<   2011年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

歩数計に縁薄い姉妹

7月31日(日)
2011年も半分を過ぎ、更に1ヶ月も過ぎ去ろうとしている!
慌しさに負けて、いい加減に2011年をやり過ごしてはいけないなぁ・・・

私がぼ~~っとしているのか、
そういう定めなのか
とほほなお話が続く。

私は歩くことが好きだが、歩数計をつけていると、長い歩きも楽しくなる。
ところが最近の私は歩数計との縁が薄い。

毎晩一緒に歩いているが、念願叶って手に入れた歩数計を
先日誤って、洗濯機で洗ってしまった。
ところが、死んでしまったと思った器械が、翌日、蘇ったという。
だいたい、歩数計を洗うって、どういうことよ。
でも、よく生き返ったものね・・・なぁんて話していた。

その日からほんの数日後、
よりによって、私も長年愛用していた歩数計を洗ってしまった!!
もちろん、歩数計は死んでしまった。
妹のように、生き返らないかなぁ・・・と念じたが、私のは、戻らなかった・・・

妹にも、早速報告した。
いいなぁ・・・あなたのは、生き返って。私のはダメだった・・・と。
ところが、妹の歩数計は、その後行方不明になっているというのだ。

なんて、歩数計に縁薄い姉妹なんだろう。

先日の旅行までに、どうしても歩数計が欲しくて、
それなりの値段のものを、買った。おしゃれなストライプ柄のヤツだ。
旅行中の大活躍は言うまでもない。

が、旅行から帰って2日後、
私はまた、歩数計を洗ってしまったのだ!
一晩中、柔軟剤につけておいたのだから、当然、絶命である。

歩数計に縁薄い私であることに間違いはない。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-31 14:02 | 日々のつぶやき | Comments(2)

7月30日(土)
3年前の夏、長い旅から帰ってみたら
愛犬、ビーグルかんなが、首ヘルニアになっていた。
その病名がわかるまでの苦難と、その治療の苦難は記憶に新しい。

今回の旅も、帰ってみたら
またかんなの調子がヘン。
やたらにかゆがっているのである。
その上、犬のベッドの上、私のベッドの上に、
わずかだが出血の跡がある。

まず、シャンプーに連れてゆくか?
それよりも、耳のただれかもしれない(耳の長い犬の持病?)から
動物病院が先か?
出血はたぶんお尻からだろう?なんだ^?なんだ?

気になりながら、帰宅の翌日は片付けなどに追われた。
理由が判明したのが、昨日のお昼ごろ。
耳の下あたりが皮膚病か、真っ赤にただれていたのだ。
すべての理由がわかった。

すぐに病院に連れて行った。
持病の耳のただれは、なかった。
顔の横(耳の下あたり)をの毛をバリカンで刈って
患部の処置をし、抗生物質を処方してもらった。
要点はこれだけだが、なかなか大騒ぎの治療で、
とうとうかんなは口輪をはめられた。
口輪をして小さくまとまったかんなの口と鼻は、
ブタさんのようで相当可愛かった。
本当は写真を撮って、ここに掲載したかったのだが
治療の真っ最中のあの緊張の中では
ひんしゅくものだったので、とてもできなかった。
(今でもあの写真があればなぁ・・・と後悔もある)

ぐうの音も出なくなったかんなは
超あわれな音を出し(声にもなっていない)
前足だけバタバタして抵抗したが
2人に抱え込まれて、治療は終了した。

いつものことながら、
私はかんなを押さえ込む作業で汗が出て、
飼い犬のバカ騒ぎで、冷や汗も滝のように流れ、
そこに犬の毛が飛び散ってくるので
散々な状態になる。
ぐったりである・・・・

もちろん、かんなもぐったり・・・

かんなは、何でも食べるので
錠剤でも、喜んで、食べる。
ここんとこが、かんなの一番いいところかなぁ・・・
抗生物質も大喜びで食べた。

患部は、絆創膏をはったりすることもできないので
(犬は、自分ではがして、食べてしまうこともあるらしい)
あとは、そのまま治るのを待つだけだ。

いろんなことが起きるなぁ・・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-30 10:24 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

