<   2009年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

できないことの言い訳

7月31日(金)
理由ははっきりしないが、
ここ数日、だるい日が続いていた。

ただ家事をして、用事をして、必要な外出をして、疲れて眠っていた。
それで充分かもしれないけれど
私的にはそれではいけない。

この10日ほど、手仕事が何も手につかない。
作業場のテーブルの前にも座っていない。
私の仕事の予定では、製作を中断しているベッドカバー2枚のはずだが、
布を広げたくらいである。

理由を考える。
夏ばて?夏風邪?外出し過ぎ?
暑いから仕方ない?

以前、知人の中で一番成功している(雑誌で活躍している)キルターが
昔のキルト仲間に
(スタートラインは同じなのに、その後の活躍が違う人に)
「私は、できないことの言い訳をしなかったから、今の成功がある」と言った、
という話を聞いたことがある。
きつい言葉であるかと思うが、実は、
できないことの言い訳をしない」というのは、何とあっぱれなんだろう。

しかし、本日ははできないことの言い訳でありました。以上。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-07-31 23:09 | 日々のつぶやき | Comments(2)

お見舞い

7月30日(木)
昨日、マイコプラズマ肺炎でないことが確認できたので
今日は、83才になる伯母のお見舞いに行った。

伯母は父のお姉さんである。
父も頭が上がらなかった存在だから、私にはなおのこと、
目の上のたんこぶ状態の、大きな存在の83才である。
しかも、東京にある大きな問屋の、取締役をしている。

その大いなる伯母が、さすがに初めて入院した。
お化粧もせず、横たわっている姿を見るのは初めてだった。
娘である従姉妹は、入院によって「ボケさせない」ために、必死である。
いろいろな注意事項を「はいはい」ときく姿は、少し、いじらしいくらい。

目の上のたんこぶではあるが、
かくしゃくとした83才の伯母は、私の誇りですらあることに、気付いた。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-07-30 22:52 | 日々のつぶやき | Comments(2)

背に腹は変えられぬ

7月29日(水)
実は孫の結依が、咳をし始めたのと同じ頃から
私も咳が出ていた。

マイコプラズマ肺炎ではないか?と急に心配になり
今朝診察してもらった。
血液検査の結果、マイナスということで、マイコプラズマではなかった。
やれやれ・・・である。
それでも咳が出て、だるくて、
今日は死んでいた。
風邪なのか、夏ばてなのか、ただの疲れなのか、薬の副作用なのかわからないままに
1日を過ごしていた。
ただし、毎週水曜日のダンスレッスンは行った。
当たり前である。
先週欠席して、ただでさえ、振り覚えが遅れているのだから。
当然、ダンスの最中は、元気であった。

今朝、どこの内科に行くか、で頭を悩ませていた。
車で15分ほどの総合病院に電話してみたら
8時半で30人くらい待っている・・・ということで
ぞぞぞ・・・と行く気を失った。
混んでる病院はいい病院なんだろうに、なぜ、私は忍耐が足りない。
あ!!と気付いたのが、我が家から車で5分くらいの
老人病院に毛がはえたような総合病院があるではないか!
実はその病院は、父が、透析していた病院で
どれだけの問題を起こしたかわからない病院である。
2度とこの病院だけは行かない、と決めていた。
思い出がつらすぎるからである。
しかし、背に腹は変えられぬ。この病院は空いていると聞く。
しかも家から近い。
私は2年半ぶりくらいに、この病院の中に入った。

ま、父の透析の部屋とも違うし、入院病棟でもないので
知ってる顔もなく
静かに診察は終わったのであった。

空いてるのはいいことだ。
これから、ここに来ようかしら。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-07-29 22:40 | 日々のつぶやき | Comments(0)

7月28日(火)
c0134850_756265.jpg


結依が1週間ぶりに登園した静けさの中で
夏向きのしつらいを少し。
(出しただけだけど)

あまりにも涼しげな、清流を泳ぐあゆのモチ-フ。
感動のあまりの購入(私の手作り作品ではありません)。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-07-29 07:58 | 季節 のしつらい | Comments(2)

カオス(混沌)

7月27日(月)
孫の結依が、飛び火にかかって、登園禁止になったのは
先週の火曜日。
その間に、風邪をひいたのか、咳が気になった。
最初の小児科では、アレルギーではないか?と唐突なことを言われ
納得いかないし、咳は治らないし、で病院を変えた。
やはり・・・というか気管支炎?マイコプラズマ肺炎との診断をもらい
薬をもらった。
お陰で、咳は、影をひそめ、
気付けば、飛び火はすっかりなくなっていた。

それでも、結依はまだ家にいる。
ママ(娘)が休みをとったからである。

そんなわけで、家中すべてが混沌としている。
秩序が失われている。
そこに暑さも手伝って、うだるようである。

そういう状態は大層、疲れる。

明日からは、秩序を回復させよう。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-07-27 23:56 | 日々のつぶやき | Comments(2)

夏はコレで決まり!

