カテゴリ:「あわや!」の話シリーズ( 9 )

まさかの!!

昨晩はブログ更新していて2:00になってしまい、最後のところ、もったいぶった終わり方してしまいました。大した内容でなかったら
ごめんなさいね。

さて、3:00に小値賀町の定期船が迎えに来た。市職員の彼もインフォメーションセンターの片付けをし、ゴミ袋を持って、鍵を閉め、船に乗り込む。

野崎島の船着き場の湾から出ようとした時に
異変が起きる。

干潮で水位の低くなったところで
波止場にかかっていたロープに
船のいかりがからまって、動かなくなった。

船の係員2名と朝から一緒だった市の職員が
ごそごそ相談している。
しかしただウロウロしているだけで
なかなか事が動いている感じがしない。

と!
何度も出てきた市職員の彼が
靴、靴下を脱ぎ、
頭から水をかぶって水中に飛び込んだ。

え~~~何するの?
頑張れ頑張れと運動会の応援のように
応援する。

彼は水泳の選手北島康介にもちょっと似た
好感の持てる青年だった。
野崎島のインフォメーションセンターに戻り、潜るための道具、ナイフなどを取りに行ったらしい。
船の運転士たちは結構何もしないイメージ。

彼は泳いで戻ってきた。
そして船の下に潜り、からまったロープを
切るべく頑張っている。
私はスクープ映像でもとれないかと
おろおろ。

あ~~彼がいくら頑張っても
ロープは切れなかったらしい。

ただ水の中を見ているだけ感の運転士から
ちょっとまだかかりそう・・と
正式な説明でもない呟きだけが
聞こえてくる。

プロの潜水夫を呼んだ・・・という
単語が何となく耳に入った。
待つ間、仕方なく寝てみたりして。
(この島は電波情況悪く携帯は使えなかった)

ふと気づくとプロの潜水夫が登場。
その人が潜水服を着るところから
穴があくほど見て
成り行きを見守った。

プロの潜水夫でもなかなかからまったロープは切れなかった。結局2時間。
野崎島の港湾内で立ち往生していた。

市職員の彼は
最初の潜水から陸に上がり
陸からずっと何か指図していた。
船はそんな彼を迎えに行かず
彼の靴、靴下、リュックが
私たちの目の前にあったまま
船から大きく手を振って
お別れした。
彼は一日の仕事を終え
やれやれ、というところで
思いもかけない一仕事で
疲れはてていることだろう。

地元で大きな事件にでもなっていないかな、
何か質問されたら何て答えようかな・・
なんて思いもふと頭をよぎったが
どうも、何の話題にもなっていないらしい。

交通費、片道500円はおわぴです
ということで取られなかった。


翌朝、小値賀島を出るために
港に向かうと
再び野崎島に向かう昨日の彼に会った。

激しく手を振り
昨日はお疲れ様~~とお礼を言った。

実は埼玉からの移住・・という彼は
「また小値賀島に来てくださいよ。
待ってますよ~~」と。

爽やかだったなぁ。
(結局スクープ映像は撮れませんでした)

以上がまさかの顛末でございました。
c0134850_21342104.jpg








[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-05-30 20:56 | 「あわや!」の話シリーズ | Comments(0)

危機一髪とはこのことか

昨日夫のトレーニングジムに向かう道で。

私は黄色の信号で止まった。
その直後、すごい爆音と衝撃ともにトラックが右折車線で止まった。


何なの?とぼんやり右車線を見た。
頭は右車線で斜めに止まっている。
瞬間に状況が読めて
背筋が寒くなった。

私が黄色の信号で止まったため、
そのまま黄色を直進しようとしていた
後ろのトラックが、
止まりきれずに、右車線に逃げたのだった。
よく、止まってくれた。
そのまま追突されていたら・・・
右車線に車がいたら・・・
何度思い返しても、背筋が寒くなる。

黄色信号で止まらないトラックが悪い。
それだけではないのだ。
車の流れを読まず、急に黄色信号で止まったということにも、問題がある。
この話は夫から100万回?くらい聞かされているからわかってはいた。

そのトラックは廃棄物を山のように積んだ
大きなトラックだった。
動きの鈍いトラックはなるべく止まらないように走っているから
気をつけなければならないと。
どっちが悪くても、正しくても、
トラックにつぶされたらもともこもない。

