<   2009年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

慎む

6月30日(火)
明日は待ちに待った?目の手術日。
翼状片(よくじょうへん)の除去、というのが正式な名前。
術後もしばらくは充血が続くらしいが
そのうち、清らかな瞳の私になっている予定なので、
乞うご期待。

手術の開始は、午後2時半で、10分前までに入ればいいと言われた。
明日は、毎週のダンスレッスン日。2時にレッスンが終わる。
5分もあれば、病院まで行けるから、楽勝でレッスンに参加できる・・・
とほくそえんでいたが・・・・

一応、医師に、確認を取ってみた。
「2時まで、代謝をよくする運動などしてても構わないですか?」と。
「あ、ちょっとそういうのはダメかも。
出血するかもしれませんから・・・」

やっぱり、そうね。
明日は慎んで、おとなしくしていよう。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-06-30 23:58 | 日々のつぶやき | Comments(0)

仲よし、こよし

6月29日(月)
c0134850_23582532.jpg


何だかんだ言っても仲良し、こよし。

これは、結依がお昼寝をしてから、
ビーグル犬かんながそのお布団に陣取ったところ。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-06-29 23:56 | 孫 ゆいちゃん | Comments(0)

6月28日(日)
本日、3回目の奏楽(教会の礼拝の伴奏)奉仕だった。
おととい指先を負傷した私だったが、
水絆創膏で傷口をふさいで、我ながら健気に任務を完了した。
傷口が少し血がにじんでいて、自分で自分を褒める、自己陶酔。

来年の3月完成を夢見て製作中の、つるし飾り第2弾、
本日完成。
丑年バージョン。

牛・牛車・宝袋・梅

c0134850_23481193.jpg

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-06-28 23:48 | 手仕事日記 | Comments(0)

6月27日(土)
昨日のお昼どき、
私は、厚みのあるガラス容器をこっぱみじんに割った。
その始末の最中に、指と足の裏を切った。

右中指の先である。
私は、ちっぽけなオルガン弾き(キリスト教会の)。
明日は当番の日。
その大切な指を怪我してしまった!!!

ピアニストだったら大変なことだった。
よかった・・・ピアニストじゃなくて。
素朴なオルガンは、激しい指使いもないし。

弾いている最中に血が出ないように
指先に、絆創膏(アカギレの時に使う)を重ねて塗って、
明日の本番に備える。
ちょっとした悲劇。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-06-27 23:58 | 日々のつぶやき | Comments(2)

伸びた首

6月25日(木)
我が家のビーグル犬かんなは、すごい。
何がすごいか・・・というと、
食べる勢いがすごい。

ずいぶん前に載せたことがあるが
かんなは、私たちの食事の間はテーブルの下に辛抱強く待機していて
食べ物が落ちると、何よりもすばやくキャッチして食べる。
まるで熱川ワニ園の上で食事しているようなものである。
常に口をあけた動物が下にいる。

そのお陰で3才の孫結依は、
食べ物を落とさないように、とても慎重に食べる。
並の3才児とは違う力をつけている。

ところが、犬も進歩した。
今日、私が目撃した。
結依が、フォークに食べ物を刺したまま」、おしゃべりしていた。
すると下で待機していたビーグル犬の首がびゅ~~~んと伸びて、
椅子に足をかけて、あっ という間に、
フォークに刺さった、結依の食べ物を食べてしまった。

あまりのできごとに、結依と私は、最初言葉もなかったが
私が、大笑いし始めると、
自分の分を食べられて、泣きべそかき始めた結依も
つられて、笑い始めてしまった。
二人で大笑い。

我慢も覚えるし、ぼんやりしてたらダメなこともわかるし、
いろいろ刺激があるってことはいいことだ。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-06-25 23:24 | ビーグル犬かんな | Comments(2)

梅雨

6月24日(水)
雨がしとしと・・・いやだなぁ・・・
梅雨というとそんなことばかり言っていたが
この数年、この湿気の多い、しっとりとした季節が
結構好きになっていることに気付く。

私は最近、しみじみと日本っていいなぁ・・と思う。
四季がはっきりしていて、
その季節季節の楽しみ方を知っている文化だから。
着物を着るようになって明確になった。

夏は夏の着物を着なくてはいけない・・・から面倒なのではなく、
夏にしか楽しめない着物の柄、素材があるから、
楽しいのである。
それと同じように、季節、季節の楽しみも、
その時にしかできないから、価値がある。