7月26日(日)
暑い。
いよいよセミが鳴き、本格的な夏がやってきました。
究極に涼しいスタイルでないと、自分が納得できない。
1枚だけでOKなこと(重ね着はしない)・透けない・製作が簡単
など必要事項がたくさんある。
Tシャツ1枚で過ごすことができない体形になった哀しさだけど。

そこで私が選んだ簡単チュニック。
c0134850_73091.jpg

あまりにもシンプルな形だが、
大きくあいた襟ぐりをひもで、後ろで結ぶのがポイントになっている。
これからしつこく同じ形で製作するかもしれないが
とりあえず、1枚。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-07-26 23:55 | 手仕事日記 | Comments(0)

天守物語~泉鏡花~Ⅱ

7月25日(土)
c0134850_22304510.jpg

1昨日歌舞伎座の一幕見席で、立って2時間の舞台を見てきた。
その演目が「天守物語」

これは泉鏡花原作のもの。
姫路城の天守閣に住むという、幻の姫の物語を元に
泉鏡花が書き上げたものである。

実は、数年前、泉鏡花の故郷、金沢に行った折り、
難しい鏡花の世界を手っ取り早く知ろう・・・と思って、
鏡花の三部作(天守物語・海神別荘・夜叉ガ池)の漫画を買ってあった。
1度目を通していたが、全く覚えていない。とほほである・・・。
まず、それを読み、
次に図書館で借りた原作に目を通し、
歌舞伎座で買った、プログラムを熟読。
そして本番に臨んだ。

天守閣に住む妖怪?の姫(玉三郎)と
城の若者、姫川図書介の恋の物語である。

小説の世界をどのようにして、歌舞伎で演ずるのか。
それが楽しみで行ってみた。
4階から見下ろす、天守閣は、ちょっとヘンな感じである。
顔は、全くわからず、声と全体の舞台の様子を楽しんだ。

事前にこれほどストーリーを把握していけば
楽しみ方も、また違うのだなぁ・・・と
しにじみ思った次第。

玉三郎はほんとに美しかった。
何でなんだろう・・・・
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-07-25 22:44 | カルチャー | Comments(2)

7月24日(金)
泉鏡花の世界については、ゆっくり明日・変更ということで・・・

孫結依が、飛び火のために登園停止になってほぼ1週間。
どうせ自由がないのだから、こんな時こを、懸念の事項を解決してしまおう・・・
とばかりに、この1週間は、病院通いが続いた。

たいした症状ではないが
この数ヶ月、左肘に痛みを感じていた。
犬の散歩の時にその痛みを感じ、
最近では水の入ったコップなどが持ちにくい。
肘にひびでも入っているのではないか・・・と気になっていた。

水曜日、そこそこ大きい総合病院に行ってみた。
整形外科の受け付け番号は。、57だったが、
今の治療番号が25だった。
3才児を連れて、2時間も待てない・・・と
私はキャンセルして帰ってしまった。
わらながら、何てヤツなんだ、とは思っていたが。

木曜日、孫が、咳をしているのが気になるので
小児科に行った。
いつも行っている小児科が休診日だったので、
以前に予防注射で行った病院に行ってみた。
すると、診察科目に「整形外科」もあったので
ほんとについでに診てもらった。

レントゲンの結果、骨はとても立派で
「たぶん腱鞘炎でしょうということだった。
あ、そうか・・・腱鞘炎か・・・・
私は自分が知らない間に、肘にひびでも入っているのではないか・・・
と心配していた。

わかれば、急に心配が遠のいた。
ま、そんなもんでしょう・・・
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-07-24 23:56 | 日々のつぶやき | Comments(0)

天守物語~泉鏡花~Ⅰ

7月23日(木)
今月の中旬に、歌舞伎座で玉三郎演ずる「泉鏡花」の世界を知り、
急速に興味がわいてきた。
そこで、どうしても現在上演中の、「天守物語」を見たくて見たくて・・・・
本日、一幕見席で観劇してきた。

一幕見席とは、歌舞伎座だけにあるシステム。
私はつい先日、初めて知ったばかりだった。
当日チケット購入の立ち見席で、なんと1000円~1500円で見ることができる。
普通に見れば15000円ていどするものを。
その席も利用してみたくて、今日は、5時50分から7時過ぎまで並んだ。
7時から9時の上演だったので
合計3時間10分プラス帰りの電車1時間、ずっと立っていた。
4階にあるその席は、4階まで直通の階段で上がる。
(他の座席には入れないシステム)
座る席が30席ほどあって、あとはが2列分くらい、立ち見席になる。
階段状に急斜面にあるので、前の人の頭が全くなく、
開放的な感じするした。想像していたよりは見安かった。

想像では、立ったまま、人がうじゃうじゃいて、
なるべく前に行かないと、何も見えない・・・というものだったから。

この一幕見席で気に入ったのは、
これがどうしても見たい!という気合の入った人が見ていること。
始まる前の並びでも、ほとんどが、単独で来ていた。
(友達どおし、という人は少ない)

天守物語の内容については、明日、ということで。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-07-23 23:58 | カルチャー | Comments(0)

7月22日(水)
c0134850_22333423.jpg

週末2泊の留守の間、我がビーグル犬「かんな」は
妹の家に寄宿していた。

写真のゴールデンはトラちゃん。(たぶん)13才の♂。
すっかり落ち着いている2匹だが
最初出会った頃は、トラちゃんがかんなの匂いを嗅ぐ(かんなは♀)。
かんなが怒る。それが繰り返されて大騒ぎだったが、
今はすっかり群れ意識か、、2匹ともこのように過ごしていたらしい。

食べ物を求めて、あまりにも貪欲なビーグル犬に驚かれた様子。
人の家なのにやはり朝4時代から、寝室のドアをかりかりやって
ごはんを催促したとのこと。
あ~~~ほんとにアイツの食欲はどうなってるんだ。

我が家に戻って、その後。
散歩に行くと、必ず、妹の家に入ろうとする。
門をまず、カリカリ。
私が挨拶をして庭に入ると、今度は、玄関のドアを自分で開ける勢い。
ここは、君の家じゃないのよ。

いや、完全にアイツのテリトリーは広がったようだ。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2009-07-22 23:03 | ビーグル犬かんな | Comments(2)