<   2013年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

1月30日(水)
昨日の、頭の痛くなる話題から、
今日は、穏やかな話題に・・・(思い出すだけで頭が痛くなります)

私の友人の中には、
人生のわずかの接点なのに
ずっとつながっている人がいる。

私がもし死んでも、家族はその名前の人と私がどんな関係だったのか
全くわからないだろう。
そんな飛び地?のような関係だ。

3日間の講習会で一緒だっただけなのに、
ずっと交友が続いている福島県二本松の方

もう10年くらいも前に、数か月間だけ一緒にダンスを習った
愛知県豊川市の方・・・

やはり10年以上前に、たった1人で問合せしてきて
私にどうしてもミシンキルトを教えてほしいといらした
愛媛県伊予市の方・・・

20年以上前に1才にもならない双子を連れて歩いている時に
知り合った、同じ双子のママ友・・・

そのころ、子どもの月齢が同じという近所の方は、幼稚園前に引っ越してしまい、
お互い子どもが2歳までしか知らないママ友・・・

不思議だなぁ・・・

人生での接点が少ししかないのに、
手紙とか、電話だけで、ずっと知り合いなのだ。

今日は、昔一緒にダンスを習った豊川の友人から
電話があった。(あらかじめ、約束していた)
携帯の無料通話をつかって、1時間30分の会話!
何をそんなに話すのやら・・・会っていない分だけ会話が弾む!

不思議だなぁ・・・


今週の聖書の言葉

あなたが私の内臓を造り、
母の胎のうちで私を組み立てられたからです。
詩編139:13




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-01-31 00:09 | 日々のつぶやき | Comments(0)

大忙しの1年生

1月29日(火)
孫、ゆい。
小学生になったと思ったのもつかの間
もう3学期を迎えている。
そろそろ1年生も終わりだ・・・

1年生になってからいろいろな習い事をするようになって大忙し。
でも、小1のレベルでは、行くだけで精一杯、といくところ・・・

ピアノの練習をしない、
チアダンスの復習をしない・・・
と母と祖母は(娘と私)は、
気が変になりそうなほど気をもんでいる。

放置しても一向に構わないのだが
3月上旬にピアノ(エレクトーン)の発表会がある。
2月末と、3月中旬にチアダンスの発表会がある。

ピアノを始めたはずなのに、なぜかエレクトーンでの演奏になっている
グループレッスンのクラスでは
数人で1曲を完成させるので
ほんとに練習が必要だ。
それが、わかってるのか、わかってないのか・・・

毎晩・毎晩・・・怒鳴り声をあげなからの練習だ。
「キライになるから、優しく指導してあげて・・・」などというのはわかるが
もうすでに大嫌いだろう。
それでも発表会に参加することにしてしまったからには
この発表会だけは、曲を完成させなければ・・・

その日程の間をぬって
チアダンスの発表会の連絡があった。
そちらも、レッスンを覗いてみると
1人だけできていないことがある。
30人のちびっこをまとめている先生も大変。
見落とされているあの箇所が
気になってたまらない。
今日こそ帰ってきたら、猛練習させよう・・・

とは思うのに・・・
本人はテレビ漬けだ・・・

は~~~~033.gif
血圧が上がるとはこういうことだろう。
何でこの私が、こんなに混乱しているのだ。

達成感を感じてもらいたい。
ただその一念。


今週の聖書の言葉
あなたが私の内臓を造り、
母の胎のうちで私を組み立てられたからです。
詩編139:13




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-01-29 10:53 | 孫 ゆいちゃん | Comments(4)

今週の聖書の言葉

あなたが私の内臓を造り、
母の胎のうちで私を組み立てられたからです。
詩編139:13


ミヒャエル・エンデの書いた
「モモ」という小説をご存知ですか?
映画化されたりした、ファンタジーな冒険物語。
私は大人になってから読んで、
もう筋もほとんど覚えていないけれど、
こんな箇所だけ鮮明に覚えている。

主人公が壮大な冒険物語を読んでいると
ある箇所で捕らえられている人たちが
みんな本の読者だ・・・というくだりがある。
本を読んでいる人が、その世界に引きづり込まれてしまって
そこの囚われ人になっているのだ。

他人事だと思っていた、その世界に、
自分がずっと関わっていたなんて・・・

聖書にはそんな思いを何度もさせられる。

私が母の胎にいた時、私の内臓を組み立てたのは、神!?


