<   2014年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ある犬の映像

1月31日(金)
先日、テレビで放映していた犬のことが忘れられない。
この数日、そのことが頭から離れない。
ブログ記事にするのも複雑だから、やめよう・・・と思うのに
そのこと以外考えられない。

福島の飯館村で
非難生活が続く方々。
避難先で犬が飼えないために、家に愛犬を置いたまま
週2回、1時間くらいかけて世話に通っているのだそうだ。

その生活の様子をカメラが追っていたのだが・・・

週2回お世話に行くのだから3日に1回くらいの割だろう。
犬は飼い主が行くと狂気乱舞する。
そして飼い主はゆっくりお散歩をさせてあげて
エサを山盛りにして帰ってゆく。
その生活が3年近いわけだ。

犬を飼っている者として
犬は、自分の置かれた場所で、健気に生きてゆくのを知っている。
外飼いで寒い中に寝ていようと、
つながれて自由がなかろうと、
他の犬を羨んだりせず、きっちり生きている。

しかし、その犬の留守番の様子を
ご丁寧にカメラが撮影していた。
山盛りのエサの減りが早く、犬がやせてきた・・・の原因は
ねずみだった。
エサが凍って食べられなくて、なめて一生懸命溶かしている図も見た。
雪の足元が寒くて、じっとしていられず、
震えながら、足を少しづつ動かしているのも見た。

そして何より忘れらないのは
3日間の別れがつらくて、
犬が別れの瞬間に物陰に隠れて出てこない、ということなのだ。

その映像が、ずっと頭から離れない。

・・・じゃぁそのために福島の犬の里親になるんですか?

そんなこともできない私は何も言う資格はない。

そのうち、怒りが襲ってきた。

何で避難先で犬を飼えないのだ???

我慢強い福島の方々だ・・・・




c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-31 07:33 | 日々のつぶやき | Comments(2)

訃報に想う

1月29日(水)
有名人の訃報が続いた。

サザエさんのお父さん磯野波平の声優だった
永井一郎さんが亡くなった。

寅さんの渥美清さんもそうだったが
国民的に余りにも馴染みで愛されているものは
永遠に続くような錯覚に囚われてしまう。
虚像の世界であることがわかりにくくなってしまう・・・・

あの波平さんが亡くなったのか・・・との思いで一杯になる。
以前(1999年)カツオ役の高橋和枝さんが亡くなった時に
葬儀で波平さんが(永井一郎さん)が
「こりゃ、カツオ。親より先に逝ってしまう奴がどこにおるか」
と弔辞を述べて、涙を誘ったというエピソードを
私は忘れられないでいた。
虚像の世界とはいえ
声優さん方のすばらしい働きに感動したが・・・

いつまでもどこまでもこのまま自分の命が続くであろう錯覚が
また1つ、砕かれた。

そして昨日は料理研究家小林カツ代さんの訃報もきいた。
私は小林カツ代さんが大好きだった。
あの暖かい人柄、楽しい語り、そして、わかりやすいお料理。
今でも1冊の料理本は私の必需品だ(とは言っても、もう覚えてしまっているけど)。
脳血管系の病で倒れらたことも知っていた。
闘病は9年だったそうだ。
息子さんの料理研究家「ケンタロウ」さんを見かけると
彼女を思い出し、どうされているのだろうか・・・と思い出していた。

私の遠縁で
大きな会社の社長をしていた方がいた。
彼は10年以上前に脳梗塞で倒れ
公から姿を消したが
肩書は残っていた(たぶん)。
公からも姿を消し、同族の前からも姿を消し、
どこかの施設にいたらしい。
その彼が昨年末、亡くなったと親族から聞いた。
その日日経新聞の片隅に発表があった。
人相も変わり、意識もない、1病人としての闘病の日々。
亡くなった時には、人々の記憶に一度は戻るものだなぁ・・・
せめてそれが生きてきた華やかな記憶・・・



c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-29 11:00 | 日々のつぶやき | Comments(0)

1月28日(火)
小2の孫ゆいの書き初めを
叱咤激励して書きあげさせた・・・という話の続き。

なんと、あの書き初めが金賞をとったのだ024.gif
c0134850_11172326.jpg


すごいじゃぁないですか!!





c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-28 11:19 | 孫 ゆいちゃん | Comments(0)

思い煩い

1月27日(月)
聖書の中に
あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。
一日の苦労は、その日一日だけで十分である。 

という有名な言葉がある。(マタイ6:7 口語訳)

