<   2016年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

世界遺産への登録を待っている
長崎の教会群
登録は今年3月見送りになったのだが
再度の挑戦に向けて研究?がなされているところらしい。

そんな教会群への訪問を
数年前から行っている。
①長崎市内
②平戸
③外海
と数年をかけて3回に渡って足を運んだが
今回④回目として
長崎県五島列島の中の北側の方(地図で言うと上の方)を
5泊6日で訪問してきた。
これらの企画はクリスチャンの私でなく
夫が立てているものである。おもしろい。
長い時間をかけて練り上げた企画だけに
言われるままに行動し
5泊6日で新上五島町にある29の教会と1つの遺跡(洞窟)を
すべて訪問することができた。
レンタカーで島の道をあっちこっちと走り回り
400K近くを走った。
034.gif そう。運転はすべてわたくし。
教会はだいたいが島の海辺の集落の
小高い丘の上にあり、海の方を向いて建てられている。
リアス式のうねうねとした地形の中にポツンと集落と教会がある。
なぜこんなに教会があるのかと思うが
海を向いている漁業で生計を立てている集落は
隣の集落まで果てしなく遠く
各集落ごとに教会が立てられた・・・ということなのだろう。
隠れキリシタンの逃げ場として五島に信仰が持ち込まれたというのもある。
とにかく結論としては、道はくねくねと果てしなく遠かった。
こんな深い山を越えて、私はどこへ行くのだろう・・・と不安で一杯の
道を進むと、急に集落が開け、そこに教会がある・・・
そんな繰り返し。

どの教会もすべて開放されていた。
人っ子一人いない集落、そして教会の扉を開けると
そこには私たちを待っていたかのような
イエス・キリストと聖母マリアの像があった。
整然とした聖堂。
暗闇にステンドグラスが輝いている聖堂や、
明るくステンドグラスの色が教会堂に溢れている聖堂やら
信仰者たちが神の栄光をたたえるために
心を尽くして美しく整えられていた。
あちこちで借りたトイレも(洋式水洗トイレは基本ない)
どこも清潔に保たれていた。

世界遺産への登録を意識しているからか
いろいろ仕掛けもあり
巡礼手帳なるものがあった。
そこには教会でスタンプを押せるようになっている。
やっぱりスタンプラリーって楽しいもので
29と遺跡1つ、すべてスタンプを押すことができた。
すっごい達成感!

五島列島の南側の部分、福江島周辺には24の教会があるという。
⑤回目の挑戦は続く予定。

c0134850_831764.jpg

c0134850_8313560.jpg

c0134850_8315358.jpg









c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-05-29 08:22 | | Comments(0)

5泊6日の長き旅を終えて、
帰るところです。

長崎教会群に属するカトリックの教会が
島内に29。
それらをすべて訪問しました。

長崎まで高速船で1時間40分。

c0134850_10054149.jpg

さようなら~~新上五島
c0134850_10054674.jpg



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-05-27 09:40 | | Comments(0)

セピア色の思い出


整理していた両親の古い写真整理が
こんな形で終了している。
30穴A4フアィルの金具を購入し、
カルトナージュでフアィルを作った。
生地は紫色のモワレ。
表紙はパソコンでコラージユしてから
アイロン接着タイプの布(A4サイズ、コットン)に印刷し、表布に接着した。
写真はクラフト紙に写真用接着剤(セメダイン)で貼った。貼ると紙も固くなり、なかなかいい感じ。
それをA4クリアフアィルに入れた。
古いハガキは、A4クリアフアィルの
4ポケットタイプに入れた。

c0134850_14533502.jpg

c0134850_14533804.jpg
c0134850_14534038.jpg
c0134850_14534332.jpg
c0134850_14534674.jpg
c0134850_14534922.jpg

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-05-21 14:32 | 手仕事日記 | Comments(0)

昨日は
絵画展の前売り券と往復交通費を
ドブに捨てたお話をした。

ドブに捨てたつながりで
あることを思い出した。

全く私のエゴから起きたことで、
馬鹿げたお話であります。

何ヵ月か前、トイレのウォシュレットが
壊れ、新しいものに替えたため
トイレがちょっと新しくなった。
そこで新しくもたげたのが
機能的な新しいタイプの
ペーパーホルダーが欲しいという要求だ。
今はベーバーが2個、横に並び、
紙を切るのも
ピッときれいに切れる。
紙を切るところが、微妙にカーブしているのが秘訣らしい。
それが欲しくてたまらなくなった。