宇宙的な難解さだし
う~~~~ん、どうでもいいかな・・・
とも思うけれど、
やはりこの言葉には力つけられる。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-01-28 10:31 | 聖書の言葉 | Comments(0)

1月27日(日)

昨日は、国立劇場での歌舞伎見物だった。

演目は「夢市男伊達競」(ゆめいちおとこだてくらべ)
c0134850_16321189.jpg


尾上菊五郎を中心とする「菊五郎劇団」が
お正月らしい華やかな演目を復活させたそうだ。

菊五郎の息子、尾上菊之助が
2mもある力士の約役と
美しきおやま、猫の化身の役をこなしていた。

エンターテイメントに徹して、最初から最後まで夢中で見ることができた。
今回はイヤホンガイドを借りたのも良かったかも。

菊五郎の奥さまで
菊之助のお母さんの富司純子さんが
受付にいらした。
しゅっとした素敵な着物姿だった。
思わず、目が合った!
うふふ・・・
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-01-27 16:24 | 歌舞伎 | Comments(0)

通好み?渋好み?

1月26日(土)
今日は着物を来て外出。
本日のコーディネート。

c0134850_7102791.jpg

椿柄の刺繍の名古屋帯
それに合わせて、びっくりするほど渋い
黒の鮫小紋を合わせてみた。

亡き母は、茶人であったので
無地の着物が多い。
鮫小紋というのは、細かい柄の小紋だが
遠目に見ると、無地に見える。
私から」するとあまりにハードルの高い
通?っぽい渋さだったので
究極に憧れつつ、出したことがなかった。

そうは思っても、
すべて私に所有権が移っているのだから、
勇気をもって、自由に着てみよう・・・

ということで。


今週の聖書の言葉
私は裸で母の胎から出て来た。
また、裸で私はかしこに帰ろう。
主は与え、主は取られる。
主の御名はほむべきかな。」
ヨブ記1:21




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-01-26 07:11 | 着物 | Comments(0)

1月25日(金)
昨日は、スマートフォンから投稿したのだが
慣れないのか、どんな落とし穴なのか
同じ記事が3回も投稿されてしまった。
3回の投稿を見ていた方、ごめんなさい。

昨日は、娘からプレゼントされたチケットだったので
最高のコースだった。
003.gif003.gif003.gif

足のマッサージ・足の手入れ・爪の手入れ・爪のカラーリング。
お蔭で足の裏は、生まれたての赤ちゃんのようにつるつる012.gif
いつまでこのつるつるは続くのかしら?
ひび割れたかがみ餅のようだった足には戻りたくないなぁ・・・
爪もエキゾチックな赤でピカピカしている。
失礼な、私の足の話題でした。


さてさて。

今年の制作のテーマのひとつに
和室仕様の、衝立(ついたて)に合わせて
テイストのステンドグラスキルトを、いくつか作ろうと思っている。
今取り組んでいるのは「結び熨斗の丸」というもの。
華やかな熨斗の柄が、紋の図案となっている。
お正月から桃の節句まで使えるだろう。

それに使用したのが
母の遺品の中にあった、七五三用の着地だ。
洗い張りに出してあって、戻ってきたものだ。
もう一度縫い直すと、七五三の着物として蘇るはず。

これは誰が着たものなのか・・・
全くわからない。
わからないまま、15年が過ぎた。

もう孫の七五三だって済んでしまった。
生地自体にもしみも出ている。
この着物地を縫いに出す日はあるのだろうか・・・

迷いに迷って、とうとう昨日、はさみを入れてしまった。
もう着物には戻れない。
とっても可愛い、華やかな柄。
布絵やら、お雛様の着物に使ってゆくには、
とっても多い。だって、着物1反分ですもの。

ちょっとした後悔と
自由になる着物1反分。

「結び熨斗の丸」はいい素材を使ったので
いいものになりそうだ・・・
037.gif037.gif037.gif




今週の聖書の言葉
私は裸で母の胎から出て来た。
また、裸で私はかしこに帰ろう。
主は与え、主は取られる。
主の御名はほむべきかな。」
ヨブ記1:21




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-01-25 12:09 | 手仕事日記 | Comments(2)

極楽、極楽

1月24日
娘からプレゼントされたネールサロンのチケット。今日サービスを受けてきた。
極楽、極楽。




今週の聖書の言葉
私は裸で母の胎から出て来た。
また、裸で私はかしこに帰ろう。
主は与え、主は取られる。
主の御名はほむべきかな。」
ヨブ記1:21




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-01-24 13:39 | 日々のつぶやき | Comments(0)

