<   2017年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

3ヶ月に1度のお楽しみ

3ヶ月に1度のお楽しみ。
カラになったフードの袋に入り込んで
徹底的になめ回します。かんな16才。
c0134850_08244063.jpg


c0134850_08244275.jpg


c0134850_08244375.jpg


c0134850_08244557.jpg

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-03-31 08:22 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

スラブ叙事詩

c0134850_11184231.jpg

c0134850_11185072.jpg

c0134850_11185750.jpg

c0134850_11190589.jpg

国立新美術館で開催中の
ミュシャ展スラブ叙事詩を
見てきた。

ミュシャはパリで
女優サラ・ベルナールのボスター絵で有名。
アールヌーボーの代表的な画家でもあるが、
このスラブ叙事詩は
今まで触れてきたミュシャとは全く違った。

祖国、スラブの歴史を
巨大な絵20枚で表現。

キリスト以前のスラブ民族としての文化から
ローマに支配され
キリスト教国になり
ローマからの独立を経て
それでもまだ不遇のドラマが続いてゆく。

壮大
はかなさ
悲しさ
栄光

スラブの歴史を全く知らない者であるが
そんなことを感じる。

アールヌーボーのポスター絵とは異なるけれど、色彩はあくまでミュシャ。

入場待ちの列も
チケット購入の列もなかった。
さすがに会場内は混んでいたけれど
なんと。
絵が大き過ぎて
みんなが遠くから見るため
絵の前ががらがら。
中央部だけ混んでいるので
絵がよく見れた。

ショッブでは
スラブ叙事詩20枚が1枚に全部プリントされているA4クリアファイル購入。

写真は1ヶ所撮影可能フロアがあり
撮影したもの


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-03-30 10:58 | カルチャー | Comments(0)

桜を待つ

桜の開花があってからの
この寒さ。
今年は桜が楽しめそうです。

クリスマスもお雛様も
待っている時が楽しい。
そうだ、桜を待つ間に
桜を作ろう・・
とばかりに
桜の関連のキットを
ごそごそ出してきて
ただ今製作中。

早く、早く。
桜を待つこのわくわく感の間に。

キット3個有り。ひとつめ完成
[#IMAGE|c0134850_14460875.jpg|201703/27/50/|mid|530|530#
c0134850_14465964.jpg


フェリシモキットで
日本刺繍のブローチ。

現在ふたつめ取り組んでおります。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-03-27 14:38 | 手仕事日記 | Comments(0)

Bigな再会

先日、かなり感動的なBigな人物との
再会を果たした。
20年振りくらいなのだが
関係性において、かなり畏れ多く
かなり遠方に住む方で
初めて一対一でお会いしたのだ。

それは私に初めてダンスの面白さを
教えてくれた憧れの先生。
追っかけしたいくらい、素敵なインストラクターだった。現に追っかけしているメンバーさんもいた。

1994年頃?愛媛県松山市のスポーツクラブでのこと。それまでエアロビクスにはまっていたが
その先生のエアロは他と違い
私にとって群を抜いた面白さだった。

そのエアロクラスに没頭しきって
そしてわかったことは
その先生はダンサーだったのだ。
ダンスの要素の多いエアロだったのだ。
そして更にわかったことが
先生は真美健康体操という団体の
インストラクターをされているということ。
大きな団体で健康のため
取り組みやすい振付けのダンスを
定期的にインストラクターに伝え
インストラクターが自分の教室で教えるというシステムだった。

我慢しきれなくなった私は
真美健康体操も始めた。
憧れのその先生は
松山から離れた所にお住まいだったので
教室には通えず、
松山の真美健康体操の教室に通った。


そしてあろうことか
数年後真美健康体操のインストラクターまで
挑戦したのだ。
インストラクター試験のため
憧れのあの先生のご自宅レッスンスタジオまで定期的に通うことになった。

そしてめでたくインストラクター合格。
憧れのの先生と畏れ多くもお仲間になったのだ!!

