<   2016年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ゴスペルとは!

私はクリスチャンで
プロテスタントの教会に所属している。
私の教会では、礼拝の時、リードオルガンの伴奏で、讃美歌を歌っている。

讚美歌というのはクリスマスに聞く
「きよしこの夜」とか、結婚式の時に聞く
「いつくしみ深き」とかしっとりした曲が多く
神さまを褒め称える歌のことである。
古いヨーロッパからの伝承の音楽なども
多く含まれている。

転じてゴスペルとは、アメリカの奴隷だった黒人から発祥したキリスト教プロテスタント系の宗教音楽。ゴスペルは英語で福音および福音書の意。日本ではゴスペラーズの活躍などによりアカペラの歌をゴスペルと解釈するむきもあるようだが、ちょっと意味が違う?
天使にラブソングという映画によってゴスペルは日本でも大人気になったが
天使にラブソングを、で歌ったのだけを
ゴスペルで歌っているわけてはない。
神を讚美する音楽なのである。

しっとりとしたヨーロッパ系の讃美歌てあろうと黒人発祥のゴスペルであろうと
神を讚美する音楽に貴賎はない。

そんなことから
私はかねてから
どうしてもゴスペルが歌ってみたかった。
私の教会では、そこまでリードしてくれる人が
いないので
どこかで修行?してみたかった。

そこで2年前に出会った
柏オールソウルス・ゴスペルクワイヤ(KSGC)は

リーダーの
葛葉美奈子さん
信仰に堅く立って
ゴスペルチームを率いていることが明確な
チームだった。

練習は祈りから始まり、祈りで終わる。

そして魔法のように
アレンジをバンバンしてくれる
ピアニストと
ドラマーがいる。生バンドなんである。

葛葉さんが
音は全部歌って教えてくれる。
楽譜がない。
そこに私はびっくり仰天!!

楽譜なしで歌うなんてあり!??

しかし耳で覚えるから
みんなあっという間にハモりまでできる。
歌わせる力が半端ない。

葛葉さんのディレクションの下に
どんどん転調はするわ、
繰り返し、など曲の構成も
自由自在に変化してゆく。

いやぁ、びっくり👀‼

讃美歌における日本の歌詞とも違う
ゴスペルの英語の歌詞。
もっとシンプル、単純、直接的。

讃美歌も素敵だし、
ゴスペルもいい。
貴賎はない、ということですな・・・
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-11-25 23:21 | 教会生活 | Comments(0)

認知症予防のために

昨日ゴスペルコンサートが行われた。
無事に終えたし、燃焼したので本日虚脱。

さて。
え~~~歌も歌うの!?
と呆れた方も多くおられましょう。

とにかく。
私はあちこちに頭突っ込む的な
自分が大嫌いである。
ひとつのことに集中したいはずなのに
結局いろんなことをしている。

で。

人生終わるまでにどうしてもやりたいことに
ゴスペルを歌う・・というのがあった。
何度も思ったが、頭から払拭してきた。
それが2年前、ぴったりのグループに出会ってしまった。
活動拠点が我が町近辺。
指導者が素晴らしい。
練習参加も可能。
でも、踏み出すのはやめていた。

夫の病などもあり、
かなりその気持ちも遠のいていたが、
人生の先だって見えている。
もったいぶっている場合じゃない、か。
と今年の夏、いろいろな条件が重なって
今日しかない、という日に
お試しレッスンに申し込んでみた。


その時の、様子はまた後日として。
結局、その日からゴスペルを歌っている。

言い訳しながらも「いろいろなことに頭突っ込む自分」嫌悪感は続いていたが
ある日「目から鱗」情報がもたらされた。

所属しているコミュニティが2つまでの人と
3つ以上の人は認知症になる度合いが
圧倒的に違うのだそうた。
各コミュニティでの関係に
頭がかなり働くらしい。

これだ。

私は雀躍歓喜した。
いろいろなことに頭突っ込んでいる➡➡
すなわち多くのコミュニティに属している、と解釈していいのだ、と。

私がいくつのコミュニティに属しているか、数えることはしないけど。

みなさ~~ん
認知症予防のため、いろいろなコミュニティに属して、頭フル回転させましょう!


