カテゴリ:歌舞伎( 21 )

今日1/27が国立劇場 歌舞伎の千秋楽。
今ごろあの興奮が繰り広げられていることでしょう。

私は数日前に行って来ました。

国立劇場はお正月のしつらえで
華やいでいた。

c0134850_14275691.jpg


c0134850_14275922.jpg


演目は「しらぬい譚(ものがたり)」
c0134850_14280277.jpg


内容は話せば長過ぎ、混乱するので省略しますが、とにかくエンターテイメント!
尾上菊五郎が蜘蛛の魔術を操るお姫様。
七変化で海女さんから侍からお姫様になる。そして圧巻が
宙吊りで舞台から斜めに
蜘蛛の巣撒き散らしながら劇場内移動。
舞台下手から2階の上手側に引っ込んで行った。2階席の人は特に大興奮。
c0134850_14280594.jpg


蜘蛛の忍術だけでなく
化け猫もお姫様にとりついたりする。
そのお姫様は尾上右近という
超美形の方が演じていたが
化け猫にとりつかれると
凄まじいばかりの形相と
リズミカルな動きで
腰元をいたぶり遊んで殺してしまう。
猫だからだ。
いたぶられた腰元と言っても
立ちまわりをする若手の役者が
アクロバディックな動きで
自由自在にやられまくっている。

化け猫はついに
分身して10匹くらいになって
アクロバディックに舞台を飛び回っていた。


いやぁ興奮のるつぼ。

その上、
謎の?参詣人という役柄で
テテテテテテ・・
ウンチャチャ ウンチャチャ
とあの聞き覚えのあるリズム・・
片岡亀蔵 演ずる ピコ太郎 がでて来たのだ!

聞けば何日目かに本物のピコ太郎が
国立劇場にやって来たらしい(笑)

歌舞伎はこうじやなくっちゃ?
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-01-27 14:07 | 歌舞伎 | Comments(0)

南総里見八犬伝

1/20(火)
夫と行く予定でとった歌舞伎。
「南総里見八犬伝」
夫の希望で
友人と見に行ってきました。
c0134850_9455333.jpg

南総里見八犬伝は、ジュサブローの人形劇「新八犬伝」で私は詳しかった。
ずいぶん忘れていたけれど、
やはり昔とった杵柄?か
いろいろなことを知っていた。
実は歌舞伎を見に行った日、5時半にお見舞いに行ったところ
突然夜中までの手術となった・・・・(1/8)

着物で行こうか、行くまいか、ちょっと迷ったけれど
ほんと~~~に着物で行かなくてよかった・・・・



c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2015-01-20 09:51 | 歌舞伎 | Comments(3)

12/15(月)
c0134850_1111277.jpg


去年同じ国立劇場で、この演目を見たことを
夫も私もすっかり忘れてチケットを取った。
2回目だから見るのをやめよう・・・という意味ではない。
情けないことに、忘れていた。
(私はこの名前に憶えがあったが、夫に聞いたら否定されたので
そのまま信じた)
我ら夫婦のレベルは二人三脚でこの程度だ。

しかしお芝居は、双六(すごろく)という意味合いなのか、
伊賀へ向かう道中に起きた違うエピソードを織り込んでいたので
本筋の「仇討」とう流は変わらなかったが
その他の話は新鮮だった(新鮮にわからないという意味?)

日本三大かたき討ちと言われるひとつだそうで
剣豪「荒木又衛門(あらきまたえもん)」の物語。
この名はご存知ではないですか?

