<   2008年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

先生に感謝!

1月30日(水)
今日はジャズダンスのレッスン日。
今月は一青窈(ひととよう)の「もらい泣き」の曲で
またまた感情入れ込んで、踊っとります。
ただし、振りがまだ覚えきれてないので、無我夢中&バタバタの70分だった。

先週DVDを見て、大ショックを受けていた私。
その私の落ち込みを伝え聞いた?先生から、励ましの御言葉。
単純な私はすっかりやる気である。

それは、「大丈夫、上手だったよ~~」な~んて気休めの言葉ではなく
私の方向を示してくれた言葉だったから。
こんな私が、ダンスを人前でやっていいのだろうか・・・なんて落ち込みだった。
いつも迷うことだけれど、
今さら、上達なんてあり?
キープしてるだけで充分。だってもう50才だもの。
ほどほどに体力維持で、運動してればいいのかなぁ・・・。
だって私はキルターだもの。

ところが、先生はおっしゃった。
「いいもの一杯持ってるんだから、落ち込みをバネにして
どんどん前向いてガンバロウ。
ダンスが好き、音楽があったらとにかく体が動いちゃう人だって
よ~~くわかるから。」

家事にいそしみ、子育て、孫育てでバタバタし
手仕事を1人でしていると、自分の世界に入りすぎて、
すべてを溜め込み過ぎてしまうのがわかる。閉塞感。
エネルギーを外向きに働かせる自分も必要。
そのために必要なダンスの世界を先生が広げて下さった感じがする。
先生に感謝!!
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-01-31 01:25 | ダンス | Comments(0)

早く寝ようよ

1月29日(火)
我が愛犬ビーグル犬かんなは、家族5人の中でも
私を主として、私の分身のように生きている。

朝は私が起き出すまで、一歩もベッドから動かない。
私が寝ている限りは、好き勝手に家を歩き回ることはない。
私が起きるまで、私の顔をじっと見つめて待っている。

かんなの行動パターンは、私はほぼ完璧に承知している。
ま、逆に言えば、かんなも私の行動パターンを把握しているとも言える。
私がお茶をしようと、自分の作業部屋から台所に行ってコーヒーの準備をすると、
どんな場合でも必ずベッドから這い出てきて
作業部屋になだれ込んでくる(部屋のドアを自分であけて入ってくる)。
お茶をするときは、必ず何か食べる・・・
すべてを知っている、という自信に満ち溢れた表情だ。
私はお茶しか飲まない・・・ときつく言って部屋から追い出そうとするが
その目はゆるぎない。私の膝の前から動かない。
かんなを出し抜くのは難しい。

夕食の片付けが終わり、すべての食べられる物(ゴミとかも含めて)がなくなると
また、私のベッドにもぐり込む。
私は作業部屋に入る。
ところが、時々、私の様子を見にくる。
その時は、必ず、犬のトイレで小の用足しをした後。
トイレに起きて私がいないと、「早く寝ようよ」私を呼びにくるのである。
「待ってね、もうすぐで寝るから・・・」と
かんなをベッドに連れ戻して、お布団をかけてあげる。
たった今も、そう説得したところ。
ちょっとおバカだけれど、忠犬だ。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-01-29 23:58 | ビーグル犬かんな | Comments(2)

1月28日(月)
数日前にヤフーのニュースで見たのですが
夫婦喧嘩をする人は、しない人より長生き、というデータであるそうです。
な・る・ほ・ど。

怒りの感情を、押し込めずに、「怒っている」と相手に伝えることが
長生きの秘訣というのです。
ほんとだと、思います。

10年前に亡くなった母は、我慢の人でした。
言いたいことがあっても、言ってはいけない・・・と
父に対する不満を全部飲み込んできました。
私もそういうのが美徳だと思い生きてきました。
しかし、がんという病気にかかり、自分の余命がそれほどないと思うころになって
数10年前からの不満をつらつらと話し始めたのです。
こんな昔のことを覚えているのか!と驚きでした。

母の死で考えました。
自分が相手に対して、不満に思っていることを
イヤだ。と一言伝えなければいけない。
それをそのまま我慢し、数10年後にいきなり攻め立てるのは
ある意味卑怯だと。
相手は人間だからその気持ちを言わなければ、やはりわかっていないもの。
NOということでその場の雰囲気が悪くなることを恐れてはいけない。

