<   2014年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

一喜一憂

12/29(月)
トイレに入って一喜一憂している。

トイレ便座の暖房の調子が悪い。
余りに便利に日々過ごしていたため
便座が冷たい・・というのがどういうことか、
感覚的に忘れていた。

修理を依頼しようと意気込むが
意外に正常に働いていたりするから
様子見であるが。

2.3日ずっと大丈夫かと思うと
いきなり冷酷な冷たさになっている時もある。
今や、座る前に必ず手で触れて
暖かさの覚悟?シュミレーションをしてから座る。
だいたい、便座の暖房が切れていると
トイレに入った瞬間、何か冷酷な空気がしているものだ。

先日の旅行のホテルのトイレが凄かった!!
トイレに入ると、ふたが自動であき、
用を足し終わると、速やかに水が流れ、
トイレから出る時までにはふたがしまる。
ま、それくらいでは最近驚かない?が、
そのトイレでは、用を足してほっとするころに
音楽が流れる。
037.gif 037.gif
しかも音の種類は5種類くらいあった。
実に優雅だけど
自宅で、いちいち音楽がなっていては
夜もうるさいし、
急いでいる時に、妙にむかついて、きっと電源切ってしまうだろう。

あ~~~それでもいつも入るたびに暖かいトイレは嬉しかった。

年明けたら、修理を依頼しよう・・・






c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-29 10:12 | 日々のつぶやき | Comments(0)

12/28(日)
今日年賀状をすべて投函した。

もしかすると記録的早さかもしれない。
先週3泊の旅行があったので印刷はかなり早くやってしまった。
夫の分は宛名書きも印刷なので
夫は20日頃出してしまったかもしれない。

去年はなんと1月1日に年賀状を書き終えたひどさ。
コメントを書くこともほとんどできず、かなり反省。
反省をふまえて、今年は頑張ったわけ。

宛名を手書きすると
出した人、出さない人の確認とか
その人への思いなどが書いているうちに心に浮かぶ。
ま、これくらいは字を書かないとヤバイでしょう。

午後投函しに行って、家に戻ってきたら、
体中が熱い感じになり、すっかり疲れ果てていた自分がいた。
午後の大掃除?は取りやめて
ぼんやりの午後となってしまった。

想像以上に大仕事だったわけね。







c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-28 23:34 | 日々のつぶやき | Comments(0)

いぶしぎん

12/27(土)
いぶし銀・・・一見すると華やかさに欠けて見えるが、
実際はとても実力や味わい(魅力)がある人の比喩表現。

今日の話題は、いぶし銀のような味わいを持つ夫のこと??
017.gif 017.gif 017.gif 違います。
これです。
c0134850_14112819.jpg
これは何かと申しますと。
お手軽に燻製の作れる、土鍋なのであります。
名付けて・・・・「いぶしぎん」


c0134850_14114893.jpg


c0134850_14124087.jpg


中は2段になっています。
所用時間は30分ほど。
土鍋のふた部分を水でシールして燻すので
臭いが外に漏れない・・・というのがこのいぶしぎんの特長。
初めての今回は、ゆで卵・ソーセージ・蒸した牡蛎をいたしました。
かなり楽しくわいわいとした食事になりました。
お勧めよ~~~ん。



c0134850_040447.gif
草の花の/HPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-27 14:17 | 日々のつぶやき | Comments(4)

12/25(木)
夫が私に内緒で旅行を企画。

当日、改札口で乗車券を渡され、初めて行先を見た。
京都だった。

そうか・・・京都か・・・

新幹線に乗っている間、ずっと京都に行く自分をイメージしていたが
京都に着いたら、乗り換えた!!!

え!?
ここはどこ?
c0134850_23534271.jpg

c0134850_23535713.jpg


そう、奈良です。
奈良に3泊して、かなりいろいろ見てきました。


c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-25 23:55 | | Comments(1)

お疲れさま~~

12/20(土)
昨日、夫が現役を引退した。
c0134850_1511380.jpg

娘が奮闘して買ってきてくれたケーキ(ちょっと壊れてしまった)

