カテゴリ:日々のつぶやき( 1203 )

恐るべしDNA

隣に住む妹の娘、私の姪は
春生まれのお花の名前S子ちゃん。
もう大人です。

さて、私はゴスペルクワイヤKSGCに属していて結構あちこちで歌っております。
ブログでは恥ずかしいので逐一報告はしておりませんが。

この間のライブの後、今度クワイヤのワークショップに参加予定の方がいらして、「どこかでお会いしたことありませんか?」と言われた。
「・・・・S子ちゃんのママかと思ったんだけどお名前違うみたいだし・・」と。
「S子ちゃん!???私の姪の名前ですけど。」

何で突然彼女の名前がここに出てくるんだ!?

みんなで落ち着いて整理してみたら、
みんな同じ幼稚園の卒園生だった。子どもたちみんな大人だし、もう疎遠になっているママたちのつながりだったのだ!

私はそこの幼稚園で子育てしていない。

そこそこの地域で
舞台で歌っている私が妹にそっくりとピンポイントで指摘されるとは。それもつき合いは数10年前というのに。

恐るべしDNA

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-11-15 18:13 | 日々のつぶやき | Comments(0)

還暦祝われました

10/20に60才を迎えましたわたくし。
先日子ども、孫たちから
還暦祝いの宴をしてもらいました。

東京タワーのふもとあたりにある
素晴らしい庭園の
「豆腐屋うかい」というお店にて。

おかあさん、着たがってるから
という理由で
赤いちやんちゃんこ着ました。
(いつ、着たがったのだろう?)

予定では着物でばっちり決めるはずでしたが、あの大雨、台風の日。
歩くの精一杯の日。

4年前夫の還暦祝いの時は
5人だった家族勢揃いが、
今回、お嫁さんと孫増えて
7人の大人数。
幸せをかみしめました。

ふざけた私?
c0134850_20312497.jpg


c0134850_20313070.jpg


酉年トリオ
c0134850_20313636.jpg


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-10-25 20:21 | 日々のつぶやき | Comments(0)

雑談

10/20(金)

無事?60代突入しました。
多くのお祝いのメッセージ、
ありがとうございます。

50代最後の数時間で
部屋片付けました。
結局日付けを越え
60才の零時は
ゴミまみれ。
でも1:30くらいには
ゴミ袋3個分の断捨離?して
部屋快適になって終了。

さて、本日は大雨の中
衆議院選挙。

実は昨日夫から誘われて
期日前投票に行った。
明日の雨に備えて、ということだった。
投票所の市役所に行った。
車がごった返していた。
足不自由な夫のため、
市役所前に降ろして、離れた場所の駐車場に停めようとしたが
混雑のため廻る場所もないから
入れませんと言われた。

夫はその場で車を降り
歩きで投票所へ。

私は車を停めてから合流。

なるほど。期日前投票の行列は長蛇。
しかも期日前投票用紙は自分で記入。
夫は自分の分だけ書いて
あとは放ってあった。

長蛇の列、未記入の投票用紙。
筆記具もない。
書く場所もない。

私はブチッと切れた。
自宅近くの投票の方が100倍いいじゃないか。

夫も微妙に切れていたらしく
その場で止めて帰ってきた。

帰ってニュースを見たら
日本中の期日前投票所で
長蛇の列ができていたらしいじゃあないですか。

大笑い。

だって日本中の真面目な中高年が
同じこと考えていたのだから。

ニュースで
「いやもうびっくりしましたよ。混んでて」ってコメントしてた人いたけど、

私だったら「みんな同じこと考えるんですね。自分の個性なさに呆れました」って言う、絶対。

で。
今朝7:00
大雨で足元悪い夫のために
車で投票所まで送迎。

私は戻ってから歩きで投票所へ。
何故って?
投票所は隣に住む妹の家の隣にありますの。
駐車禁止の場所にある投票所。






[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-10-22 10:22 | 日々のつぶやき | Comments(0)

私の50代が終わる!!
あと2時間で。

明日10/20は私の誕生日。

60才よ。

明日の60才をいい日にするため
突然思いついたのが
作業部屋の掃除。

今日午後から取り組んでおります。
大晦日レペル。
粥張ります。

たぶん今晩中にこの記事気づく方は少なく、明日になれば60代の大台に乗った
私がいます。




[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-10-19 22:15 | 日々のつぶやき | Comments(0)

私をご存知の方は
言わずとおわかりと思いますが
私はよく汗かいてます。

汗との闘いがずっと続いてたのに。
昨日夜、真夏の流れで
半袖パジャマ来て
お風呂あがりに扇風機をかけると。
あれ!?扇風機気持ちよくない。
風が冷たい?