思い煩う・・・・

焦らなくても、必要以上に考えを巡らさなくても
その日、その日のことをこなしてゆけばよいのだ。
何とすばらしい励ましの言葉なんだ!
今まで、この言葉でどれだけ助けられたことだろう・・・・

でも、結構私、思い煩うのだ。
ど~~~んと構えて、どうにかなるさ・・・って風に見えるであろう私。
多くの人を「大丈夫サ!」と励ましてきただが、
自分のことになると、結構思い煩いが多い。

小さなことだ。

今日ゴミ捨てに行く途中で
我が家の賃貸駐車場に、割れた大きな植木鉢とその植木がそのまま放置されていた。
一体何たることだ!!と憮然とした。
しかし落ち着いて考えてみたら
その場所を借りている人が、自分のゴミを取りあえずそこに置いてあるのだろう・・・
でも、もし違ったら、私が捨てざるを得ないのか?
いやいや、落ち着け、自分。忘れろ。

その他にもいろいろ。小さなことでも
自分的にひっかかると、それが解決するまで前へ進めない。
そして重い内容だったりすると
必ず胃にかすかに違和感を感じる。

前はこんなことなかった・・・

そんなわけで
自分の時間、作業の時間に集中できるまでに
なかなかたどり着けない。

う~~~ん008.gif









c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-27 14:09 | 日々のつぶやき | Comments(0)

1月25日(土)
c0134850_715049.jpg

行ってきました。
東京ドーム!

昨年はパスしたにしても
毎年毎年7,8年は行っているだろう、私。

今年は何と、宇都宮在住のキルト仲間Crazy lady quiltersのメンバーが
やって来るというので
わくわくして会場に行った。

相変わらずのすさまじいまでの中高年女性の数。
ベテランに入る?私は身軽に、人の波をぬって、歩き回った。

午後からメンバーと会う。
会場内を歩きながら、手短に近況報告などして
私は一足先に3時には会場をあとにした。

何と表現すればいいのだろう・・・
あれだけの凄まじいまでのエネルギーの中で
あまり多くの感動を得られなかった。
そのことについては、わかっている。
人生の持ち時間がそろそろ見えてきた年代。
作品を見ても、
「あ、いいな、自分もああいう作品を作ってみたい」という魂の高揚のようなものよりも
自分が今やっていることを完結させたい強い思いが圧倒的だ。
材料を買いこんで、買いこんで、わくわくする時も過ぎ去った。
しかも、毎年見ているから、
買ってあるのにお蔵入りしているものもある。
「あ、あれまだ買ったままだ・・・」と心の底で暗い気持ちになる。

それでも、心くらっと動いて、思わず買ってきたものが
「畳へり」
知っている人は知っている。
知らない人は、検討がつかない・・・畳へり。

畳のへりの素材が、今、バックなどの素材として使われている。
売り場の女性が、畳へりを使わない喪服の黒い帯に縫いつけて
お洒落な帯に変身させていた。
そのアイデアいただき!!!とばかりに即お買い上げ。

買いたいものがあって、喜ぶ・・・って老人の域?







c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-25 07:39 | 日々のつぶやき | Comments(4)

魔法のお鼻

1月22日(水)
今朝6時ころ、私が起きようとしている時
台所からバタバタいろいろな音がしてきた。

孫のゆいが、朝ごはんを作ってもらうべく
自分の希望する材料を、せっせと冷蔵庫から出していた音だった。
ママはまだ寝ているらしい。

彼女の希望のメニューは目玉焼きベーコン添え、パン、カップスープ・・・・
そんな材料が並んでいた。

ご希望ならば・・とその材料でそのまま作り始めた・・・・

ふと気づいたら、ビーグル犬かんなが冷蔵庫のドアを丁寧になめている。
いくらいやしい犬と言っても、何で・・・・・・?