あと、お赤飯を炊いてお祝いした。

華やかな送別会、心のこもった色紙、送別会のアルバムなど
会社の方が暖かく、送別して下さった感がある。
やれやれ、これでやっといなくなった・・・と思われていたとしても
それほどやっかい払いでもなく、
みなさんと暖かい交流があったらしいことが想像され、
私もうれしい。
送別の言葉などを全部読むと
家での彼の存在感と似たものがあって、面白い。
やっぱりね・・・会社でもそうなんだ・・・

お疲れさま~~

第2の人生、充実させてくださいまし。
本人次第ですけど。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-20 15:21 | 日々のつぶやき | Comments(0)

つわものどもが 夢の跡

12/16(火)
芭蕉の俳句に
「夏草や 兵(つわもの)どもが夢の跡」というのがある。

14日に行われた衆議院議員選挙において
自民党が圧勝したが、
その陰にあった敗者たちの物語を思い、胸が痛む。

そのひとつに
渡辺喜美さんの落選がある。
彼は2世議員で、その後援会の力は絶大で95%の得票率があったそうだ。
95%も得票できるから安心して自民党も飛び出し
新党を設立した。
しかし、みんなの党の解散・そして落選・・・・
テレビでは、選挙運動中みんなと握手を交わそうとしている彼が
そっぱを向かれて、茫然としている様子を見た。
まさか・まさか・・・こんな日が来るなんて・・・

でも、安倍晋三さんだって、
前回の総理大臣を途中棄権した時、
みんなにすっかり呆れられて、忘れられて
「まだ、議員辞職してないの?」なんて言われていた時
山口の選挙区の1軒1軒を訪ね歩いて、記念写真撮っていたものね・・・
山口在住のブロ友Nさんのブログに写っていたもの・・・
(ねっ、Nさん)
どれだけ悔しい日々を過ごしていたことだろう。
復活した安倍さんは、信じられないくらい強い。

東京オリンピックの誘致に成功した
猪瀬直樹さんも、あれよあれよという間に
公から姿を消した。
東京オリンピックの誘致の第1人者だったのに
すべてのことから葬り去られた感がある。
実は、最近私は猪瀬さんが書かれた本を読んだ。
「さようならと言ってなかった わが愛 わが罪」
彼はオリンピックの誘致が決まる直前に
奥様を亡くしていた、ということは聞いていた。
失うものが多過ぎた猪瀬さんはどうされているのだろう・・・と心底気になっていたからだ。

人は他人のことはわからないし
露出の多い人のことは、全く知らなくても、
何かのイメージで勝手にいろいろ判断してしまう。
その真実やいかに、ということだ。
露出が多く、栄光を多く手にしているだけ、
落ちることの厳しさよ・・・

夏草や 兵どもが夢の跡   か。




c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-16 15:34 | 日々のつぶやき | Comments(0)

12/15(月)
c0134850_1111277.jpg


去年同じ国立劇場で、この演目を見たことを
夫も私もすっかり忘れてチケットを取った。
2回目だから見るのをやめよう・・・という意味ではない。
情けないことに、忘れていた。
(私はこの名前に憶えがあったが、夫に聞いたら否定されたので
そのまま信じた)
我ら夫婦のレベルは二人三脚でこの程度だ。

しかしお芝居は、双六(すごろく)という意味合いなのか、
伊賀へ向かう道中に起きた違うエピソードを織り込んでいたので
本筋の「仇討」とう流は変わらなかったが
その他の話は新鮮だった(新鮮にわからないという意味?)

日本三大かたき討ちと言われるひとつだそうで
剣豪「荒木又衛門(あらきまたえもん)」の物語。
この名はご存知ではないですか?

しかし仇討もんは、江戸時代以前の建前社会、武士の価値観がわからないから
わかりにくい。感情移入しにくいですな・・・

仇討ちのために離縁した妻が、
子どもを連れて彼を追ってきた。
妻は寒さで行き倒れのような状態で夫 荒木又衛門
(名前は唐木政右衛門と変えてある)と敵方の前で出会う。
彼はスパイのように敵方の家に入り込んでいたので
その身分を隠すため自分の子ども(乳飲み子))を殺し
遺体を投げ捨てるのだ。
さすがに妻に対しては、敵かたに隠れて、介抱する。
ま、その様子が涙を誘う、1つの見せ場なんだけれども・・・

国立劇場に1日置きで通った、今年の12月。
来年は、新春草々「里見八犬伝」を見に行く。
私は里見八犬伝、詳しいですのよ・・・NHKの人形劇にはまった世代ですのよ・・・・













c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-15 11:34 | 歌舞伎 | Comments(0)