月に1回はインストラクター講習会でお会いしていた。インストラクターなんて器じゃない私だったが数年はしがみついて頑張った。
その後家族のこととか、いろいろあり
松山から離れた宇和島(愛媛県でも九州寄り)方面の活動がきつくて真美健康体操を離れた。先生にお会いする機会はそれでなくなってしまった。

先生はメチャメチャ若くてかっこいいのだけれど、実は私よりたった2才だけ下。しかも若い時に結婚し、お子さんもいらした。若い時の出産だったのでお子さんも大きかった。驚愕の事実だった。

ところが更にびっくりなのが
当時30代、先生は12年振りの妊娠だ!と大盛り上がり。初めての女の子を出産された。

びっくりは止まらない。
翌年、年子で再び妊娠され男の子が生まれた。恐るべし、4人の子持ちダンサーだ。

私はその頃でご縁が切れていた。

それから20数年。
FBで宇和島の知人を通して
その先生のお名前発見。
お友だち申請して繋がりが復活。
20年の年を経ても
オーラ変わらず、美魔女だ。

先生の記事によく出てくる、
セクシーで美人なラテンのダンサーが
どうも、どうもあの時生まれた女のお子さんらしいのだ。

いやもう、ほんとにびっくり。
東京でサルサのダンサーをされているらしい

そうしたら今度は彼女の結婚!
お相手はラテンの血の入ったペアの男性。
今度は出産!
びっくりされっぱなし。

そんなところに
先生から会いましょう!とお誘いが。

そんな次第でBigな再会が実現したわけです。

先生は4人のお子さん、6人のお孫さんのために仕事を整理し、東京で過ごされていた。そしてお嬢さん夫妻のサルサレッスンで新しいダンスの世界挑戦されてました。

長くなりましたが、豊かで暖ったかで、それでいてクールな方のお話、最後まで聞いていただきありがとうございました。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-03-25 12:49 | 日々のつぶやき | Comments(0)

嗚呼、癖になりそう

1年ほど前、隣の柏市に超大型ショッピングモールができた。
そのために同じく柏市内にあった老舗の百貨店がほぼ40年の歴史を閉じて閉店してしまったほどだ。資本の都合でその大型ショッピングモールに百貨店は吸収された形だ。
同じく我が街にあった⚪ニクロもそこに吸収される形で閉店だ。

近隣の国道はそのために混雑しているし、
私はかなり怒り心頭だった。

ところが呆れ果てたことに
小5の孫が友達と一緒に
知らない間にそのモールのバスに乗って
ショッピングモールで豪遊??していた。
ま、それは帰ってすぐに報告はあったし、
ま、仕方ないでしょう、という心に。
実際、振替休日など地元の小学生で
そのモールは賑わっているんだと。
友達と映画など見にゆくと、他の友達にも
たくさん会ったと興奮していた。

怒りはあるがそうは言っても
車で30分以上はかかる他のモールに比べて
そこはかなり近いとの情報が寄せられ、
私もついに行ってみた。

映画のレイトショーだ。

家事も全部済ませ、
いつもウォーキングに行く時間頃
車で出発。
所要時間は10分くらい。
ガラ空きの映画館だし
モールで開いているのも、ゲームセンターくらい。道も裏道てあるし、当然がら空き。

行ったのが水曜日だったのでレディデイで
1100円だった。

ミニヨンズのあの映像?
Singを見てきた。
登場人物が全部動物。
それがガチで素晴らしく歌うし、踊る。
ロジータっていう子ども25匹いる
専業主婦のブタさんが
素晴らしい歌声と
華麗な踊り披露してくれて
私の目指すところはロジータよ!って
心奮い立たせて帰ってきた。

観客、夜遅いせいかみんな静かだったけど、
余りの可笑しさと楽しさに
私は口を押さえても笑いが漏れてしまった。

嗚呼、癖になりそう。
レイトショー映画。




[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-03-24 10:11 | カルチャー | Comments(0)

横浜を10K歩く

昨年秋に続き、夫とともに
またまたやってきました、ウォークラリー。

今回は横浜のウォークラリーの参加でした。
本日はお日柄もよく、
春の日差しに満ちた心地良いお外でした。
最も花粉症でない私なもので・・・
(花粉症の方ごめんなさい)

スタートは馬車道駅。

c0134850_16385279.jpg

みなとみらいの建物を見ながら。

c0134850_16385915.jpg

第1ポイントは野毛山公園

c0134850_00082498.jpg

中華街の門を横目に通り過ぎ・・

伊勢崎町を通り

元町を抜けて

山の手に
c0134850_00082784.jpg


c0134850_00082477.jpg

海の見える公園

そして横浜パークタワー
が第2ポイント
c0134850_00083088.jpg

これは何の建物?
旧県庁かしら?