すぐに扇風機止めて
そのまま深夜まで作業。
ふと気づくと
何だか寒い?

暑さと闘っていたので
寒さなんて言葉忘れてた。

すっかり夜更ししてしまった頃
体はすっかり冷えて
今で蹴っていた薄い羽毛布団にくるまり
ほっとしたが、
体が冷えて眠れない!
真冬でもすぐにほかほかで眠れる私が?
真冬に入眠に失敗した時のように
トイレに何度も起きてしまう。
挙げ句の果て咳までてきて
まるでcatch the Cold の状態。
なんたることだ。

余りに深くない眠りで朝を迎えたが、
まあそこそこの1日を過ごし中。

これから季節はどうなるのでしょうか?

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-10-06 13:34 | 日々のつぶやき | Comments(0)

先日ブログ記事
夫の状態をお話したが、
先週の伊勢志摩への旅で
とうとう「車椅子なし」へのハードルを越えた。

感慨無量だ。

夫が車椅子を使うようになってから・・・
回復の方向しか向いてはいなかったが
やはりいろいろなことがあった・・・
この2年のことだ。

夫はリハビリ病院に半年入院し
退院後の自立だけを学んで退院した。
夫は歩く訓練をしたかったのたが
日本のリハビリの考え方は
できる(残っている)機能だけ使うという考え方。方針が合わなかったのか
私は「言うことを聞かない患者」
の家族として呼び出しもされた。

夫は退院するや否や、
猛烈に活動を始めた。
リハビリ病院でいろいろなことを抑制されていた反動か!

退院して2ヶ月後、那須のペンションに行った。ペンションの凝った?造りの飾りの2段の階段を昇るのに泣いた。
砂利を敷き詰めた庭の
車椅子移動に泣いた。

退院して3ヶ月後、上高地の
平らと思われた遊歩道を
車椅子で行き、泣いた。
健常だった時、平らと思っていた道が
実は大きな石、木の根っこなどで
ぼこぼこ、がたがた。
また大きな石だらけの砂利道は
車椅子は歯が立たず、
歩くこともできなかった。
その上木道へ段差を一人で登って、
車椅子ごと後ろ向きにひっくり返った。
その時は人だかりができるほど
大勢の人が助けてくれた。

羽田から飛行機に乗るのに、
モノレール、電車も困難と思われ、
羽田まで車で私が運転した。
朝4:00出発7:00前に着いたけど。
それも凄い経験。

JRの介助は
電車の乗り降りは完璧に守られているが
真冬朝5:00代、
目の前に電車が到着して停車していたが
JRの連絡取り合いで
次の電車に乗ることが決まっていて
その電車には乗れず
極寒の中で待っていたこと・・

ざっくり思い出したこと羅列した。
車椅子使用では
思いがけない親切に出会うこともたくさん。

でも車椅子でなく
自分の足で歩めることは
感謝しかない。

ついでに。
夫のもう一つの目標
「エスカレーターに乗る」のも
今回あるきっかけでで急にできるようになった。
エスカレーターに乗れないのは
かなり不便。
(エレベーターは見つけるのが大変)

ただしエスカレーターの下りは
次の課題。

ここまでの回復はただ感謝あるのみ。
その前にこの状況に置かれ
試煉にのぞませて下さった神の配慮にも
感謝している。
それは決して負け惜しみでなく、
夫もそう感じていると言っていた。



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-10-01 16:19 | 日々のつぶやき | Comments(0)

我が家は駐車場を貸していて
その管理を私が行っております。

さて、昨日朝。

出掛ける直前に
「自分のスペースに知らない車が停まっていて困っている」 と電話があった。
ついでに「その車はつい先日も駐車場の違う場所に停まっていました」と付け加えられた。

「取り敢えずどうにかします、空いている別の場所に停めて下さい。」と伝え、
私はプンプン💢💢💨しながら
車に無断駐車お断りの貼り紙をした。
何か工事関係の車だった。
何か手がかりはないかと車内覗いたが
特にはなし。
そのまま出掛けた。

午後3時頃戻りながら、ふと考えた。
工事関係者か・・・
近くに工事・・・

あった。思い出した。

我が家から500mくらい先で
新築工事しているではないか!