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-11-24 16:22 | 日々のつぶやき | Comments(0)

唐突ですが、歌います

今朝の地震には、驚きました。
被害など最小でありますように。

で、唐突ですが、
説明省きお知らせです。
明日、歌います、私は。
かなりいいです!
お近くの方どうぞ!
我孫子駅前スーパー
イトーヨーカ堂のエントランスで。
c0134850_10125887.jpg

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-11-22 10:10 | カルチャー | Comments(0)

11月に入って喪中の葉書が届くようになったが、
私のところに届いたのはもっとびっくりの知らせ。
父の弟が8月に亡くなっていたという
お知らせの手紙である。
今年の春、その叔父の配偶者、義理の叔母の
1周忌に、招待されていた家なので、
実の叔父の葬儀が知らない間に済んでいたというのはかなり変だ。
私はクリスチャンだし!そんなことこだわらないし、どうでもいいけど、やっぱり変なものは変。

私は両親が比較的早く亡くなり、
母の時も父の時も
まだ元気なおじ、おばがみんな葬儀に参列。
だから葬儀がある意味
親族の唯一の交流場所になっていた。

それなのに・・
その後はこのように亡くなったことすら知らされなかったことばかり経験している。
母の弟(叔父)も知らない間に亡くなっていた。
これは風の便りに聞いた情報だ。
母の妹の配偶者(義理の叔父)もたまたま私が電話して亡くなっていたことを聞いた。
母ととても仲の良かった妹(叔母)は存命だが、
心が弱っていて
刺激の強い関係の人(私とか妹とか・・)とは会えない・・と従兄弟から言われた。
母が亡くなって18年経つが
母のことを叔母と一杯話したい、と思っていたのに結局叶わない。

話が少し変わるが、
その昔、両親が健在だった頃、
親族間でいろいろなドラマがあった。
そして権力のある親族との
親戚付き合いで
母はどれほど神経を使い、
傷つき、苦しんでいたかを
私たちは子どもながらに知っていた。
母の気苦労は、私たちにもそのまま染み付いていた。

両親が亡くなり、その関係は
次第に薄まっていった。
私も大人になり自分の価値観で
物を見るようになってきた。

そして気づいてみると
あれだけ母が恐れた人々、
ある人は認知症になり

ある人は脳梗塞で10年ほど寝たきりになり
いつの間にか親族も知らないところに
引っ越していて
亡くなった時、新聞記事で知った。

父が守ってきた代々の墓というものも
父がクリスチャンになり
新しいお墓を作って亡くなってしまった後、
意外に簡単に縁切りできた。
親族各戸に挨拶に行ったが
呆気ないほど反対はなかった。


母に言いたい。
つわものどもが夢の跡?
みんな結局、命あるただの人間なのよ、と。

同じように
自分の回りを見回して、
つまらないしがらみやら、
勝手に怯えて、恐れているような関係があれば
しなやかに、強くならなければいけないなぁ、と思う。




[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-11-21 10:57 | 日々のつぶやき | Comments(0)

心が奮い立つ

昨年「Know No Limit」
(回復に限界はない)
というイベントに参加した。

そして今日2016 Know No Limitが開催された。
昨年の記事

脊椎損傷患者による
歩行披露イベント。
去年は初めての体験でかなりな衝撃だったが
今年も新鮮に衝撃を受け、
度々感動の涙を流し、
感動の余韻に、浸っている。

夫は今年も参加しなかったが
(理由はへそ曲がり)
激しい声援と
ロビー活動?に精力的に動き回っていた。

怪我、事故、夫のような急な病(脊髄梗塞という聞きなれない病)等、あっという間のことで一生歩けません・・という告知。呆然自失して次第に現実を知り、絶望し、その中から
J Work outというトレーニングジムの存在を知って、光を見つけていく・・という
参加者すべてのドラマがある。