ふと疑問に思ったので
「ゆいちゃん、なんかこぼした?」と聞くと、
完全に犯人の顔。すぐにわかった。
「何こぼしたの?」

「・・・・・・」
「何????」詰問したら答えた。

「たまご・・・・・」

あぁそうか・・・たまごか・・・

「何個割ったの?」

「1個」

1個くらいならま、いいか。
黙って自分で処理できるようになって、大したもんだ。
ゴミ箱をあけてみたら、大量のティッシュが捨てられていたが・・・・」

それにしてもビーグル犬の鼻は偉大だ。
どんな有機物の匂いも見逃さない。
今日も何も痕跡のない冷蔵庫の、匂いで事実を認めていた。

料理中、菜箸を落としても
使っている菜箸は飛んできてペロペロ舐めている。
使っていない分には見向きもいない。

たいしたもんです










c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-22 22:42 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

1月21日(火)
ブログお仲間でちりめん細工作家さんの
ちりめん細工講習会に参加した。

その講習会の会場が
とってもすてきな、不可思議な、魅力的な和風サロン「あいれ屋」だった。

c0134850_22225795.jpg
c0134850_22232160.jpg
c0134850_22235964.jpg

c0134850_22245547.jpg

そして驚くべきは
そのオーナーの女性がフラメンコの舞踏家なのだ!!
スペインのフラメンコと和のコラボは、不思議な感じがあったけれど
実際にお会いしてみると
何の違和感もなく融合しているのだ。

和のサロンを開いたことで
和の世界のおつきあいが、爆発的に広がったそうだ・・・

ちりめん細工作家の方
この和風サロンのオーナーの方
この方々から、和の世界のお裾分け、いただきましょうか・・・

今日の講習会で製作した椿袋。
布裁断済みキット。集中して今日一日で完成できた!!!
c0134850_22335492.jpg


c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-21 22:37 | 手仕事日記 | Comments(0)

1月20日(月)
c0134850_1037180.jpg
c0134850_10371058.jpg


かんなの首のお洒落に注目していただきたい。

首のマフラー?はゆいちゃんが作ったもの。
指編みだ。

金曜日、お友達の家で習ってきてから
いつも指には毛糸がからんでいて、指編みをしている。
まず、自分のマフラーを編んだらしい。

土曜日には、ママと100円ショップに行って
自分のための毛糸を買ってきた。
作るものがなくなったのか、日曜に相談を受けた。
何気に「かんなのマフラーでも作ってあげたら・・・」と言ったら、さぁ、大変。
目がきらり~~んと輝いた。

日曜午後、かんなのマフラーが2本できてきた。
そのうちの1本がこれ。

犬的には、ま、ちょっとうっとうしいけど、ま、どうでもいいか・・という様子。



c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-20 10:47 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

1月19日(土)
昨日、国立劇場に歌舞伎を見に行った。
演目は「三千両初春の駒曳」(さんぜんりょう はるの こまひき)
c0134850_724741.jpg


国立劇場は入口から随所に
はつはるにふさわしいお飾りがほどこされていた。
そして演目にも「初春」という言葉が入っているし
「駒曳」というのは馬を引く・・・ということで
今年の干支「午」がキーワードに随所に織り込まれている。

舞台があく前の幕にも
華やかな馬が一頭描かれていた。
実はそれはいつもの幕ではなく、演出として
馬のオブジェが吊り下げられていたらしい。
舞台が始まると同時に、その馬が光り、キラキラさせながら
天へ駆け上っていった。

巷ではすっかりお正月も過ぎ去り
いつもの慌ただしい日々に戻っていたが
まあ、歌舞伎の中では、初春いっぱいであった。

尾上菊五郎・尾上菊之助ほか、尾上一座が多数出演していたので
当然受付には富士純子さんが、いらしていた。
美しい。




c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-19 07:35 | 歌舞伎 | Comments(0)

目からうろこ商品

1月17日(金)
今朝は、夫と娘が偶然にも5時代に出勤するというので
真っ暗な中車で駅まで送った。

孫のゆいは7時に登校予定。
6時に自分で起きてきたので(エライでしょ)、
早々に朝ごはんを作って、7時に送り出した。

7時までには何となく家事もすすみ・・・
いい感じのスタートの本日。

朝ごはんにゆいの好きなゆでたまごを作った。

ゆでたまごの皮がつるってむけるのって、
当たり前のようだけど、
なかなか難しいでしょう??

私はコツを知ったので
最近は完璧。

卵を室温にしておく・・・OK
殻と内膜の間に空気を入れる・・・OK

室温に戻すのは王道だとしても、急な時には対応できない。
空気を入れるというのは、卵の底にプチっと穴をあければいいわけだが
私は殻をコツンとたたいてヒビを入れていたので
50%は殻が結構割れてしまい、ゆでている途中で白身が出てくる欠点があった。

そこで見つけたのが
たまごの底にプチっと穴をあける道具。
c0134850_98469.jpg


この道具のお蔭で絶対に失敗しない。
卵の殻をむくのが楽しくて、
孫と取り合いである。


c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-01-17 09:12 | 日々のつぶやき | Comments(2)