業者に頼もうかなぁ・・・
ちょうど我が家を建てたら工務店が
廃業したころだったので、
手軽に頼むところがない。

ぼんやりとおもいながらも諦めたり
忘れたりしていたが、
ネットで簡単に手にはいることがわかった。2000円もしないのだ。
とりあえずボチっとしてしまった。

現在のホルダーはネジ3個で留めてあるだけ。
新しいホルダーはさらに2個増えるだけ。
超簡単な作業と思っていたのが
大誤算だった。

壁の裏が空洞の場所だったらしく
一度ネジを外したら
穴はドンドン広がり
新しいホルダーももちろん
古いホルダーですら
元に戻らなくなってしまった。
その焦りと絶望・・・
いつも何気に使うホルダーがグラグラするって、凄いストレス。

この段階で夫から
「何やってんだ?」という質問を受けた。
情けない自分に打ちのめされていた私は
逆ギレすらした。
ほっといて・・・と私はその打開策に
明け暮れた。
夫はまだ余り体が自由ではなかったので
相談しても
作業ができないと思っていたからだ。

何日か後に出した打開策は
建具屋さんに依頼することだった。
電話帳で調べ、丁寧に依頼した。
電話の先の人は
「ネットで注文して困り果てる人多いんですよね・・」とのたまった。
私が申し訳ないと平身低頭でお願いしたら、
すぐに来て見積りしてくれた。
壁に板を打ち付け、その上にホルダーを
つけるということになった。

るるるる~と薔薇色の私。

大工さんの予定を待っている数日間。
夫が何やらごそごそしている。
全体的に苛ついていた私は
全く無視していた。
何をしてたのかと見れば
空洞の場所の裏側から補強して留めるネジを
作業箱から見つけ出し
古いホルダーの2個のネジを留めてあった。

あれ!?
直ってる。

翌日更にネジを買いに行き、
3個目のネジがつけられて
完全に復旧した。

全体的に苛ついていた私だか、
どこからどうみても復旧だ。
トイレットペーパーが何個つこうと
紙がどう切れようと
もう問題ではない。
ペーパーホルダーが機能してくれたら
それでいい。

新しいホルダーはもういい。
物置きにしまった。
馬鹿な私の証しみたいなものだ。

夫がそれでも遠慮がちに
「次壁紙でも張り替える時に
新しいホルダーに替えたらいいよ」と、
とっても優しい人みたいに言った。
今回は私の意味のない怒りに
圧倒されたのかな。

申し訳ありませんでした。









[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-05-20 13:02 | Comments(0)

320分!

昨日の23:00からのNHKのニュースで
ツィッターで一番つぶやかれたワードか
「若沖展」だと言っていた。

は、は~ん。

何、わかったフリしてるのって?

上野の東京都美術館で開催中の
「伊藤若沖展」が今凄いことになっている。
昨日は65才以上の方が無料という日だったために
320分待ちの行列だったそうだ。

と、語る私。
先日行って160分待ちに打ちのめされて
前売り券と上野までの往復費用を
ドブに捨てて帰った者なのだ。

私は今怒っている。

何に?
わからない。

伊藤若沖には興味があり
随分前にcoopのカタログで
簡単にポチっとやってあった。
いつから始まるんだ~?
と呑気に構えている間に
NHKの日曜美術館でやるわ、
特別番組でもやるわ、
民放でも特集やるわ、
ついでに再放送も何回もするわ・・・

気づけば50分待ちという情報入り、
慌てて、覚悟していったが
160分待ちで
尻尾を巻いて帰ってきた。
昨日はその倍、320分だとさ。

情けない自分。
だけどあんなに放送しなくても。

番組製作側は
誰もいない空間で
専門家による解説つきで
じっくり見ているのだ。
それを見たくて
160分待ったり、320分待ったり、
尋常じゃないでしょう。
3時間、5時間、立って順番待つのよ。
これだけ混めば会場の混雑だって
想像に堅くない。

次には東京都美術館に怒る。
何でそんなにチケット売るんだ!!!