c0134850_00082667.jpg

赤煉瓦倉庫

そして
カップヌードルミュージアムが
第3ポイント

そして最後に
c0134850_00083267.jpg

みなとみらいの遊園地に戻り
ゴールはスタートと同じ馬車道駅。

夫はスタスタ歩いていたものの
横浜のアップダウンの地形に疲れ果てて
10K完歩。
ゴールで預けていた車椅子に座り込み
後は大人しい人になっていました。




[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-03-20 16:34 | 日々のつぶやき | Comments(0)

ねぇ聞いて~2

右眉の下に
小さなシミをみっけ。

前髪で隠れるし、
小さいし、気にしない、っと。

ところが妹やら姪が
え~~すごい目立つ。こりや大変、とのたまう。

自分の顔だから見えないのよね。

で。
先日皮膚科に行ったときに
訊ねてみた。
このシミはレーザーで取れます。
一ヶ所15000円です、
10日間くらいかかる、とのこと。

15000円の使い方としては
納得いくのだろうか。
悩んでみる。

答えを出すまで
1200円也のシミをなくすクリームを
試している。
ぬり薬てなくなるにこしたことはないもの。




[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-03-18 23:59 | ねぇ聞いて~~ | Comments(0)

脳みそ使わねば

c0134850_09025739.jpg

3/11(土)3/12(日)
東日本大震災を覚えて復興を願うチャリティーイベントが地元で行われていた。
そのイベントに私の所属する
KSGC(柏オールソウルズゴスペルクヮイア)が
参加。2日間のラストステージを飾った。
ディレクター(リーダー・指揮)の葛葉美奈子さんが盛り上げるのが上手な方で
聴衆を上手に巻き込んでの
未来への希望に満ちたものになった。

月2回の練習で後は自主連。
レッスンはすべて録音する。

私が初体験していることは
歌詞を覚えるということである。
楽譜なしで最初から覚える歌は
びっくりするほどメロディーは入る。
気付けばいつも頭の中でメロディーが響いているほど。

しかし歌詞は大変だ。
ソロではないから
「寄らば大樹の陰」方式で
ごそごそ何となくどうにかなるけど
やはり次なるに何の言葉を発するかが
はっきりしないと
思い切って歌えない。

だから舞台直前になると
歌詞を必死で覚え始める。
今までの脳の使い方とは異なっているに
違いない。

まだ馴れていない。
目で歌詞を見て確認

耳で聞きながら確認

耳で聞きながら
口でモソモソ合わせて
覚えてゆく

本番になると
ノリと回りの流れで
自然に歌えていることも多いが
やはり頭真っ白になって
取りあえず口モゴモゴということも起きる。もし注視されていたら絶対口が変なことになっているだろう。

「寄らば大樹の陰」方式って、
やっぱりどこかで脱しないとね~~~

大変だけど脳使おう。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-03-15 08:17 | Comments(0)

涙・祈り・希望

東日本大震災から6年が経ちました。

昨日、震災を覚えて
足踏みオルガンの音色で紡ぐ
“涙・祈り・希望“

と題したオルガンコンサートが行われました。

東京基督教大学のセミナーでの
講師の先生が演奏者のお一人。
目白にある古い木造の
素敵な教会、目白ヶ丘教会が会場でした。

1908年製作の古い2台のオルガンが追悼のた
めの音色を紡いでいました。

c0134850_23232471.jpg


c0134850_23233298.jpg


c0134850_23233094.jpg

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-03-12 23:21 | カルチャー | Comments(0)

ねぇ、聞いて~~

話しにオチも何もない
ただひと言言いたいだけの
新しいカテゴリ登場!!

なんちゃって、何大げさなこと言ってんの?

先日夕方
関東地方の大気が不安定だったときのこと。

地下室でダンスのレッスンを受けていたので
気候の状態を知らなかった。
外にでて見ると雨降った後。
雨降ってたんだ~~~

その足で車の洗車に寄った。
1週間に一度、その道を通る時には
洗車するように決めている。

雨上がっていたから
迷いもなく洗車した。
終わってから拭きあげようと
洗車場の指定の場所に停車しようと
していたら
どしゃ降りが降ってきた。
まだ雨降るって誰が言った?


洗車してすぐの車で
どしゃ降りの中帰宅。

007.gif 007.gif 007.gif 007.gif 007.gif 007.gif
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-03-09 13:18 | ねぇ聞いて~~ | Comments(0)