旅の余韻

7月29日(金)
旅をして、長く留守をすると
雑用がたまり、その穴埋めをするのに忙しくなる。

でも、心の中は、その旅先のことへの思いがたくさん詰まっているので
何となく、余韻に浸っていたい。

そのジレンマといつも闘っている・・・
そして気付けばいつもの慌しい生活に浸りきっている自分。

今回の旅では、
八戸・青森・弘前・金木・五所川原といったところを訪ね歩いた。
私は20年ほど前、子どもたちが幼稚園生の時に、
2回に渡って、大掛かりな東北旅行をしていたので
今回で2回目だったのだ。

2回目であることをはっきり自覚して、
記憶もはっきりしていたところもたくさんあった。
しかし。
哀しいかな。
全く記憶のないところもたくさんあったのだ。
帰ってから、20年前の写真を見ていたら
まさしく、同じ場所で写真が撮られている。
私の脳のひだの中に、全く記憶されていなかったわけだ。

中には、歩きながら、記憶がよみがえったところもあった。
弘前の棟方志功記念館が、まさしく、その場所。

津軽といえば、太宰治の出身地で有名だが、
金木町の太宰修の生家は、10年ほど前まで旅館「斜陽館」だったが
今は、町が買い取って、解体復元し、記念館となっている。
私は、20年前に、斜陽館に泊っているのたので
ある意味、歴史的に貴重な?経験もしているわけだ・・・・
20年前は、東北は、まだまだ寂しいところだった。

竜飛岬の方に太宰治が泊ったことで有名な「奥谷旅館」というのがあった。
今は、これもまた、記念館になっているらしいが
その旅館は、雪見障子から、日本海が見え
暖房もコタツしかなく、
とてもうら寂しい風景だった。
いかにも、太宰治の小説の原点という雰囲気に満ちていた。

青森への旅も新幹線「はやぶさ」で快適。
ねぷた祭りの賑わいで、
青森のイメージもすっかり変った。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-29 11:31 | | Comments(0)

7月28日(木)
4泊5日の青森旅行を終えて、無事、帰還001.gif

ちと、疲れましたわ・・・・
5日間、5才の孫 ゆい を怒りっぱなし。
はぁ・・・・
大人の旅に、5才児を混ぜて、大人と同じ行動を取らせること自体が、
ちょっと無理なのはわかっていましたが。
5才児のわりには、よく、ついて来た、と褒めてあげたい。

彼女が一番楽しかったのは
日曜日、24日に訪問した、
八戸福音キリスト教会での時間だっただと思う。
小学生のお兄さん2人が、彼女を待っていてくれて
よく遊んでくれた。
礼拝後には、昼食会が持たれ、
ゆいは、メインのカレーは食べず、デザートの果物ばかり食べ続け
幸せに満ちていた。

青の森鉄道という、ローカル線の旅を楽しんだ時のこと。
八戸から浅虫温泉までの小1時間の旅。
大人は、ゆっくり、のんびりするつもりだった。
しかし、5才児は、最初から不機嫌だった。
いろいろな要求をしてきた。
そして、とうとう、「おしっこ漏れちゃう!」という
切り札の言葉が出てきた。
電車に乗る前にトイレに行っているので安心していたのに025.gif
たぶん?狂言とは思ったけれど
大きな声で騒ぐので、周りの人の耳にもその声が届いているはず。
おねしょ予防のために持ってきている紙オムツを履かせよう・・・
どこで履かせればいいの?
ローカル線は、1度降りたら、次、いつ来るかわからないし・・・

その時、目の前に座っていた、きれいなお姉さんが
駅でもないのに、降りるのか、どこかへ行ってしまった。
(困っているのに、その様子は目の端に入っていた)
そして、戻ってきた。
「あっちにトイレありますよ」

たった2両しかない、電車なのに、ちゃんと、トイレがあったのだ。
あ~~~ほんとに感謝感激!!

