カテゴリ:ビーグル犬かんな( 177 )

かんな、最後の武勇伝

かんなが虹の橋を渡って、一ヶ月。
23日が月命日でした。

私は10年前から、ブログで愛犬のことを綴ってきました。その記事を読むと、生き生きとかんなとの生活が甦ってきます。

落ち着いたら、その思い出をまとめて本にしてみようと思っています。そのことが一番かんなを思い続けることができるからです。

今日はかんなが亡くなる一ヶ月くらい前の、ほんとに最後となった呆れたお話です。

あらゆるものを食べたがってきた
あの犬が、
今年の夏急性胃腸炎で生死の堺から
生還して以来、
食べられないものがでてきたんです。

かんなはこれ食べるかな、嫌いかな…
という初めての心配。
腎不全だったので
いろいろ気を使いました。
塩分だめ、タンパク質だめ、
その上あれも嫌いこれも嫌い…
この間まで大好きだったけど
今は嫌い。
食べるものないでしょう。
かくなる上は何でもカロリー取れるもの食べなさい、
というわけで
袋菓子のバームクーヘンを
あげてみました。
すると、これが大喜びなんだなあ!

この問題の発端は、
家中のお菓子なら何でも食べてしまう孫の存在。
唯一かんなの好きなバームクーヘンを
孫に食べられないように、
かんなの部屋のトイレシートとか入っているカゴに隠しました。

年老いて、匂いもわからなくなってたかんな。すっかり安心していた私です。
ところがこの日、突然かんなのスイッチが入り
バームクーヘンに気づいたのです。

私が物音に気づいた時、1つ目は袋から出して食べた後。2つ目を小袋ごとくちゃくちゃしている真っ最中。
往年のかんなならともかく、
あの時は腎不全で
胃腸も弱っているし、
どうなるかわからない。
私は必死に引っ張りだそうとしましたが、
むなしく小袋ごとかんなの口に吸い込まれていきました。

結局、大事に至らずに済みましたが。

今思えば、そんな大胆な動きできたの
最後でした。
かんなの人生、そんなことの積み重なりでしたが。

いろんなことしでかしてくれたなぁ。

c0134850_21241535.jpg


c0134850_21271419.jpg





[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-12-30 10:43 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

ワイルドかんなの思い出

16年をともに暮らしていた愛犬が虹の橋を渡って2週間が過ぎた・・・
ペットロス症候群のようなことを家族も心配してくれたけれど
私は大丈夫、ちゃんとしています。
老年になったかんなと向き合っていたからかな・・・

だから元気なかんなの映像みると
うれしくて、懐かしくて!!

10才ころかしら。
かんな、こんなにワイルドでした。

ボール遊びかんな


異常なテンション


穴掘るビーグル犬


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-12-08 14:24 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

虹の橋

17才の愛犬を看取ってほぼ1週間が
経過しました。

翌日荼毘に付し、
お骨になって二人の寝室にいます。

かんなが生き抜いたので
私もやりきった感に浸っています。

私は思いもよらず泣くことも少なく、
ただ心の中で思い出を探したり
写真や動画を見たり、
ぼんやりと時はすぎています。

かんなによって
起こされていた睡眠が
途切れなくなったため
延々と寝る私。

まずいので目覚ましかけるように
なりました。

愛犬家の間でいつも言われてもいた
亡くなることを
「虹の橋を渡る」という言い方。
これが、ある無名の方の詩から
来ていることを知りました。

今の私は
この詩が心の慰めになります。




天国の少し手前に、「虹の橋」と呼ばれている場所があります。
 
この世界で生前、誰かと寄り添い、暮らしていた動物たちは、
その命の灯が消えたとき、「虹の橋」のふもとへ行くのです。
 
そこには、草原や丘が広がっていて、
動物たちはそこで駆けまわり、
ともにじゃれあって、楽しく遊んでいます。
 
おなかいっぱいのごはんと、きれいなお水、
そして優しい太陽の日差しに溢れていて、
みんながそのあたたかな場所で、のんびりと暮らしています。
 
病気にかかっていた子も、年老いた子も、みんな元気を取り戻し、
傷の痛みに苦しんでいた子もすっかり健康なからだを取り戻し、
昔のように、そしてまるで夢のように、そこでは過ごしているのです。
 
動物たちは幸せに暮らしているのですが、
たったひとつだけ、心を満たしていないことがあります。
それは、かつて共に過ごし、愛し合い、寄り添っていた人が、
ここにいないことが、恋しくて、寂しいのです。
 
動物たちが一緒に遊んで、駆けまわっていたある日、
ある子がふっと立ち止まり、遠くを見つめていました。
その子の目は、次第にキラキラと輝きだし、よろこびで震えだします。
突然、その子は仲間から離れ、草原を飛ぶように走っていきます。
速く、速く、それはまるで風のようです。
 
その子の視線の先にいたのは、
共に過ごし、愛し合い、寄り添っていたあなたでした。
 
その子とあなたは、虹の橋のふもとで再び出会います。
あなたは、愛するわが子を抱きしめ、愛情いっぱいにふれあい、
二度と離れることはありません。
 
あなたは満面の笑みで幸せにあふれたキスを受け、
もう一度、愛するわが子を抱きしめるのです。
そして、わが子の顔をのぞきこみ、見つめあっては、語りかけます。
 
きみと別れてからの長い長い人生を、
私は一生懸命生きてきたよ。
その中で、きみを忘れたことは一度たりともなかったよ。
やっと会えたね。
 
そしてあなたたちは寄り添いあって、
共に天国へ続く虹の橋を渡っていくのです





[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-11-29 12:38 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

かんな

かんなの規則正しい呼吸が
止まりました。

今朝5:30
17才命終えました。
ほんの一時間前のことです。

規則正しい呼吸に安堵したのも数分。
かんなは短く吠えました。

苦しいところはどこ?と尋ね、
さすっていると再び呼吸が整いました。
安堵して自分のベットに戻り
暫くすると、また吠える声。

もしかして、吠えるのは私を呼んでいるの?