途中でそのトラックを抜いてきたのだから
その存在はわかっていた。
その時私の前には、救急車がサイレンをならして走っていた。
丁度信号が黄色になぅたので、
救急車とは離れよう、と止まったのだった。
確かにいつもなら、その黄色信号は走り抜けていたなぁ。
そのトラックが怖くて
私は青信号でさ~~~っと走り去った。
鈍いトラックははるかかなたになり、
間に違う車が入ったので
逃げおおせた。

夫から降るように、100万回くらい聞いたそのお説教が始まった。
話は知っている。
嗚呼、でもこういうことか・・
実体験は強い。

危機一髪の回避に
ただ感謝しかない。









[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-06-28 08:30 | 「あわや!」の話シリーズ | Comments(0)

どんな時でもいつも通り

2016年は私にとって
穏やかで、輝かしいスタートでは、ある。

それでもいろ~んなことは起きている。
今だって私は歯科大学病院の待合室にいる。そのことに関しては後日。

あ~~
新年早々?1/6にショッキングなことが起きた。
15才老犬かんなさんの悲劇である。

かんなは年末に行きそびれた
シャンプーに行った。
きれいで品のいい顔になって戻ったかんな、
車から私が抱いて下ろし、
着地させる瞬間に暴れて
着地の足がもつれてしまった。
その後階段上がって、玄関まで走ってゆき
そこで悲鳴とともに倒れ込んだ。

それから歩けなくなった。

家に入れた犬がを再び抱いて
また車で動物病院に向かった。

左後ろ足に何かが起きた。
レントゲンの結果、
骨は大丈夫、靭帯が切れたのではないかという診断だった。
15才の犬に手術は考えられない。
医師もそう判断した。


とにかく痛み止をもらって、様子見るしかない。

痛めたのは1本だから、3本足で
どうにかしてよ…とも思う。
実際、庭の芝生の上にそっと置くと
歩くことができている。
しかし家の中はフローリングのため、
起き上がることすらできない。
リードを持ち上げ力を貸して、
どうにか移動させた。

私は歩けなくなることを覚悟。
すぐにネットで下半身をリフトして歩きのサポートするグッズを注文。
犬用の紙オムツを購入。
いろいろやっていた。

その日、排泄関係は外に連れ出して解決した。
食べることも元気もりもり、
寝た姿勢のまま食べている。
元気もりもりというよりは
ガツガツと。
やることが済むと、
深い眠りち入って、

朝6:00過ぎに私が起きるまで
そのままでいた。

翌日、朝から外出
帰宅が6:00過ぎになり
オシッコを我慢するかんなが
可哀想で、胸がつぶれそうだった。

が。

家に戻って何だかんだしている間に、
何とかんなが自分で歩きだした。
もちろん、左後ろ足は引きずっているけど。さすが4本足は強い。
るるるるる~~

オシッコもいつも通りしようとしてへたり込んだりすることもあるけど、
とにかく今まで通りのことは一生懸命やろうとする。

靭帯も切れていないかも。
じっくり養生して
回復して欲しい。

15才。
これから何があるかわからない。
歩きサボートグッズも手に入った。
今回は取り合えず最悪は回避。
頑張れ、かんな。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-01-12 11:19 | 「あわや!」の話シリーズ | Comments(2)

九死に一生・・・とまではいかずとも
「あわや!」のできごとが続いた2015年の年末。
告白することで心軽くしよっ・・・・と!

その①
12/30の夜中のお話。
母から伝来のこぶ巻を作った。
荒巻鮭の頭の部分をはさみでカットし
日高こんぶで巻いて、かんぴょうで巻いて・・・
005.gif おっとぉ 作り方の説明ではなかった。
夜その作業をし、味をつけて寝るまでの2時間くらいを弱火で煮ていた。
火を消して、31日起き抜けから再び煮ようと思っていた。
夜中、何度か、こぶ巻のいい匂いがするなぁ・・という無意識の意識があった。
朝起きて、火をつけようとすると
なんと、もう火がついている。


なに?なに?なに?
何が起きたのかわからない。

夫が火をつけた・・・・ない、ない、有りえない・・・
まさか。夕べからずっと???
だって、私、火が消えたのを確認したもの。
でも、現実、火がついている。
え!焦げちゃった????・・・・・・あれ、焦げてない。
味見をすると一晩煮たこぶ巻は大変おいしくできている。
そう7時間もとろ火で煮たものね。

夫は毎晩台所を通過して、夜何回もトイレに起きる。
何で、火がついていることを教えてくれないのだ。
今度はそっちに矛先が向いて、怒りを覚える。
しかし、夫は朝起きても何も言わない。
火がついているのに気付かなかったのか?

