20000歩は歩いただろう。
低いローファーの靴を履いていたが、
エナメルのお洒落?靴歩行は
2日目ですでに足悲鳴。

4日目に音をあげて、
スニーカーを買った。
少しはマシになったが
傷ついた足は痛いままで
それでも歩いた。

今、帰途についたところ。
千歳空港へ向かっています。

c0134850_09344276.jpg

豊平館

c0134850_09344527.jpg

旧県庁

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-09-18 09:08 | Comments(0)

ウォーターカラーキルト

「ウォーターカラーキルト」ってご存知ですか?

印象派の絵画からインスピレーションを得たような
布のグラデーションだけで
絵を描く方法。

一時期一世を風靡したようにも感じるが、
最近はあまり聞かない?
日本に定着しなかったのかあなぁ。

私は外国人作家の講習会を2回受け、
作品を数点作った。
その後日本人のキルト作家が本を出し、
私はそれも熟読していた。

11/1から恒例のクリスチャンアーティスト
B&Aの展示会がある。
そのためにウォーターカラーキルトを
製作中。
c0134850_09233472.jpg

10年以上前に取り組んだウォーターカラーの世界に入っているところ。
ふたを開けてみたら恐ろしいほどの量の
ウォーターカラーのための布が
ストックしてあった。

これがどんな図柄を構成してゆくか、
お楽しみに。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-09-06 09:22 | Comments(0)