「憎まれっ子世にはばかる」
このことわざは本当ですね。
自分の思っていること、やりたいことを、人の意向を無視して
ガンガンやれる人は、心の中にたまるストレスが少ないのでしょう。

周りに気配りし、いい人であろうと気を遣いながらの人生は
世にははばかれないでしょう。そして美人薄命なんだわ、と嘆きましょう。

どちらにしても、自分らしいことしているのが、一番です。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-01-28 23:35 | 日々のつぶやき | Comments(0)

父の人生を思い起こす

1月27日(日)
このエキサイトブログでは、ブログ記事をそのまま製本できる
my booksというサービスがあります。
それを利用して、昨年亡くなった父のとの最後の1年のことを
書きとめ、製本してみることにしました。
昨日でだいたいの形が完成。手直しをして、製本を依頼し、
3月にに合わせて完成させる予定にしています。
このブログにリンクさせて、ブログでも読むことができるようするつもりです。

書いているうちに、感情が戻ってきて怒ってしまったり、
逆に何でこんなことに腹を立てたのだろう・・・と哀しくなってしまったり
父の人生を振り返ってみて、すべてを考えなおしたり。
親子関係は、複雑です。
親を全否定することは、自分も否定していることになる。
やはり親の人生は幸せだったと思いたい。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-01-28 00:04 | カルチャー | Comments(0)

間違った思い込み

1月26日(土)
去年の年末に、今所属しているダンスグループのクリスマスがあった。
みんなでワイワイ踊りながらやってゆこう・・・という企画だったので
楽しく踊ったのであったが(それなりに厳しい練習はあった)・・・。
昨日そのDVDを見て、私は落ち込んだ。

過去の公演は大きな舞台でやっていたので、今回のような身近での映像はなかった。
そこで私は動く自分をまじまじと見て
すべてがすっかりイヤになってしまった。
かっこよく、楽しく踊っていると思っているのは、間違った思い込みだったのだ。

動く自分の映像を見るといのは、実につらい。
他の映像すべては、自分が知っているいつもどおりの世界なのに
動く自分だけは、未知のもので、しかも、自分が思っているのとは違う。

落ち込んだ私は、瞑想した・・・・・
こんな姿で動きまわっていることはショックだったが
ずっとこんな私を、みんな認めてくれている。
ただ、私の思い込みが間違っていただけなのだ。
私はあの映像通りの人なのだ。

そしてさらに答えを出した。
何かを表現したい・・・私はキルト製作でその目的を達しよう。
ダンサーでなくてよかった・・・キルターで。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-01-26 23:41 | 日々のつぶやき | Comments(0)

暇な大学生だが・・・

1月25日(金)
法科大学院への進学も決まった息子は、卒業を前に暇そうであるが
いろいろと活動していることに驚く。
年末はヤマト宅急便でバイトをしていた。
今年に入って、大学法学科の謝恩会の発起人になったり
民主党の市議の事務所に入り浸ったり
自民党本部の大学生の集まりに顔を出したり・・・・
今日は裁判官をやっている私の高校時代の友人を尋ねた。
私と違ってめちゃくちゃ忙しい彼女に面会の予約をとり
わずかの約束の時間を会いに行った。
以前は物好きなヤツだと思っていたが
将来のために、少しでもそういう機会は生かしたいという。

・・・・・・・・・(私にこれ以上語ることはない、という沈黙)
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-01-25 23:04 | カルチャー | Comments(0)

1月24日(木)
今日、国際キルトフェスティバルに行ってきました。
いつもキルト展に行くと「キルトは作られ過ぎている」と落ち込む私ですが
今日は、何だか心軽く、楽しく帰ってきました。

自分がおばさんであるにも関わらず、群集のおばさんが苦手な私。
今日も、総武線に乗るために秋葉原で乗り換えたとの時から
何かうるさいおばさんが多いような気がしていました。
気のせいだと思い込もうと思ったら、ほんとにキルト展に行く人々でした。
いやはや、その集客のすごさ。
しかし、毎年東京ドームに行くようになった私は
いろいろなことに慣れてきていて、混雑にもストレスを
感じることが少なくなっていたかも。
(例えば、トイレはほんとに少ししかない。並ぶのは当たり前・
食事は混むに決まっている・・・とか)

