カテゴリ:旅( 153 )

酒田の旅~その1~

3月12日(水)
何年前のことになるだろう。
吊るし雛というものの存在を知ったのは。
伊豆稲取のつるし飾りの写真だったと思う。
本来、おひなさまというものは、子どもの成長を願って、感謝の意を込めて
年毎に流してしまう・・・ということから現存しているものがほとんどなかったらしい。
残っていた少ないつるし飾りを元に現代に復活させて
今の人気につながったらしい。
その記事を読んで、私は虜になっていた。

それが、どんな経緯からかが知るところとなった。
日頃から傍若無人に生きていることの詫びをしたい・・・
と思っているらしい夫は私好みの旅の企画を立ててくれる。
そんなわけで、稲取・柳川で満足していた私に
突然酒田の旅も計画してくれたわけである。

しかも、男のやることは、やはりデカイ。
発想が大胆である。
つるし飾りも、さげもん(柳川)も、傘福(酒田)も、
参考として見ておこう・・・の程度で行く私であるが、
いずれも、中途半端なものならいらない、という考えで
思いきった値段のものを買ってくれる。
そこで今回も傘福の購入まで含めての旅となった。

夫は事前に徹底的に調べる。
行く前までには地図ですら、暗記?しているような徹底ぶり。
今回は酒田に4泊した。
しかも、時代物の旅館に宿泊。往復の飛行機とパックの格安旅行。
宿泊代を安くあげて、食べる物は贅沢にする主旨である。
旅館は夫婦2人でやりくりされている家庭的な旅館。
昔の作りそのままで、間口は玄関の幅しかないのに
奥行きが異常に長い。
昔のままなので家の中は暗く、階段は急。
部屋にトイレも洗面所もない、ホントに昔ながら。
部屋は2階で、暗い階段を下りて1階のトイレに行く。
それでも、何だか楽しい5日間だった。
朝、9時頃出発し、4時頃帰って、お茶をし、再び夕食に出る。
そんな呑気な毎日。

酒田は、その昔、港として商業で繁栄した所である。
日本海から、九州を廻って、瀬戸内海から京都に入る水路の
重要な港だったわけである。
そのために廻船問屋が繁栄していた。
井原西鶴の「日本永代蔵」という小説にその繁栄ぶりが
描写されていたという鐙屋(あぶみや)。
日本一の豪商と言われた本間家など。
NHKドラマ「おしん」の舞台ともなったところである。
市街は、京都を模した?のか碁盤の目のような整然と整っている。
道路も広い。
しかし、残念ながら、その広さがむなしいほど、閑散としている。
商店街がとても多いのだが、シャッター通りというのか
閉まっているお店が多い。
みどころのたくさんある土地柄なのだから、
再びにぎわうことを切に願う。

本間家の庭園
c0134850_041071.jpg


酒田の旅~その2~は明日。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-03-12 23:57 | | Comments(0)

c0134850_21541567.jpg

3月7日(金)
写真は酒田にある山居倉庫。今日の酒田はぼた雪の吹く真冬と、春の日差しとが行ったり来たり。山居倉庫は酒田に集められたお米を保存するところ。おしんの舞台になったところです。
旧家のお雛様と傘福を見て歩いています。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-03-07 23:14 | | Comments(2)

山形県酒田市は雪空

3月6日(木曜日)
今日午後3時の飛行機で山形の庄内空港に向かいました。
庄内空港は雪で、一時着陸できず20分ほど上空を回旋し続けました。もし着陸できなかったら新潟空港に行くことになっていたのでヒヤヒヤ。それでも無事に着陸し、今は酒田の古いひなびた旅館にいます。明日から酒田の雛街道を歩きます。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-03-06 21:02 | | Comments(2)

11月19日(月)

さて奇跡的快晴だった17日(土)の雪の立山。
室堂近辺は、結構賑わっていた。
それは、ただの観光客ではなく、スキーヤーと写真愛好家達。
雪の壁で有名な立山は、冬は積雪が20mにもなるという。
11月の末で、すべてが封鎖される。
しかし、10月末に降り始める雪は、11月現在で2m以上の積雪になっている。
室堂近辺の、ハイキングコースも、立ち入り禁止のハイ松の林なども
すべて雪に覆われている。どこでも歩ける。
夢のような世界になっている。道が閉鎖されるまでのわずかの楽しみ。
スキーヤーたちはどこをすべっても構わない。
ただし、リフトは無いので滑っても、登らなくてはならない。

c0134850_2332263.jpg私たちもかんじきを借りて、雪山を歩きまわった。この写真をよ~く見ていただきたい。大きな足ではなく、まん中あたりのグレーの足が長靴をはく私の足。このかんじきを履くと魔法のように雪道を自由に歩き廻ることができる。しかし、ジャズウォークやら、都会の道の歩きには結構自信のある?私だが山歩きはすこぶる苦手。全くのへっぴり腰である。急斜面をへっぴり腰で降りる私に、写真愛好家の地元のおじさんが、おもしろそうに指導してくれる。しばらくついて来て私のへっぴり腰歩きををどうにかしようとしてくれる。トホホだ。

ま、そのうち雪斜面の歩きにも慣れてきて、相当楽しく雪を歩き廻った。

しかし。それから半日もしたら、吹雪。
山がどこにあるか、全くわからなくなる。すごいなあ・・・自然の脅威は・・・

気圧の関係で、体がむくんでしまった夏の経験だったが
今回も、山に入って2日目に、やはりむくみがきた。
(登山で疲れていなかったので、夏ほどはひどくなかったが・・・)

今日の立山は氷点下14度。あの厳しい世界は存在し続ける。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2007-11-19 23:16 | | Comments(0)

吹雪の中の生還!?

