<   2009年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

エッセイ応募

2月28日(土)
昨年末、本屋さんで立ち読みしていた着物雑誌に
「着物に関するエッセイ」募集があった。
実は、私は昔からエッセイ募集に目がない。
ほとんど日の目を見たことはないが。
しかし遠い日・・・私の憧れの作家「開高健」に辛口の質問をする
雑誌コーナーで私の質問が採用されたことがある。
そのコーナーをまとめて本が出版されたが、
私の部分もちゃんと掲載されていた。
数少ない、いい思い出である。

さて、その着物エッセイに応募した、
私の着物に対する思いである。
このたび、「残念ながら・・・」落選の報が届いたので
せめてブログにて。
とらぬ狸の皮算用・・・・で賞品の京都手描友禅の反物は幻に消えた。
しかしその賞品授与のために京都までの往復の費用・
反物の仕立て代、裏地代など
だいたい5万円ほどかかると思われていたので、
良しとしよう(負け惜しみ)

        「母からのメッセージ」

母は着物が好きな人だった。
六十六才で肺がんのため他界。
母の葬儀のため実家で喪服を探していた私たち姉妹は、驚いた。
母が喪服用の長襦袢に半襟をつけておいてくれたのだ。
死を覚悟した母が、最後の入院前に、
不甲斐ない娘たちのためにしてくれたことだった。
長く裏千家茶道をし、凛として自分を貫いた母である。

母の死から、十年がたった。この間転勤族だったこともあり、
母の残した着物は実家に放置したままだった。
一昨年父が亡くなった時に、こわごわ箪笥を覗いてみると、
喪服すべてがカビていた。
顔面蒼白である。結局父の葬儀では貸衣装を借りるという体たらくだ。
母が大切にしてきた着物の存在が私に重くのしかかる。
「すべてを見ないで処分してしまいたい。」そんな衝動にもかられた。
そこに着物を売りに出す誘いがあった。
これ幸いと、私は母の着物全部に目を通し
二十枚ほどを古着屋に送った。意外にも、喪服以外にカビは無かった。
母の管理がよかったのか十年の放置に耐えていたのだ。

ところがその時に何かの力が働いて、私にスイッチが入った。
着物を着よう。そのスイッチだ。すぐに着付けを習いに行く。
二十代で茶道をしていた私は、帯結びを集中的に習っただけで、
すぐに自分で着られるようになった。母が乗り移ったのかと思ったくらいだ。
なぜあんなにハードルが高かったのだろう。その後母の着物を虫干し、
着物に命を吹き返させた。古着屋からも着物を取戻した。
母が大切にしてきた着物に触れていると、母と対話しているようである。
着物の中から母のメモも見つかる。
「この着物に帯は何でもあいますよ」明らかに私へのメッセージだ。

いきなり着物着たい症候群にかかったのは、母の不思議な力か、
DNAのなせるわざか、時代の流れか。
母の意に沿わずジャズダンス三昧で五十代を迎えた私は、
母を感じながら、自分らしい着物ライフを過ごしてゆきたい。
(800字)

c0134850_0242584.gifにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

                 草の花HPへもどうぞ
c0134850_0254652.gif

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-02-28 23:56 | 着物 | Comments(2)

2月26日(木)
c0134850_2337410.jpg
c0134850_2337211.jpg

ミニサイズのつるし飾りの完成。

このつるし飾りは、
正月・桃の節句・端午の節句・七夕・お月見の5つのシリーズ。
小さいサイズで、玄関に華やぎそ添える予定。


c0134850_0242584.gifにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

                 草の花HPへもどうぞ
c0134850_0254652.gif

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-02-26 23:44 | 手仕事日記 | Comments(2)

わがまが

2月25日(水)
3才の孫結依の、最近マイブームは「わがまが」。

我儘(わがまま)の変形である。
ほんとに小さい時から、我が強かった。
自分の意思が通らないと、どんなことでもだまされない。
泣きすぎて、疲れ果てて眠る、ということも1度もない。
1度、つむじを曲げたら、その回復は恐るべき困難さだ。

最近は言葉がしっかりしてきたことと、
考え方に少し理性が働くようになってきたために
我を通すための大騒ぎについて、分析することができるようになり、
3才児なりに、反省し、わがまがを言わないように自分を抑えているシーンも
見られるようになった。