それからずっとかんなの隣で
床の上で付き添いました。
最期まで吠えることはありませんでした。やはり私を呼んでいたのです。

体の硬直が何回か来ては
また呼吸を整え、規則正しい呼吸が。
でも決して寝ているのでなく
目はあいたままです。

最期の呼吸まですべて見届けました。
かんなの耳元で励ますこともできました。

まだ茫然としている私は
涙もあまり出てきません。
何だか苦しかった。
かんなも苦しかったでしょう。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-11-23 06:31 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

静かな寝息

今夜中。
静かな寝息が聞こえてくる。
愛犬かんなの寝息である。

かんなの寝息が、今の私の最大の癒しになる。

かんなは5日前から
水も飲まずほぼ昏睡状態になっている。
尿も出ていない。

苦しいとワンと一声悲鳴をあげる。
昨日の午後からは体が痙攣している。
数時間前、夜8:00ころ
有り得ない形相になり
体中が硬直し、仰け反った。
もう最期だと思った。

しかし抱いているうちに
体が柔らかくなり、むしろぐったりして
落ちついた。

そして今規則正しい寝息を立て
寝ている。

このまま朝が来るのだろうか。

静かに息が途切れるのだろうか。

また苦しいと悲鳴をあげるのだろうか。

それにしても穏やかな寝息だ。

神さまがかんなの魂を取られる時が
迫っているのに
この穏やかさを、どう捕らえればいいのだろう。

とにかく私も心穏やかにして
寝よう。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-11-23 00:38 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

c0134850_23170184.jpg
愛犬ビーグルかんな、17才を迎えました。

推定1才で我が家の家族となったかんな。
機械仕掛けの人形のように、一生懸命歩いています。
外のことに興味がなく、庭1周しての匂いチェックもしなくなりました。
今年の8月9日、急性胃腸炎で生還してからは
食べるものの嗜好が全く変わりました。
固いものが食べられず、それまで1分くらいでガツガツ食べていた固いフードも
粉砕して、水分に溶かして、それでようやく食べられるように。
腎不全という病気があることがその時の血液検査でわかりました。
一日置きの点滴が必要と言われましたが積極的治療は断りました。
それでも投薬と食事療法が功を奏しているのか
元来のビーグルの強さの故か
ごはんを食べ、ウンチして、オシッコして、寝る
という生きる原則が守られていて
17才かんなはちゃんと生きています。

先日書類の整理していたら
かんなを保護して、我が家へ譲渡してくださった方のメモがでてきました。
まだびーちゃんと呼ばれていて、たくさんの犬と一緒に暮らしていた時の様子が
書いてありました。
16年前のその日に帰りたいような・・・そんな淡い思い。

一生懸命歩くかんな


今の唯一の道楽は水道から水を飲むこと


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-11-03 22:40 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

老犬かんなの話題が続く

c0134850_06110868.jpg

ブログご無沙汰気付けば9日。
この週末、夫企画の家族旅行あり、娘と孫も一緒に夏の最後を味わってきました。
実はこの旅行のため、最初はビーグルかんなは
動物病院ホテルに預け第2弾を思っていましたが
何しろ急性胃腸炎を患わせてしまった、かわいそうな老犬・・・
もう2度と預けるわけにはいかない。
とにかく策を練って、犬の面倒を見てくれる人を探しました。
私が留守番が一番いいのですが
車の運転のできる唯一の私が行かないわけにいかない。
結果。
娘が2泊のうち、1泊だけにする。
残りの1泊を、子どもが生まれたばかりのイクメンで
忙しい息子を拝み倒して1泊。
8/9倒れてから20日。この食欲をご覧ください。


かんなはまだ頑張れるのね。
頑張れ。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-08-29 00:16 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

c0134850_00040962.jpg


c0134850_00041265.jpg


昨日で2ヵ月才になった孫 柚巴(ゆずは)。
昨日初めて電車に乗って我が家に来ました。

老犬かんなは
表情では飄々としたままでしたが、
柚巴ちゃんの匂いをくんくんと嗅いで
その場所から離れませんでした。

実はかんな。
急性胃腸炎で一命とりとめた時の
検査で
腎不全であるとの診断。
もうずっと前からそうだったんてしょうけど
やはり病名がわかってしまうと
気持ちは落ち込む。

胃腸炎が治ってからも
食べるものが全く変わってしまった。
犬用フードは嫌い。
パンが好き。
ご飯が好き。
腎不全は蛋白質制限がある。
蛋白質以外の好きなもの食べさせよう。
赤ちゃんの離乳食のように
いろいろ考えている。



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-08-20 23:45 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

こんな顔で歩いています

c0134850_16595812.jpg


c0134850_17000085.jpg


ご心配おかけしました。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-08-13 16:58 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

その後ご報告

老犬かんな。

8/9(水)に急性胃腸炎になって
一命は取り留めました。

が。

まだ一口も食べません。

16年間、食べることの凄さだけと
対峙してきた。

ああ、駄目だ。
回想なんかしちゃいけない。
泣けてしまう。

毎日点滴に通っている。
4日目。一応今日まで。

16才9カ月(推定)の超高齢だし
各パーツもよたよた。
何があってもおかしくない。
私は心強く持たなければならない。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-08-12 08:22 | ビーグル犬かんな | Comments(0)