11月18日(日)
昨日、奇跡の快晴だった立山は
午後4時頃から吹雪き始め、朝には道路が閉鎖されていた。
ホテルの窓際も、雪の吹雪く音と、冷たい風が漏れてきて
自然の厳しさを、見せ付けられる状況になっていた。

そんな中、我ら夫婦は、生還を果たした・・・なぁんてね・・・
立山は、富山県側と長野県側からのアクセスがある。
道路でつながっているのは、富山県側。
その道路が今日は閉鎖されていた。
長野県側へは、立山の底をトンネルが通っている。
黒部第四ダムの建築のために用意されたルートであるといえる。
立山のホテルがその駅になっていて
トンネルを走るトロリーバス・
ロープウェイ(吹雪で視界ゼロの雪山を降りた)
斜度29度というモノレール
を乗り継いで長野扇沢までの足がどんな雪でも確保されている。
扇沢から長野駅まではバス。
そして長野からは新幹線・・・と。

まあ、積雪が4mにもなっていたであろう、吹雪の立山から
戻ってきてみれば、ごく普通の秋の風景。
(最も夕方から寒波?風が冷たかった)
何を好き好んで、そんなところに行ったのやら・・・

詳しいこぼれ話は、明日に続く。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2007-11-19 00:10 | | Comments(0)

雪の立山2

c0134850_18193972.jpg

金曜日朝6時、夜行バスにて富山到着。
ロープウェイとバスを乗り継いで立山に入りました。このシーズンは来週末で閉鎖。富山駅周辺は全く関東地方と同じ様子ですが、立山はもう2m以上の積雪。ま、あと1週間で真冬の世界に突入するわけです。
昨日は電波の入らない手前の弥陀が原という場所に滞在。
今日は、立山です。何と今日は奇跡的なピーカンの晴れ。雲ひとつない真っ青な空でした。散策と言っても、2m以上積雪のすごい状態。童心に帰って雪歩きを楽しみました。 4時過ぎには、様子は一変。吹雪になっています。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2007-11-17 18:19 | | Comments(0)

雪の立山

11月15日(木)
夏の立山ホテルに味をしめて
秋の立山を見にゆこう、ということになった。
今回は登山ではなく、室堂というロープウェイの到着駅にある
立山ホテルに宿泊して、立山の景色を見るだけ。

ところが、立山はさすがに季節が早く、今はもう秋ではなく
冬になっているらしい。
雪が降っているそうだ。
ただ行くだけなのに、また厳しい道のりなのか!!!

と、いうわけで、今宵再び夜行バスで富山に向います。
明日以降は、電波が入れば、携帯からの投稿です。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2007-11-15 20:11 | | Comments(0)

40代最後の日


10月19日(金)
なんと私は今日40代最後の日を迎えています。
今日は記念として千葉の小江戸と言われる佐原のオーベルジュ「吉庭」に来ています。明日、目が覚めると50才。大喜び?!
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2007-10-19 22:56 | | Comments(4)

黒部ダム

8月29日(水)

5泊6日(車中1泊)の長い旅より戻ってきました。
気圧が平常に戻った今、顔も元通りになっているようですし
呼吸も普通。
26日の8時間の登山の他は、
のんびりと立山周辺の散策などに終始し、
連日の長い睡眠と、食べるだけ食べる生活で
気力・体力充実の日々のはずですが・・・
家に戻った今、すっかり疲れ果てています。

今日は、立山の裏側の方(富山県側ではなく、長野県側)に出て
黒部ダムに行ってきました。
しかも、先日私が登頂に成功した山の地下を通って・・・
c0134850_22284320.jpg
        写真は黒部湖
プロジェクトXでも見た、黒部ダム建築のドラマが
生き生きと浮かんできます。
その後、トロリーバスと、普通のバスを乗り継いで長野駅へ。
長野から新幹線で、帰ってきました。

山の上でフワフワと過ごした5日間。
元の感覚にまだ、少し戻りにくい。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2007-08-29 22:34 | | Comments(2)

目が開かなかった私

立山の旅はまだ継続中です。
昨日は、立山から少し下りた湿原地帯、弥陀ヶ原(みだがはら)という場所にあるホテルに宿泊していました。ここは携帯の圏外でした。
さて、一昨日、8時間の行程を終え、ヨレヨレになって、温泉に飛び込み、ビールで乾杯!
一日を思い、この瞬間のために頑張ったんだ…と幸せの余韻に浸っていました。
しかし何となく顔が熱く、腫れぼったい。鏡を見ると顔が相当むくんでいるのです。疲れと酔いで何が何だかわからない私は、とりあえず眠ってしまえば解決されるだろう、と再び7時には眠りについたのでした。
ところがです。翌朝、目を覚ましてびっくり。目が開かない!顔中が浮腫んでいる!よく見ると、手も、足も!
腎臓の病気にでもなったのか!本当に辛かった…結局、一日の終わり頃にはどうにか戻りましたが。たぶん気圧が高い高地のため、体調が乱れたのでしょうか。少しの登り坂でも息は切れますし、顔の浮腫みもまだ完全にはとれていないようです。ここ数日アルコールはやめています。
明日は黒部ダムに寄って下界に戻る予定です。いつもの顔に戻れるかしら?
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2007-08-28 18:23 | | Comments(0)