とにかく何が起きたとしても、
火事にもならず、美味しいこぶ巻ができていた。
くよくよしても仕方ない。
二度とないよう気をつけよう、ということで平常に戻ってみた。

それを数日後、
夫が家族全員の前で突然話し出した。
何で夜中に鍋の火がついているのだろう・・・とは思ったけど
きっとそういうものだと思って黙っていたと。

は~~~~~~。
このため息は何だ。夫に対してか。自分に対してか。
は~~~~~~。

その②
12/30昼間のお話。
猿の干支文字キルトを完成させる、云々の、その日。
大きなスーパーのフードコートでコーヒーを買いこみ、
夫のトレーニング中の2時間を優雅に製図をして過ごしていた。
そこに電話がかかってきた。
夫のリハビリ病院の事務からの電話だった。
忘れ物されませんでしたか?
警察から問合せが来ているので警察に連絡してくださいとのこと。

実は朝でかける時、
毎回必ず持ってゆく、夫の身障者手帳と保険証、病院診察券、病院予約表など
夫の命に次に大事な書類をひとまとめにしてあるファイルが、見つからなかった。
前日まで旅行に行っていた。
どこに置いてあるんだ?帰ってからじっくり探そうと思っていた。
心に時々浮かんで、心がちょっと痛かった。
どこに置いた?旅行の荷物は全部片づけたのに?
でも帰ってゆっくり探せば、何でもないところに置いたままにっているものだ、と。

病院から電話があった瞬間に
「落としたのか~~~」すべての謎解きができたような・・・・

そのファイルの書類になぜか電話番号を記載するものがなく
唯一病院の予約表に、病院の電話番号があったため
警察が電話してくれたらしい。

12/30・・・・家に帰ってしようと思っていた大掃除もあった。
しかし、何が何でもとりにゆかねば。

40Kかけて東京木場から自宅まで戻り、
すぐに筑波山のふもとにある警察署目指して車を走らせた。
こちらも片道40K。往復で80Kだ。
帰り道はもうすでに日没。
数日前に筑波山から見た景色と同じような
美しい夕焼けを見ながらの帰宅となった。

筑波山のふもとの警察署は親切だった。
すべて書類の記入も終わっていた(何しろ、電話番号以外は保険証などすべて記載がある)
「で、遺失物届とは出してあるの?」

「いえ・・・・・」012.gif 012.gif 012.gif

だって失くしたことも気づかないうちに
見つかったって連絡もらったのだもの。
もし、失くして、届出出して、紛失の手続きして
再発行してもらう手間と心の痛みを思うと、ほんとに肝が冷える。

ほんとにほんとに、「あわや」に感謝。
そして拾ってくれたフ筑波山ロープウェイ駅の方に感謝。

こうして私の2015年は幕を閉じたのでした。






c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-01-10 00:46 | 「あわや!」の話シリーズ | Comments(0)

12/3(水)
今日のカテゴリは九死に一生シリーズ(プチ)
それほどたいしたお話ではありません。

日頃、しっかり生きているはずの私ですが
実は大枚はたいて買った時計が行方不明になったり・・・
ホントのダイヤがちりばめられているピアスが行方不明になったり・・
ま、いろいろ悲しい失くしものがあります。

そんな中、今日は失いそうになったピアスが見つかった、というお話。

今日のピアスは本物のゴールドとかダイヤモンドとかではなく
子ども時代の娘からディズニーランドで買って、プレゼントされた
くまのぷーさんのピアス。
くまのぷーさんと、ハチが組みになっているピアス4粒。
私は右耳に2個穴があいているので
普通にぷーさんのピアスをして、右耳の上の方にハチいる・・・という
かわいい感じに仕上がるピアスだ。

昨日、美容院に行って、ピアス3粒をはずし、
さてどうしよう・・・と迷った挙句
自分のシャツのポケットにしまった。
まさか忘れないだろう・・・という判断だったが
はっきり言って、その瞬間から忘れてしまった。

ご想像通り、そのまま洗濯機に入れて洗ってしまった。
気付いた時には洗濯は終わり
シャツのポケットは空だった。
最近洗濯機の中のゴミとりネットが壊れて作用していないので
そのまま流れてしまった・・・・のだろう・・・
と悲しみに浸っていた。

それなのにまた忘れて、次の洗濯をし
洗い終えたら、洗濯機の底にピアスが1粒落ちていた!