私は不遜にも、今日のキルト展でとても興味があったことは
キルト製作の意図でした。
どんなことをきっかけに、何を表現したくてこのキルトを製作したか・・・
ということ。
その製作方法については、作りたくなった時に
真剣に迷えばいいだろう・・・
ということで、近くに寄って触って裏を見る、などという
衝動にはかられませんでした。
キルトにもいろいろな表現がありますが
全体の図柄を構成して、一枚の絵にしているものと
テーマのものを羅列していて、絵というよりは見ていて楽しいもの・・・
その他分類もろもろ(分類しらキリがないけど)。
今日は時にテーマものの羅列がとても楽しくて。
作っていて楽しいのがいいなぁ・・・なんて思いながら
めまぐるしく歩きまわりました。

そして半分以上の時間を、ショップめぐり。
毎年来ているとお店の場所も変わらなかったりして、
心が動く品物もそうたくさんあるものではありませんが・・・
実は今年は信じられないくらい生地を買ってしまいました。
大半が、個性のあるムラ染め布やら、色がきれいで有名なケイファセット。
気合入れてステンドグラスキルトを製作しましょう・・・という心意気か!?
また、毎年有名なのですが、2000円以上買うと、
すてきなショッピングバックをくれるお店があります。
例年、傍観していたのに、今年は何だか強い意志で
2000円の布を血まなこでセレクトし、バックをもっらった私でした。
c0134850_23325764.jpg

            ゲットしたショッピングバック
c0134850_23291333.jpg

            きれいな色の布地
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-01-24 23:35 | カルチャー | Comments(0)

し・あ・わ・せ

1月23日(水)
毎日寒い。
そこで活躍してくれるのは我が愛犬、かんなである。
いつも私のベッドにもぐりこんで寝ている。
そのお陰でベッドの中は極楽である。

ちょっと臭いのが欠点だが・・・
さあ、これからあのいとおしいかんなを抱いて眠ることとしよう。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-01-24 01:25 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

ユニクロのフリース

1月22日(火)
今日もまた、すこぶる寒かった。
温暖化と、燃料の値上げのことを思えば、とにかく暖房は控えなくてはならない・・・
という発想から、厚着をして頑張っている。

ユニクロのフリースのジャケットを買った。
これが起きている間中、どうしても手放せない。
肌触りは暖かいし、寒かったり暑かったりをジッパーの上げ下げだけで
調節できるから、本当に優れもの。
汚れてくると慌てて洗い、乾くのを待って着る。

だが、これは日本全国どこにあるユニクロのもので、
しかも値段が安いから大人気だと思う。
日本中の人が着ている。
テレビのニュースなどで何か物言う
そのへんのおばさんやらおじさんが着ていることもある。
いつもいく豆腐屋さんのおばさんいつも赤いのを着ている。
いつもゴミ捨てで会う近所の人はいつもベージュのフリースだ。
私自身も今年は白のフリース。
このままでは美的意識がなくなる・・・なんて危機感から、
この暖かさに安住していいのだろうか・・・という自問が生まれる。
でも寒い。フリースは暖かい。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-01-22 23:51 | 日々のつぶやき | Comments(2)

NHKの中継を見て

1月21日(月)
いやはや、今日は寒い日だった。動いていると普通に寒いが
じっとしてパソコンに向かっていると、寒くて寒くて・・・次の行動に移れなかった。
犬の散歩ですら中止である(どうにかねじ伏せた)。

今、東京ドームでキルト展をやっている。(18日から26日まで)
今朝NHKでオープン前の静かな会場から中継していた。
行く前にみると感動が薄れるわ・・・なんて思っていたのに
実際映像に釘づけ。
テレビなので、参加作品の製作の裏のドラマなんぞも紹介していた。
こういう視点から見ると、みないとおしい作品ばかりだ。
こんな作品が賞とれるわけ?な~~んていじわるとひがみの気持ちで見る私だが、
もっと素直になって楽しもう・・・と思った。
行くのは24日(木)の予定。

ただし、私はおばさんの集団に圧倒されて気おされる。帰りたくなる。
人は見ない。作品だけ見る。自分に言い聞かせて行ってこよう。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-01-22 00:05 | 日々のつぶやき | Comments(0)