それでも、日々、結依がわがまがを通そうとするための、
数多くのトラブルがある。
今日も、雨の中をどうしても散歩しながら保育園まで行く・・・という騒ぎ。
一緒に散歩している、犬のかんなが自分の前を横切ったために
雨の中、ころび、一歩も歩かなくなってしまった騒ぎ。
小さなセローテープを、1日で1巻はりまくり、2巻目を途中で投げ捨て
3巻目が欲しいという騒ぎ。

私が理詰めで怒鳴りまくるものだから
最近、わがまがのもめごとが少し回避されるようになった。
「ゆいちゃん、もう大きいから、わがまが、言わないよ。」
とよく言っている。健気なものである、
言ってるわりにはわがままだらけだけど・・・






c0134850_0242584.gifにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

                 草の花HPへもどうぞ
c0134850_0254652.gif

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-02-25 23:59 | 孫 ゆいちゃん | Comments(2)

映画「おくりびと」

2月24日(火)
昨日、今日、ニュースは、映画「おくりびと」のアカデミー賞受賞の話題で
もちきりだった。
この映画の撮影場所は、大半が山形県酒田市だった、ということを、
去年の3月酒田に旅行に行ったときに知り合った方から
手紙をもらい知らされた。
そんなきっかけで、去年の秋に「おくりびと」を見たわけだが、
あの、酒田の柔らかいニュアンスに包まれて、
そして、死者を弔うための納棺士の華麗な動きやら、
葬儀の様子など
両親を見送った私は、その時のせつなく、甘美な、思い出に引き戻され
映画の最中に、知らず、涙が流れていた。

また、主人公を捨てて、音信不通になっていた父親と
「亡くなった」という知らせで再会する。
遺体で再会である。
その暮らしぶりから、自分を捨てたのではなかたことを知ることになるのだが、
その遺体の役を・峰岸徹さんがされていた。
その時には峰岸さんはすでに亡くなっていた。
病を知っての、仕事である。
自分の死のシミュレーションをされたかのような、意思の強い仕事をされたんだなぁ・・
胸が熱くなるシーンを思い出した。

そんな静かなあの世界が、海外の人々の前に披露されて
評価されたことが
ある意味不思議な感覚である。

酒田は、もうすぐ、白鳥の飛来がある。
白鳥が北へ向けて群れになって飛び立ってゆくと
春の訪れだという。


c0134850_0242584.gifにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

                 草の花HPへもどうぞ
c0134850_0254652.gif

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-02-24 23:57 | カルチャー | Comments(2)

笠間のお雛さま

2月23日(月)
陶芸の里、茨城県笠間市。
ひな祭りの期間中「桃宴(とうえん)」として
様々な陶器のおひなさまが各陶芸のお店で展示・即売されている。
c0134850_23152144.jpg


今日は雨の降る寒い1日だったが
桃宴に行ってみた。
新車の長距離運転の試運転も兼ねて。
新車の高速道路運転とETCカードの使用とすべてが初体験。
笠間焼の作家による個性的なおひなさまは、みな、新鮮で見応えがあり。



c0134850_0242584.gifにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

                 草の花HPへもどうぞ
c0134850_0254652.gif

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-02-23 23:22 | 季節 のしつらい | Comments(0)

おじさんの部屋

2月22日(日)
とうとう、2月の最後の週に入ってしまった。
1日を大切に、1時間を大切に・・・と自分に念じなければ・・・

さて、京都で法律を学んでいる息子が
昨日帰省してきた。
1学年を終えたわけだが、春休みに弁護士事務所で実習を受ける。
これから3週間ほど、東京都内の事務所まで通う。

冗談のようだが、息子は京都で勉強ばかりして食べる暇もないそうで
やせ細って、色白になり、うらなり瓢箪って感じ?
今年は痩せたせいで、寒さが身にしみるし、乾燥もひどいんだそうだ。
おいおい、中年女性か?

喜んでいるのは、3才の孫、結依。
おじさんの部屋に入り浸っている。
ちゃぶ台で勉強している息子の周りには、
おままごとセットとか、いろいろなおもちゃが並べられている。
ついでにおもちゃのマイクで歌の熱唱までしているらしい。
かわいいものです。



c0134850_0242584.gifにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

                 草の花HPへもどうぞ
c0134850_0254652.gif

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-02-22 23:57 | 日々のつぶやき | Comments(6)

2月21日(土)
ただ今ベッドカバーの製作中。
始めは、手元にある美しいプリントをハンカチ大にカットして
ざくざくつなぎ、
キルトラインで、布に一体感を持たせる感じでいこうと思っていた。
しかし、ハンカチ大の大きさの布を集めるのが難しいため中止。
もっと小さく、10cX15cの大きさに揃えて、ラティスでつないで見た。
また、10cX10cのカットクロスが30枚ほどあったので、
それも工夫してつないでみた。