心のバリアフリーという言葉もあった。
障害者に関わらず
すべての人とが持つ心のバリアフリーから
開放されたい云々の話も
心に響く。

彼らだけが
限界を作らず歩み続けるのを
傍観するわけにはいかないなぁ。

なんかわからないけど、
頑張ろう!
心が奮い立っている。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-11-20 17:41 | 日々のつぶやき | Comments(0)

オープンチャーチ

c0134850_00030423.jpg


明日、教会で
ミニ展示会、喫茶室、ワークショップなど
します。

皆さん教会に来て下さい、という意図の
オープンチャーチ!

ワークショップでバックチャーム作ります。
500円
リバティ布です。
ブルーと赤バージョンあり。
私のストック、大放出!!

c0134850_00052586.jpg



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-11-18 23:59 | 日々のつぶやき | Comments(0)

厳かに完成

c0134850_13042337.jpg

今朝厳かに完成しました。
「厳かに」です。

これは完成までに16年を要しています。
この日が来るとは・・・
感無量です。

忘れもしない16年前1月
双子のこどもたちが高校受験に向かったその日
を待って、私は膝の半月板手術のため
入院しました。

こどもの受験があるため、なかなか踏み切れなかった手術。
待ちに待っての手術でした。

整形外科の手術、入院のため
私はある意味、るんるん。
以前からしたかったクロスステッチに
挑戦するため
前日までに手芸屋さんで
すべての刺繍糸を買い込み
入院に臨んだのでありました。

入院中、朝から晩まで許される限り
ひたすらチクチク。
入院中にこどもたちの入試の結果も聞きました。

1ヶ月近い入院でほぼ3分の2まで刺しました。

ところが。
帰宅直後からの怒涛のような日々。
刺繍の箱を開けることなく
10年以上の日々が過ぎていったのでした。

再びふたを開けたのは
昨年。
夫のトレーニングジムの付き添いで
刺繍を仕上げてしまおうという気持ちから。

しかし慣れない刺繍はなかなか進まず、
再開の日からも2年以上が経過。

とうとう、今朝、完成です。
感無量。
そして感涙。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-11-17 13:03 | 手仕事日記 | Comments(0)

すごいね⤴⤴

くそ頑張る?夫は、
先日11/4
埼玉県東松山市のスリーデイウォークラリー
に参加。

10K完歩しました。
すごいね⤴⤴

c0134850_13491394.jpg

c0134850_13491665.jpg



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-11-10 13:45 | 日々のつぶやき | Comments(0)

16才になりました

c0134850_15485040.jpg

我が愛犬かんな(♀)は16才の誕生日を
迎えました。

保護犬だっため、誕生日もわからず
我が家に来た日、推定1才ということで
その日を誕生日にしました。
ともに暮らして15年。
16才という高齢に驚きと感動を覚えつつ・・
初めて誕生ケーキで記念写真撮りました。

が。
加齢とともに、頑固で言うこと聞かず、
今では、お座りも待てもできなくなり
待てを繰り返すと、吠え出す始末。

この写真撮影、ほんと大変でした。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-11-07 12:11 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

B&A展示会の様子を少し

c0134850_17324873.jpg

c0134850_17325076.jpg

c0134850_17325341.jpg

c0134850_17325534.jpg

c0134850_17325865.jpg

c0134850_17330091.jpg

広島在住の布絵作家
さんの
c0134850_17330308.jpg

c0134850_17330502.jpg

人形作家さんの
c0134850_17330826.jpg

鳥の姿をフェルトでつくる
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2016-11-03 17:25 | カルチャー | Comments(0)