しかし仇討もんは、江戸時代以前の建前社会、武士の価値観がわからないから
わかりにくい。感情移入しにくいですな・・・

仇討ちのために離縁した妻が、
子どもを連れて彼を追ってきた。
妻は寒さで行き倒れのような状態で夫 荒木又衛門
(名前は唐木政右衛門と変えてある)と敵方の前で出会う。
彼はスパイのように敵方の家に入り込んでいたので
その身分を隠すため自分の子ども(乳飲み子))を殺し
遺体を投げ捨てるのだ。
さすがに妻に対しては、敵かたに隠れて、介抱する。
ま、その様子が涙を誘う、1つの見せ場なんだけれども・・・

国立劇場に1日置きで通った、今年の12月。
来年は、新春草々「里見八犬伝」を見に行く。
私は里見八犬伝、詳しいですのよ・・・NHKの人形劇にはまった世代ですのよ・・・・













c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-15 11:34 | 歌舞伎 | Comments(0)

12/14(日)
なぜかこの12月、国立劇場にしげく通った。
11月に見に行った伽羅先代萩
の人形劇版「文楽」を見に行った。
c0134850_7203225.jpg


先日の歌舞伎は通し狂言だったけれど
人形の方は、2場面のピックアップだった。
太夫がずっと語って(歌って?)いるのだが
言葉が文字盤で表示されるし、実にわかりやすかった。
太夫の熱演(語りながらの大熱演)を見るのも楽しく、
人形たちの美しい姿も非常によかった。
ふむふむ・・・・人形浄瑠璃をこんなに楽しめたのは初めて。

2つ目の演目
「紙子仕立両面鑑(かみこじたて りょうめん  かがみ)」
は全く知らない話・・・その上、何の下調べもなし・・・だったが
上方の人情噺で
全くもって何の問題もなく、楽しくわかり易く、見ることができた。

人形浄瑠璃が自分に近づいてくれた感あり。
うれしいなぁ・・・

1日おいて、昨日は歌舞伎を見てきた。
この演目については明日。


c0134850_040447.gif
草の花の/HPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-14 07:28 | 歌舞伎 | Comments(0)

11/17(月)
c0134850_1113316.jpg


伽羅(めいぼく)  ・・・・・いい匂いのする木でできている下駄を履いている殿様が出てくる
先代萩      ・・・・・・・仙台(伊達藩)で起きたお家騒動の物語
                ただし、江戸時代にはそのまま演ずるわけにはいかないから
                時代と場所を変えてある。
                だから字が当て字

は~~~歌舞伎はなかなか難しい。
このお話の題材はNHK大河ドラマ「樅ノ木は残った」(平幹二郎が原田甲斐を演じた)
でも知られているそうだ。

この演目で有名なのは
暗殺されそうな若き跡継ぎの殿様を守るために
その乳母が自分の子どもを毒見役にさせて
敵方の目の前で子どもが毒殺されるのを気丈なふるまいでやり過ごし
その後泣き崩れる・・・・という乳母政岡だ。
今回はそれを 人間国宝の坂田藤十郎が演じた。
坂田藤十郎の当たり役だそうだが
動きのなめらかさは、とても生身の人間が動いているとは思えなかった。
(写真の一番前にいる赤い着物を着ているのが
泣きを我慢している政岡)

この演目は、国立劇場12月に文楽でも演じられる。
人間により近づく人形か?
人間離れした人間か?

ちょっと興味がそそられるなぁ・・・











c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-11-17 11:22 | 歌舞伎 | Comments(0)

10/25(土)
秋に入って、再び文化の季節となり
10月早々に国立劇場に歌舞伎を見に行った。
(昨日、今日の話ではなく、2週間くらい前のことよ)
記録のために今頃アップ。
c0134850_1065785.jpg


長五郎・長吉という2人の相撲取りが主人公。
2人の名前の長の字をとって
長長・・・・・字をもじって蝶々

そこに遊女がからみ・・・
廓日記・・・曲輪日記という題名になったか・・・

歌舞伎のストーリーにある昔の日本の義理人情がからんだお話でした。
通し狂言だったが最終幕は「引窓」
と言って有名なもの。
これだけを単独で見たことがある。
その時はかなり意味不明だったが、これでかなり意味がわかった?
「引窓」を見る時があったら、かなり通????



c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-10-25 10:22 | 歌舞伎 | Comments(0)

お富さん

3月16日(日)
先日、国立劇場に歌舞伎を見に行った。

菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅ てならいかがみ)
       三段目「車引き」 
c0134850_23401631.jpg