12/14(日)
なぜかこの12月、国立劇場にしげく通った。
11月に見に行った伽羅先代萩
の人形劇版「文楽」を見に行った。
c0134850_7203225.jpg


先日の歌舞伎は通し狂言だったけれど
人形の方は、2場面のピックアップだった。
太夫がずっと語って(歌って?)いるのだが
言葉が文字盤で表示されるし、実にわかりやすかった。
太夫の熱演(語りながらの大熱演)を見るのも楽しく、
人形たちの美しい姿も非常によかった。
ふむふむ・・・・人形浄瑠璃をこんなに楽しめたのは初めて。

2つ目の演目
「紙子仕立両面鑑(かみこじたて りょうめん  かがみ)」
は全く知らない話・・・その上、何の下調べもなし・・・だったが
上方の人情噺で
全くもって何の問題もなく、楽しくわかり易く、見ることができた。

人形浄瑠璃が自分に近づいてくれた感あり。
うれしいなぁ・・・

1日おいて、昨日は歌舞伎を見てきた。
この演目については明日。


c0134850_040447.gif
草の花の/HPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-14 07:28 | 歌舞伎 | Comments(0)

「はじめての布絵」

12/11(木)
私の所属している美術グループ「Bible &Art Ministry」のメンバーに
私以外に1人、布絵作家の方がいらっしゃる。

その方の作品と活躍は実にすばらしい。
そのことについては以前ブログでご紹介したことがある。

このたび2冊目の作品集を出版された。
c0134850_1425173.jpg


1冊目は自費出版だったが
今回は作り方の指南書、手芸本である。
1年に1回、定期展示会の時にお話しをするだけで
まだ人生においての接点は少ししかないが
その時の会話からいろいろなことを想像している。
広島在住で、広島ではちょっとした有名人。
各カルチャーセンターの講師もされているようだが(作家プロフィールから)
この間のお話では、デイサービスの施設で
お年寄にもお教えしているとのことだった。
お年寄りの喜ぶ顔がうれしくて
ついつい無理して、作り易いようにキットに手を加えたりするので
結構体がきつい・・・と。
たぶん今回の本は、そういう方を対象に作られたのだろうと思う。

c0134850_1432167.jpg

c0134850_14322638.jpg


本全体に流れる彼女の優しさが、伝わってきた。


私は人を羨むことと、後悔はしない・・・ことを信条に生きているが
本当のところ、この作者市川正美さんの活動は
私がしようと思っていたことの理想形だ。
羨ましい・・・・のかもしれない。

しかし、私は彼女の作品のすばらしさ、
生き方を知っていて
心から賛美しているから
彼女の活躍がうれしい。

実は彼女と2人で展示会をする約束をしている。
(きゃ~~~~~~恥ずかしくも告白してしまった)
まだ動き出していないが、
はっきり言って今のままで3は、私は彼女と肩を並べるレベルにない。

彼女の活躍に励まされて、頑張らないと。






c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-11 14:33 | カルチャー | Comments(0)

12/8(月)
先日、おでかけの帰りにスーパーで買い物した。
それはスーパーの駐車場を利用していたので
駐車場代を無料にしてもらうための買い物だ。

お米を買ったのでそれでOK・・・
だったのだけれど
立派な大根が93円で売っていたので
思わず衝動買いしてしまった。
その大根は長さ60センチくらい、太さ直径マックスで15センチはある
すばらしいものだ。

お出かけしていたので買い物バックもなく
他の衣料品の大きな買い物の袋を持ってた。

まずレジで
「大根とお米、同じくらいの重さありそうですよね」と声かけられた。
ほんとだ、大根5Kあるかしら?
思わず「93円に負けてしまったもので」と答えた。

次にパン屋さんでパン2斤を買う時も
あまりに大変そうだったのか
「大根、すごいですね」と声かけられ
買い物を手伝ってくれた。

お米と大根と
パン2斤と
衣料品の大きな袋。
手がちぎれそうだったけど、頑張った。
それも93円のせいね。

ちなみに家に戻って大根の重さを量ってみたら
意外にも2Kに過ぎなかった。








c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-08 20:25 | 日々のつぶやき | Comments(0)