夫は警察通報の方がいいよ、とか
のたまっていたが
私は帰るなり、携帯に車の写真撮って
現場に乗り込んだ。
我ながら凄い勢いだ。

すみませ~~ん。
⚪️⚪️社の××車
ナンバー%**#の車の方いらっしゃますか~~

と大きな声で言った。

工事関係者一斉に振り向き、
一人が「あっ」と。

自分のです。

どちらに車停めていらっしゃいますか?

契約した公園前の駐車場と言われたので。

いえ、そこ、うちの駐車場なんです。
公園違いだと思います。

見た目ごっつい人だったけど
とても低姿勢。
とにかくどかします。
申し訳ありませんと平謝り。

聞くところ、
監督がここだ、と教えてくれたのだそうだ。

大ボケかましは、その監督だ。
何自信持って、違う場所を指示してるんだ。


とにかく私は意気揚々と引き上げた。
私の目論見が合っていた。
ふふふ。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-09-26 15:00 | 日々のつぶやき | Comments(0)

昨日9/24は母の命日だった。
亡くなって19年になる。
なんということだろう。
40才の時に母を失い
20年近くを生き、私が60才になろうとしている。

母は64才で肺がんが見つかり
66才で亡くなった。
その年齢を越えることが
私と妹の命題である。

9/24はお彼岸真っ最中。
野には曼殊沙華が咲き乱れる。
このキルトは松山在住の時、
田んぼとお墓とお彼岸と曼殊沙華が
セットで私の心に刻まれ、
シャドーキルトという手法で
製作したもの。
c0134850_15181050.jpg


妹とお墓参り行き、
アルバム見ながら母と父を偲び
そは会席ランチした。

c0134850_14313396.jpg

「想ふ」の題字は父が書いたもの。

c0134850_14313579.jpg


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-09-25 15:15 | 日々のつぶやき | Comments(0)

修の大冒険2

修というのは私の夫の名前なのだが、
先日修は大冒険をし、
ひとつ段階進んだ。

さすがに感慨深い。

ざっと説明すると
夫は2014年クリスマスにウィルス感染発症。
2015年元旦に下半身麻痺に陥った。
脊髄膿瘍という病名でその後7ヶ月の入院、
車椅子、肘まであるロブスト杖使用、足には装具装着で退院してきた。
両下肢麻痺という障害者となった。

退院後、ある出会いで
脊椎損傷患者専門の
トレーニングジムに通い始める。

トレーニングジムに通い始めて3年。
かなりな進歩を遂げて、
家ではもう杖なしで歩き、
数メートルならば
カヌーを持ち上げて歩くこともできるように
なってきた。

先日更に大きなハードルを超えた。

車椅子を使用せず
歩きだけで、
普通に電車に乗り、降りした。
駅員さんの介助もなしで。

やってみれば難なくできた。
ただし始発駅から乗って、人の乗り降り少ない駅で降りる、という、いい条件だ。
そのいい条件たったので、挑戦。

今回の成功に機嫌よく
今月末の新幹線を使っての旅も
車椅子を使わないで行く企画中。

「修に車椅子は似合わない」
というキャッチフレーズがあるが、
それが現実味を帯びてきた。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-09-22 22:15 | 日々のつぶやき | Comments(0)

寅さんの鞄?

夫とともによく旅行に行く。
夫が両下肢麻痺という障害を持つようになってから、荷物は宅急便で送るようになった。

二人分が一緒に入るもの・・
という条件で
私の実家にずっとあって
大きすぎて余り使っていなかったバッグが
その条件に当てはまり大活躍していた。
が、とうとう持ち手のところから
本体が裂け始めた。

それは昔懐かしいホワイというブランドのもので
ルイヴィトンのモノグラムに似せたものだった。

サイズ、形が非常に使い勝手がよかった。
今回代替え品を探してみると
ホワイは製造中止。
ルイヴィトンのモノグラムを似せた?だけに
使い勝手から調べると
ルイヴィトンのモノグラムで同じような
サイズのものがあった。

え?!
正規品で買う?
無理無理~~
我が家のポリシーに反する?

中古品?
やはり人の使用したものに
それなりのお金かけるのは
もっとポリシーに反する。

そこで夫と相談し
たどり着いた結論がオーダー。

革バック縫いの

「NUIZAEMON」
ホワイの裂けてしまったバックを持ち込み
同じサイズで、と依頼。
この度完成。

c0134850_10135369.jpg


ルイヴィトンモノグラムの正規品の
半額くらい。

でもオリジナルの大切な一品になった。
革のいい香りがする。




[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-09-16 09:57 | 日々のつぶやき | Comments(0)