ひゃ~~~
他の2粒は????
と洗濯機の中をたたいたり、めくったり?して探したが
見つかったのは1粒。

ため息つきながら洗濯物を干すために広げたり、叩いたりしていたが
ぽろん、と1粒落ちてきた。

や~~~ん あったじゃない。

じゃもう1粒は???
洗濯物全部ひっくり返して探したがなかった・・・・。

1粒は流れちゃったのね・・・・。

最初から4粒あるピアスなので、2粒見つかれば、3粒をセットとして使える。
ま、よしとしよう。

と決め込んだ瞬間、
床に1粒落ちていたのを見つけた。
結局全部見つかった。
しかも、洗濯機で洗ったピアスは、すっかりきれいになり金ピカになっていた。

1人で家事をしながら、こんなに上がったり下がったりした自分が可笑しくて
ブログアップしてみました。








c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-03 00:00 | 「あわや!」の話シリーズ | Comments(2)

ま、またしても脱走事件

9月30日(月)
週末、信州の方へプチ旅行した。

旅に出かける朝、ちょっとしたいや、大事件が起きていた。
愛犬ビーグルかんなが、まさかの脱走。
探しても、そう簡単に見つかるものでもなく
とうとう行方不明のまま出掛けてしまったのだ!!!

以前、脱走を繰り返していた犬だが
この夏・・・そう半年くらい、すっかり脱走しなくなっていた。
この場所から脱走しているのだろう・・とみていた場所に立って、
躊躇して、戻ってくる姿を目撃したことがあるので
年老いて、もう脱出は不可能になった・・・と読んでいた。

が。
甘かった。

出発を少し遅らせ
自転車で近所を走り周り、
ほんと、手当り次第、人に聞く・・・という感じである。

近所で電気工事をしている会社のおじさん(父の古くからの知り合い)が
外に立っていたので、
「もし、首輪をつけていないビーグル犬がふらふらしていたら
うちの犬なんです。
これから旅行に行くので、もしよかったら、
私の家の庭につっこんんでおいて下さい」
ってな感じことを慌ててまくしたてた。

結局、そのおじさんに保護され、
無事に庭にいれておいてもらったらしい・・・

3時に孫が学校から帰ってきて
かんなは家に入ることができた。

犬にしてみれば、まさか、まさかの締め出しで
玄関・窓・網戸・・・・
いろいろなところに、足跡がついている。

家に戻る力はあるので、きっと飽きたらすぐに戻ってくるだろう・・・と
3時に確認がとれるまで、
予定通り旅をこなしてはいたが
もし、戻らなかったら?保健所への問合せはどうするか・・・
誰かわからない人に保護される可能性・・・
事故・・・
12年ともに生活した別れがこれでは余りにも悲しい・・・
いや、バカな犬だったと諦めよう・・・

いろいろな思いが去来した。


ま、またしても九死に一生シリーズのお話となった。
よかった、よかった・・・





にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-09-30 12:07 | 「あわや!」の話シリーズ | Comments(0)

12月30日(日)
今日は笑えない九死に一生シリーズ話。

いつも夜眠る時には、足元の小さなライトをつけて寝ている。

諸事情により昨日の夜は、
キャスターのついているハンガーラック
(移動できる洋服掛けのようなもの)を
ライトの近くに移動させていた。

目覚めた時、その灯りがいつも暗いのに気付いて
見てみると
そのハンガーにかかっていたコートが
ライトにかかっていた。
ライトは裸電球だった。

焦げ臭い。

あっ

一張羅のダウンコートの袖が
丸く焦げている。
このまま放置が続いていたら、どんなことになったやら。

一張羅のダウンコートが、普段着レベルにはなったけれど、
ほんとにこの年末
寝室から出火、この家の2人と連絡が取れなくなっている・・・なんて
ことにならなくなって、よかった。

万が一って言う言葉があるけれど
人は9999回ぎりぎりで危険を回避して
1回ほんとの危険に遭遇するってことなんだ。


今週の聖書の言葉
心に喜びがあれば顔色を良くする。
心に憂いがあれば気はふさぐ。
箴言15:13




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2012-12-30 06:58 | 「あわや!」の話シリーズ | Comments(2)

半蔵門線の車内で・・・

12月9日(日)
昨日は、夫と一緒に東京半蔵門の
国立劇場に歌舞伎を見に行った。
今年の半期は、毎月1回のペースで歌舞伎のお勉強?である。

さて、その内容とは別に、本日久しぶりの
「九死に一生シリーズ」である。
主人公は夫だ。
九死に一生が年がら年中あったら、たまらないけど。

半蔵門線に乗るために、大手町駅から乗車した。
地下鉄のドアが閉まろうとした瞬間、
ホームから女性の何やらの大きな声が聞こえる。

何の騒ぎ?