孤独な夜の暗闇で・・・

1月23日(水)
我が愛犬、ビーグルかんな
c0134850_10325019.jpg


我が家にもらわれて来てから11年。
ほぼ11年、私のベッドにもぐりこんで一緒に寝ている。
かんなは比較的、犬っぽく、本能的に生きているので
一緒に寝ると行っても、私の方にはお尻しか向けない。
顔と顔を合わせて、私の枕に顔を乗せる・・・・なんてことは絶対にない。

暗闇の布団の中で
重みと息遣いが聞こえてくるだけである。
何か、ヘン023.gifだけど。

昨日の夜寝しなに、かんなが私の足を舐めている。
可笑しいでしょう・・・
こんなことは時々ある。

その理由がわかったのは
あるペット雑誌の記事だった。
その記事の犬は尿素入りクリームの味が好きなのだそうだ。
生クリームじゃないのよ。手荒れ防止の保湿クリームよ。
私も尿素入りにこだわって、使用している。
足にそのクリームを塗って寝ているからなのだろう。

どんな顔で、私の足を舐めているのか・・・
見てみたいような気もするけれど
真っ暗だし、寒いし、眠いので
そのまま眠りに落ちてしまった。

孤独な夜の暗闇に
愛犬と一緒にいる・・・という
こんな気持ちを幸せと言っていいのだろうか・・・
いつまでも続かないこんな幸せに頼っていいのか・・・


写真は、14日の大雪のものでなく去年のもの。
娘が撮った大傑作。
雪を食べているかんな。






今週の聖書の言葉
私は裸で母の胎から出て来た。
また、裸で私はかしこに帰ろう。
主は与え、主は取られる。
主の御名はほむべきかな。」
ヨブ記1:21




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-01-23 10:48 | ビーグル犬かんな | Comments(2)

潔い ことば

1月22日(火)
今週の聖書の言葉
私は裸で母の胎から出て来た。
また、裸で私はかしこに帰ろう。
主は与え、主は取られる。
主の御名はほむべきかな。」
ヨブ記1:21


昨年製作した「流木の十字架」キルトの
きっかけとなった気仙沼第一聖書バプテスト教会。
その教会の牧師峰岸浩先生のメッセージが手元にある。

建てたばかりの礼拝堂と
牧師館(牧師の住まい)を一瞬にして津波で流された峰岸先生の思いが
この聖書の言葉にこめられている。

と、いうか峰岸先生はこう語られた。
「神はこの者(峰岸先生)に対して
この言葉を持ってすべてのものを喪失するというできごとに
対応して下さった」と。


そんな喪失を経験したことのない私が言うのも苦しいが
確かに人は1人で裸で生まれてきた。
死ぬことも1人だ。
人生の間に得たすべての物質は、必要ないのだ。

と、言うはたやすいが
恐ろし過ぎて考えられない。

ヨブの語ったこの言葉の潔さ。

心が苦しい。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-01-22 06:45 | 聖書の言葉 | Comments(0)

1月20日(日)
2013年最初の作品
「干支コラージュ」が完成。
c0134850_15381229.jpg



着物地の赤(江戸小紋など)をざくざくとつないで下地。
勘亭流の字で書かれた干支の12文字を
千社札風の枠に入れて、布に印刷してみた。
その字の表?の上に陶玉の干支(ビーズのような感じ)を留めつけた。

まわりの丸いのは、くるみぼたんの干支。
くるみぼたんの芯に、干支の布から丸く切り取って
縫い縮めたもの。

2、3年前に、陶玉の干支を見つけてから温めていた構想なのだが
最初は、ペーパーピーシングで、
干支の動物全部をデザインするつもりだった。
いくつか、デザインしてみたが
余りの困難さに断念。
次は干支の文字を、
ペーパーピーシングでデザインしようと思ったが
やはりデザインを始めて、断念。

勘亭流の干支文字を探すのに数日。
千社札風の素材を探すのに数日。
その他、毎年の年賀状用干支切手の図案を見つけ
多いに盛り上がり、
12年分の切手の図案を探すのに数日。
切手の図案の方は、布に印刷して
コラージュするだけになっていたのに、
どうもうまい感じが出なかったので、却下。

これでも、こんなに紆余曲折を経て
完成した。

う~~~ん。これが産みの苦しみだけど、
産んだところでどうなるのか?
完成度を高めよう・・・という向上心に何の意味があるのか・・・
わからないけど、やらずにいられない。


今週の聖書の言葉
安らかだと思っている者は
衰えている者をさげすみ、
足のよろめく者を押し倒す。
ヨブ記12:5




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-01-20 15:39 | 手仕事日記 | Comments(0)