今私の家は、梅雨のしつらいにしてある。
梅雨のイメージで、傘柄のサンプラーキルトを作りたいと
もう5,6年構想している。
今年もまたできない。
ああ、来年にはきっと作りたい・・・と思う。
私の人生は、そんな風に、各季節への思いが積み重なって
飽きることなく、続いていくのではないかしら。

c0134850_23502610.jpg


このついたては、中国蘇州刺繍。つばめと柳がモチーフになっている。
2003年に父と行った蘇州で購入したもの。
c0134850_23504797.jpg
c0134850_23505910.jpg
c0134850_23511151.jpg
c0134850_23512176.jpg

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-06-24 23:54 | 季節 のしつらい | Comments(0)

6月23日(火)
この間の日曜日、3才10ヶ月になる孫の結依に
水玉のパジャマを買った。
結依のお気に入りである。

そして結依は
そのパジャマを「水たまり」のパジャマと呼んでいる。
大人たちはそれが可愛くて、何回も質問し、答えさせ、笑っている。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-06-24 00:16 | 孫 ゆいちゃん | Comments(0)

天国への凱旋

6月22日(月)
本日、私は今所属している教会で行われた葬儀のお手伝いをした。
今の教会に移ってから1年、初めての体験である。

たいしたお手伝いはできなかったが、
父の葬儀も、教会員の方々の奉仕によって執り行われたわけであるから
これから、少しずつ、私も奉仕でお返しをしていくつもりである。

今日亡くなった方は75歳の女性で
私は面識がない。
レース編みが得意で、レースを編んでいない時は、
片付けや掃除やら動き回っていた・・・かいがいしく動かれる方だったらしい。
なるほど、祭壇のお写真は、いかにも、身ぎれいで、几帳面な人柄が想像できた。
しかし、棺の中のお顔はそれから何十年たったのか、
まるで別人のような小さい老人のお顔だった。
それだけ病で苦しまれたのだろう。
肉体の苦しみから解放されて、天国へ凱旋されたことが偲ばれた。
遺族の方も、その遺影を見て、
「こんなに若くて、きれいだったんだ・・・」と思い出したに違いまい。

私はたぶん、この教会で人生を終えることだろう。
そういう意味では、教会員は、お互いに天へ見送る義務を負っている。
不思議な人間のつながりだ。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-06-22 23:29 | 教会生活 | Comments(0)

剣岳~点の記~

6月21日(日)
昨日は、剣岳~点の記~という映画の封切り日だった。
夫とともに、早速見に行った。

一昨年、私は初めて立山に登った。
剣岳は立山連峰の一つである。
剣岳は難しい山なので、私は登らなかった。
夫は山男だったので、山をこよなく愛している。
剣を見ては、「いい山だなぁ・・・」とため息をついていた。
夫は過去に剣岳に登っている。

何がいい山なのか
・・・いい形をしているんだそうだ・・・

はっきり言ってしまえは、私のような人間には、
山の形の区別がつかない。
ひとつ、ひとつの山の形状について・登山道の特徴など話されても
区別がつかないので、話がどうしてもわからない。

その登山の時に、この映画の撮影のために、
俳優たちが来ている、という話を聞いていた。
2年近くの滞在で撮影したらしい。
なるほど、夫が何度登っても出会うことのできない
幻の風景などがいとも簡単に映し出されている。

映画は、明治の時代に、初登頂を目指した
日本陸軍の測量隊の困難がテーマである。
地図を作るための三角点を、剣岳の頂上に設置に行く話である。
道なき道を行く、困難な登山。
実際に撮影時の自然との闘いやら、
息をのむようなシーンが多かった。
合間、合間で、剣岳・その他の立山連邦の美しさを
これでもか、これでもか、と見せてくれた。

夫は新田次郎の原作も読んできたし、
自分の足で剣に登っているから、
体験に勝ることはない、
これっぽっちの映像に感動するわけはない、という
態度に徹していた。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-06-21 21:39 | カルチャー | Comments(0)

どか~んと新作4点

6月19日(金)
月曜日に思い立って、製作を始めたチュニっク。
パターンはNHKのおしゃれ工房の付録に掲載されていたもの。

1枚目は、エプロンとして愛用していたテディベアプリント。
丈の長いスモックだったので、生地は足りる・・・と安心してリフォームを始めたところ
布が足りない。
結局、その時、余分に買っておいた新しい布とジョイントさせた。
c0134850_23335210.jpg

ところが、大失敗だった。
なんと、布の色がすっかり褪めていたため、同じ布だったとは思えない変わり様。
c0134850_2334674.jpg


2枚目はプロバンス風チュニック
c0134850_23342190.jpg


3枚目は苦労してパッチワークしたのではなく、こういう布地。
この布は、1メーター198円だった。2mで396円なり。
c0134850_23343416.jpg


4枚目は夏素材のサッカー。涼しげでしょう・・・
c0134850_23345198.jpg

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-06-19 23:29 | 手仕事日記 | Comments(2)