そういうわけで、ざくざく縫う予定が
少しずつ変更され、
それなりのデザインになってきた。
それはいいことなのだが、
実に大変な作業になってきた。

本日、やっと、1枚目のトップが完成。
もう1枚・・・・。

3月のおひなさまに向けて、キットのおひなさまの製作がある。
あと10日。
ベッドカバーを短期間で製作する目論見も、検討はずれにはずれて
本日でちょっと中断。
仕事を二つ抱えるのができない性分だが、
ベッドカバー2枚製作プロジェクトはしばしお休み、と。
無念。


c0134850_0242584.gifにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

                 草の花HPへもどうぞ
c0134850_0254652.gif

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-02-21 23:45 | 手仕事日記 | Comments(0)

丑年のおひなさま

2月20日(金)
巷のおひなさま話題が盛んになってきた。
わが雛の館は1月中旬から開店中。
今年の新バージョンを少しずつお披露目。

干支のおひなさま。
これを見つけるのは結構難しい。
自分の頭の中に、理想とするものはあるのだが、
それを製作するには、私の力は足りない。
でも考え方を変えれば、毎年、同じ作者の干支雛だと
イメージが似通ってくるので
いろいろなことろから、探してゆくのも、
楽しいコレクションになるかもしれない。
このおひなさまは、徳島・池田のお店のネットで見つけた。
写真を見たときは、ちょっと間抜けな感じがしたのだが
自分のおひなさまになってみると、可愛いのなんの・・・
c0134850_21415950.jpg



c0134850_0242584.gifにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

                 草の花HPへもどうぞ
c0134850_0254652.gif

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-02-20 21:39 | 季節 のしつらい | Comments(2)

愚痴ってないで・・・

2月19日(木)
毎日、毎日、朝晩の犬の散歩、
保育園のお迎え・・・そしておろおろ家の中を歩き
私の歩数計は、10000歩以上になっている。
この歩数計の数字を見ると、
何をするでもないのに、毎日ぐったり疲れる自分を、
自分で褒めちゃおうかな・・・と思う。
乾燥しているせいなのか、目が疲れて、
夜になるとすっかり手仕事をやる気力が失せる・・・

はぁ・・・愚痴だ。
c0134850_22414135.jpg

この写真は、お散歩で会う方が、かんなが美人さんだからと言って
写真撮影してくださったもの。
うんうん美人さんでしょう。
いろいろおばか騒ぎで振り回されているが
実は、かんなを溺愛しているわけである。
毎晩私の腕まくらで、ぐうぐう寝ている。

さ、愚痴ってないで早く寝ましょう。


c0134850_0242584.gifにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

                 草の花HPへもどうぞ
c0134850_0254652.gif

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-02-19 22:53 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

隠居はしない

2月18日(水)
今日、NHKのクローズアップ現代という番組で
「毒舌きみまろ!老いの新流儀」というテーマの内容を放映していた。

綾小路きみまろの毒舌が、中高年に大うけの理由は
老いの形が変わってきたからではないか・・・
というよう内容だった。

綾小路きみまろの毒舌は、哀しいかな、思わず私も大爆笑することが多い。
下品に大口をあけて大笑いする中高年とは一線を画するはずなのに、
ほんとに、思わず大爆笑してしまう私は何?

そして、私が今宵、おおいに学んだことは
70代、80代以降、しっかり生きている理由に挙げられるのが
年をとっても、精神的、肉体的に、刺激がたくさんあり
脳が年をとらないことが大きな原因だということ。
それは、苦しんだり、お金に困ったり、そういうことも含めて
ハラハラドキドキで生きていくことも含まれるらしい。

とにかく、老後はゆっくり、のんびり、まったり・・・生きていてはダメなんだそうだ。

50才を少し過ぎて、最近気づいたことがある。
やはり折り返し地点も過ぎ、先が見えてきたことだ。
今までは、何か、もっと高い自分になるべきなんだ・・とか
自己中心で、好き勝手をしていてはいけない・・・とか
そういう考え方をしていた。
しかし最近やはりこう考えてしまう。
できる時には、迷わないでやる」ということ。
しかも、今日の学びだ。
年をとったから身辺整理して後は静かに・・・」なんて隠居の気持ちは持たないことだ。



c0134850_0242584.gifにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へにほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ

                 草の花HPへもどうぞ
c0134850_0254652.gif

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-02-18 22:58 | 日々のつぶやき | Comments(2)