大人が3人(私と妹と姪)いても、ママが存在していない
不思議な組み合わせの4人組。
何だか、いろいろありましたなぁ・・・

青森の名産品。
青森の方にいただいたものやら、買ってきたものやら・・・
c0134850_94211100.jpg

  「こぎん刺し研究所」を訪ねた。掘り出し物。最後の1体、おひなさま
c0134850_9423237.jpg

       こぎん刺しの針さし
c0134850_9424198.jpg

   こぎん刺しのくるみボタン
c0134850_9425355.jpg

   南部鉄(八戸)の風鈴をいただいた
c0134850_943797.jpg








にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-28 09:49 | | Comments(0)

c0134850_11293522.jpg

c0134850_11293512.jpg

青森県五所川原市の立倭武多(たちねぷた)をご覧ください。

高さは20メートル以上。明治時代から盛んだったものが自然消滅したが、昭和の最後頃から復元され始めた。

20メートルのねぷたに合わせて、道路沿いの電線はいち早く地下に潜らせたそうた。

製作場所にもなっている立倭武多会館から…
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-27 11:29 | Comments(0)

c0134850_11332872.jpg

c0134850_11332869.jpg

弘前市の郊外にある盛美園を訪ねた。

この建物は明治期に建てられた和洋折衷のもの。

宮崎駿監督ご一行がこちらにやって来て、借りぐらしのアリエッティの家のモデルにしたらしい。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-26 11:33 | Comments(0)

弘前にいます

c0134850_17113498.jpg

c0134850_17113457.jpg

7月25日
弘前にいます。

弘前はレトロな街並みで有名

そのミニチュア版が公園にありました。
日本キリスト教団の弘前教会

聖公会会弘前昇天教会
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-25 17:11 | Comments(0)

八戸福音キリスト教会

c0134850_16272212.jpg

c0134850_16272297.jpg

c0134850_16272249.jpg

八戸福音キリスト教会の様子。私の製作したキルトが額の中に納められていた。嬉し、恥ずかし〜
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-24 16:27 | Comments(0)

珍道中

7月24日(日)
昨日の朝、東北新幹線「はやて」にて、八戸に到着。

その後八戸線に乗り換え太平洋沿いの風光明媚な海岸、種差海岸に行く。

この辺りも震災の被害はひどかったそうだが、人家があまりなかったせいか、今は美しい景観を取り戻している。

いつもは、夫の綿密な旅計画にのっかっている私だが、自分で行動すると、行き当たりばったり系なので、いろいろな珍事に遭遇する。

種差海岸の駅前のロッカーに預けて、海岸線を歩くつもりだった。

しかし種差海岸駅は無人。ロッカーどころの騒ぎではなかった…

大荷物を抱えて海岸を歩いたんだなぁ…
しかも帰りの電車は2時代の次が7時。震災の影響だそうだ。

そんなわけで、種差海岸の滞在時間はお昼ご飯を食べて終わった感じ。

夕方、訪問先の牧師夫妻と再会を果たし、楽しいひとときを過ごさせていただいた。

これから、八戸福音キリスト教会の礼拝に出席する。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-24 08:54 | Comments(0)

7月22日(金)
私は明日から、青森の旅へ行く。
(相変わらず、忙しい夏だ)

第1目的は、八戸福音キリスト教会訪問。
なぜ、八戸なのか・・・については以前のの私のブログ記事を読んでいただきたい。

私の製作したキルトが今、
信徒の方の手によって、八戸の教会堂で、額の中に納められている。
こんなに幸せなことがあるだろうか・・・

そんなご縁で、是非とも八戸を訪問したいと考えていた。
いよいよ実現である。

青森の十和田市では、姪(妹の娘)が学生生活を送っている。
彼女を訪ねることも旅の目的。

そういうわけで、
妹との姉妹2人旅・・・・では、なくて
孫のゆいも一緒に行く。
娘の仕事の関係で、ゆい連れとなった。

孫連れの旅(新幹線)は
楽しみでもあるが、心配ごともたっくさんである。
それでも、異常に喜び、楽しみにしている彼女である。
気に入らないことがあると、その場で座り込んで、動かなくなるアイツ。
とにかく。無事に旅の終わることを祈るばかり・・・


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2011-07-22 10:32 | | Comments(0)