この3人は三つ子という設定。
仕える人の力関係から、3人は敵対している。
衣装が同じで、化粧、小物が違う。
性格の差が、行動(しぐさ)にもでる。
だから三つ子だけど、全然似てないのよ~~~


處女翫浮名横櫛(むすめごのみ うきなのよこぐし)  
       「切られお富」
c0134850_23471317.jpg


お富さんという、きっぷのいい、女性が主人公。

実は私「富ちゃん」と呼ばれてるんですよ・・・
ちょっと他人に思えない??



c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-03-16 23:51 | 歌舞伎 | Comments(0)

2月23日(日)

昨日、歌舞伎座に行った。
夫は歌舞伎座が新しくなって、初めての観劇だ。
c0134850_21574755.jpg

演目はプログラム写真の左半分、青の方の
青砥稿花紅彩画(あおとぞうし はなの にしきえ)。
白浪五人男と言ったら、ご存知ではないかしら。

いろいろな有名なシーンがあった。
そして
「知らざぁ 言って 聞かせやしょう」という決めぜりふ。

忘れられない舞台となった。




c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-02-23 20:33 | 歌舞伎 | Comments(0)

1月19日(土)
昨日、国立劇場に歌舞伎を見に行った。
演目は「三千両初春の駒曳」(さんぜんりょう はるの こまひき)
c0134850_724741.jpg


国立劇場は入口から随所に
はつはるにふさわしいお飾りがほどこされていた。
そして演目にも「初春」という言葉が入っているし
「駒曳」というのは馬を引く・・・ということで
今年の干支「午」がキーワードに随所に織り込まれている。

舞台があく前の幕にも
華やかな馬が一頭描かれていた。
実はそれはいつもの幕ではなく、演出として
馬のオブジェが吊り下げられていたらしい。
舞台が始まると同時に、その馬が光り、キラキラさせながら
天へ駆け上っていった。

巷ではすっかりお正月も過ぎ去り
いつもの慌ただしい日々に戻っていたが
まあ、歌舞伎の中では、初春いっぱいであった。

尾上菊五郎・尾上菊之助ほか、尾上一座が多数出演していたので
当然受付には富士純子さんが、いらしていた。
美しい。




c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-19 07:35 | 歌舞伎 | Comments(0)

12月15日(日)
高校時代の友人で12月14日生まれがいる。
高校生の時、それをずいぶんからかったものだけれど、
今思えば、風流なものだ。
高校生が忠臣蔵のことを知っていたのだから。

昨日、国立劇場に歌舞伎を見に行った。
歌舞伎界では、12月は忠臣蔵だらけだ。

1昨年は忠臣蔵を、午前の部、午後の部と8時間くらい?通しで見た。

昨日の国立劇場の演目は
「知られざる忠臣蔵」というもので
隠れたエピソードふたつと
忠臣蔵をベースに、いろいろな要素を織り込んだ
(知っている人だけわかる・・・という)洒落た踊りの3本立てだった。

c0134850_2020550.jpg

この写真の素朴な百姓さんは中村吉衛門が演じているのだが、
赤穂浪士で打ち入りをした弟に来た縁談を断るため
討ち入りの計画を他人に漏らしてしまう。
その罪をつぐなうために
お百姓の弥作が、大根と鎌でもって、武士の作法をまねて
切腹するというユーモアたっぷりだけれど
泣けてしまうストーリーだった。

昨日の演目はほとんどが平易な言葉で語られていて
わかりやすかった。

昨日の席はいつもよりもっとお安い席。
2等B席で2500円。
2500円で歌舞伎が見られるのですよ!!!!
通(つう)の席だろう・・・と勝手に決めて
いつもなら劇場のお弁当を買うところ
駅前のコンビニで調達したお弁当持ちこんだ。

もっと安い3等席は1500円。
この席は会に入っている人しかとれない。
チケット発売が早いのだ。
3等席は、掛け声をかける人たちが座っている。
端っこのあちこちから「は・り・ま・やっ(播磨屋)とか声がかかる。




c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-12-15 20:33 | 歌舞伎 | Comments(0)