耳をすませると
「切符をどなかたお忘れではありませんか?」と言っている。
切符??
そんなもん持ってない・・・

と思った瞬間目に入ったのは
私が用意して歌舞伎のチケット入れだった!!

夫がホームで、チケットが入ったクリアファイルを出し
その中に入っている印刷物を取り出しながら乗車していたのだ。
その瞬間に落ちたのだ。想像に難くない。

ドアがあと10cくらいまで閉まったところに
夫が手を差し入れてドアを開けようと試みたが、
ダメだった。

その女性がそのすき間にそのチケットを差し込んでくれたが
夫はドアを押さえているので受け取れない。
ぼんやり見ていた私が
慌てて、そのチケットをキャッチした。

その中には、昨日のチケットと
来月分のチケットの控えも入っていた。

電車が発車するまでの数秒間に、
私は窓からその女性に丁寧に頭を下げた。
ホントに感謝感謝である。

すいている車内も騒然としてだろうけど・・・
座ってからも、動悸は収まらなった・・・

肝心の夫は
照れ隠しからか、平然としていた。

・・・・・・ったく・・・



今週の聖書の言葉
わたしの恵みは、あなたに十分である。
というのは、わたしの力は、
弱さのうちに完全に現われるからである。
Ⅱコリント12:9




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2012-12-09 06:55 | 「あわや!」の話シリーズ | Comments(6)

11月3日(土)
九死に一生を得た・・・・なんてこと
人生でそんなに経験することではないでしょうけど
結構、ギリギリセーフのことって一杯ありませんか?

先日、犬が脱走し、ギリギリセーフで見つかった記事を載せたところ
こんなネーミングをして下さった方があり、
すっかり気に入ってしまった。
九死に一生シリーズのカテゴリの登場デス。

10月20日に誕生日を迎え、
朝起きて最初にやらかしたことがコレ。

インターネットで頑張ってとった格安チケット。
支払いはクレジットカードだったが、
飛行機に乗る時に必要なクレジットカードを持ってゆくのを忘れたのだ。

私はそういうことにはぬかりはないはず。
チケットを取った瞬間に、バーコードも印刷し、
その紙を持ってゆくように準備しておいた。
クレジット決済の場合、飛行機に乗る時は
そのクレジットカードか、
印刷して持ってゆくバーコードがあればいい。
ただ、夫の帰路の分だけは携帯電話で予約したので、
バーコードを印刷できなかった。
その点だけは気になっていたので、
出かける直前にパソコンを開き、
クレジットカード決済であることを確認したりしたていた。

行きのタクシーの中で
何気に夫にそのバーコードの確認をした。
何と、夫は行きの分(2枚)しか持っていないと言う。

全身ぞ~~~~っとした。

(いや、大丈夫。クレジットカードでもOKだ)
自分を落ち着かせる。

(あれっ?昨日そのカード使って、
バックの中にそのまま放り込んでた!)
再び、冷たい汗。
お財布の中を確認する。
やはりない。

夫にもう1度確認してもらったけど、夫は絶対持ってきていないという。

駅まで5分くらいのタクシーの中で
静かだけど、厳しい言い合いが続き 
駅に着いた。

タクシーを降りてから考えるか?

いや、それは時間の無駄だ。

駅に着いたタクシーに「そのまま家に戻って下さい」と頼んだ。

家に飛び込んで、カードはすぐに見つかった。

あっという間のできごとで、乗る予定の電車にも乗れた。
(タクシーが迎えに来てくれた時間が予定よりもうんと早かったお蔭)

電車に乗ってからも、しばらくは心の動揺が収まらなかった。
出かける寸前に人のことまで心配しているのに
こんな当たり前のことの確認も怠った自分が情けなくて。

それにしても、またしても、ギリギリセーフ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2012-11-03 14:44 | 「あわや!」の話シリーズ | Comments(2)