待っている間に気分の悪くなる人も続出しているらしく、
職員か大きな声で
数時間立ったままですから覚悟して下さい、もいうようなことを
拡声器でずっと伝えていた。
FBでもそのごった返す様子の写真と
ともにお知らせされていた。
職員も大変なことだったろう。
ここまでしても、まだ来るのか・・と
思うだろう。

でもね。会期は24日まで。まだやってます。
来週火曜まで。
チケット私のところにあります。
覚悟して行く方あれば
連絡下さい。

今回の惨めな経験で、
私は尚一層人混みが嫌いになった。
話題のあるところとかには
絶対に近寄らない。


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-05-19 11:59 | Comments(0)

天の御国への凱旋

私が所属するキリスト教会の
最長老の女性の方が12日(木)亡くなった。大正10年生まれの95才。
(奇しくも、演出家蜷川幸雄さんと同じ日)
老衰の静かな死。

本日教会にて葬儀が行われた。
葬儀社がすべてをやってくれるけれども
教会員も葬儀の準備はいろいろ必要で
教会員は皆慣れている。

今回初めて、葬儀の奏楽を担当することになった。
昨日の礼拝の奏楽担当だったので
昨日礼拝後、午後からと、今日の午前中で練習して備えた。

無事に式は進行した。
奏楽で足を引っ張ることはなかった。

2013年から1人暮らしができなくなり
教会に来れなくなり
施設で静かに暮らされていた。
教会から届く冊子で、教会の動向もよくご存知、
具体的に私たちのことを祈っていてくださったそうだ。

天の御国への凱旋!!!

この言葉以外に見つからない。

あやかりたいけれど
死に方は自分では選べない。







c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-05-16 23:37 | 教会生活 | Comments(0)

薔薇の季節

c0134850_09523391.jpg
c0134850_09523823.jpg
c0134850_09524391.jpg
c0134850_09524837.jpg


ここは深川。
昨日の深川ギャザリア。

空の青さが素晴らしい。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-05-13 09:49 | 日々のつぶやき | Comments(0)

伊勢志摩サミット

5/26から
伊勢志摩サミットが賢島で行われるのは
周知のこと。

なぜここでサミットが話題なのか・・というと

今私は伊勢志摩にいる。
c0134850_14534617.jpg

サミットの会場となる
伊勢志摩観光ホテルベイスィート。

サミット前、閑古鳥のなくこのホテルから
割引の案内状が届いた。
それで夫の心が動き、この旅に至った次第。

近鉄賢島駅前から
警官の警備の目は鋭い。
ホテルへの道のり、ホテル内も
警察官だらけ。
今お茶しているホテルのティールームの端も警備されている。
のんびりお茶する人々の横には
気合いの入った面持ちで
立ちはだかっている警備官たち。
いいなぁ、なんて絶対思っていない顔つきだ。
みんな黒のスーツが結構決まっている。
カッコいい。

明後日5/8からは
賢島までの電車が不通になるそうだ。
(1つ手前まで止り)
ホテルの営業もやめて、
本格的な準備に入るのだろう。

同じ景色が
各国の要人と共有されるのだ。
うふふ。
c0134850_14540635.jpg
c0134850_14543301.jpg


我々、さっさと退散しましょう。



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-05-06 13:31 | | Comments(0)

あれから50年!

この数日、
そこにある写真、手紙
その主人公たちが
ほとんどが鬼籍に入っている・・という
セピア色の世界に入り込んでいる。
気付けば昨日は祖父の命日だった。
51年前の5/4 76才没。
明治生まれの気骨ある人だった。
祖父が亡くなって50年が経過しているなんて・・
50年005.gif
余りの数字に驚き果てて、何度も計算したが
やっぱり50年。

没後50年に、期せずして、
祖父を思い出し、近い気持ちを
持つことになった。
写真の整理、手紙の整理、
もうすぐで片付くかな。





巷はゴールデンウィーク。
混雑を嫌い、こんな時期は静かに家にいる、
と思いきや、
5月の風に誘われていろいろ出かけています。
今は新幹線の中。

また、レポートなど?
お送りできるか・な。



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-05-05 07:36 | 日々のつぶやき | Comments(0)