<   2017年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

かんな、最後の武勇伝

かんなが虹の橋を渡って、一ヶ月。
23日が月命日でした。

私は10年前から、ブログで愛犬のことを綴ってきました。その記事を読むと、生き生きとかんなとの生活が甦ってきます。

落ち着いたら、その思い出をまとめて本にしてみようと思っています。そのことが一番かんなを思い続けることができるからです。

今日はかんなが亡くなる一ヶ月くらい前の、ほんとに最後となった呆れたお話です。

あらゆるものを食べたがってきた
あの犬が、
今年の夏急性胃腸炎で生死の堺から
生還して以来、
食べられないものがでてきたんです。

かんなはこれ食べるかな、嫌いかな…
という初めての心配。
腎不全だったので
いろいろ気を使いました。
塩分だめ、タンパク質だめ、
その上あれも嫌いこれも嫌い…
この間まで大好きだったけど
今は嫌い。
食べるものないでしょう。
かくなる上は何でもカロリー取れるもの食べなさい、
というわけで
袋菓子のバームクーヘンを
あげてみました。
すると、これが大喜びなんだなあ!

この問題の発端は、
家中のお菓子なら何でも食べてしまう孫の存在。
唯一かんなの好きなバームクーヘンを
孫に食べられないように、
かんなの部屋のトイレシートとか入っているカゴに隠しました。

年老いて、匂いもわからなくなってたかんな。すっかり安心していた私です。
ところがこの日、突然かんなのスイッチが入り
バームクーヘンに気づいたのです。

私が物音に気づいた時、1つ目は袋から出して食べた後。2つ目を小袋ごとくちゃくちゃしている真っ最中。
往年のかんなならともかく、
あの時は腎不全で
胃腸も弱っているし、
どうなるかわからない。
私は必死に引っ張りだそうとしましたが、
むなしく小袋ごとかんなの口に吸い込まれていきました。

結局、大事に至らずに済みましたが。

今思えば、そんな大胆な動きできたの
最後でした。
かんなの人生、そんなことの積み重なりでしたが。

いろんなことしでかしてくれたなぁ。

c0134850_21241535.jpg


c0134850_21271419.jpg





[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-12-30 10:43 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

作品番号17-15聖書カバー

今年の秋、聖書の新しい訳が発行された。新改訳2017という。

教会混乱の中、それでも希望持って発売待っていた。

そしてようやく手元に届き、
大切に使うためのカバー製作。
もう12月も終わろうとする今
完成した。

c0134850_09351992.jpg


c0134850_09352292.jpg


c0134850_09352471.jpg


コレクションのリバティ布を
少しずつ、六角形に切り取って
繋いだ。

周囲の紫の布は
お気に入りモアレ地。
紫色少しだけ残っていて
カバー製作したらほとんど残らなかった

私の布箱の中で
この作品のため、布たちが待っていてくれた感あり。

が。新しく行くこと決めた教会は、まだこの版を使っていない。

う〜〜〜ん。

ま、いいか。
新しい版は実に読みやすい。
新しい出発はうれしいものだ。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-12-29 00:12 | 手仕事日記 | Comments(0)

Merry Christmas!

クリスマスおめでとうございます❤️

イエス・キリストが私たちのためにお生まれ下さったことが、父なる神さまからの最大の贈り物。

クリスマスは4週間前から
待降節(アドベント) として
クリスマスを待つ。
今年は心砕かれていたため、
クリスマスのこと、な~~~んにも
してなかった。

しかし、ごたごたにピリオド打ち、
新しく踏み出した昨日のクリスマス礼拝(新しく行くこと決めた教会)から
解放感に満たされたのか
心から満ちてくるものがあった。

あまりに寂しかった
私のブログも
クリスマスで満たされよう!

ネイティビィティ
ステンドグラスキルト
c0134850_16224840.jpg


ペーパーファンデーションによる
ピースワーク
c0134850_16431250.jpg


ネイティビィティ
トールペイント
c0134850_16431332.jpg



クリスマスカラーのボタン使った
ネックレス
昨日の夜から作り始めた。
c0134850_16431439.jpg


最後のはとっておき
クリスマスプレゼント
c0134850_22122666.jpg

お孫ちゃんの寝相アート




[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-12-25 16:03 | 日々のつぶやき | Comments(0)

聖句書道17-4

c0134850_12262644.jpg


今年最後の聖句書道である。
と、いうか最後の教会への奉仕になる。
2017年頭に始めて4回だけで終わりになった。

今年は多くのものを手放した。

愛犬。

そして教会の奏楽奉仕。

それと写真の聖句書道。

私は貪欲に生きてきた。
何か新しいことに挑戦したり
新しい人との関わりが始まっても
古いものもすべてに抱えたまま。
増殖し続けてきた。

それが今年3つ、手放した。
正確に言うと4つ。
私はプロテスタント信者として
所属していた教会から離れたのである。

2017年初頭からこじれ始めた
教会内の問題が
どんどん傷口を広げ続けた。

2016年まで4年間
自分なりに精一杯尽くしてきた
教会役員としての私が
新しい教会の体制に全否定され、
私はズタズタになった。

滅茶前向きで、元気一杯を自負してきた
この私なのに立ち直れなくなった。

大好きだったリードオルガンを奏でることから離れることは、
絶対できない、と思っていた。
でもとうとうそれもできなくなってしまった。
力が出ないのだ・・・

苦渋の選択だった。

手放すことにした。

強欲に増殖し続けてきた自分なのだから
こういう日もあるべきなのだ。

今日、一言ここでつぶやいて
私は新しく一歩を出す。


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-12-18 12:24 | 日々のつぶやき | Comments(0)

恐い絵展

上野森美術館でやっている
「恐い絵展」

先日行って来た。

中野京子さんの著作「恐い絵」シリーズが大好きで
何冊かを繰返し読んでいる。

絵が恐いのでなく
そのバックボーンが恐いのだ。

ちょっとしたミステリーなのだ。
例えば著作にあった
陽気なピエロの絵。
しかしその作者は
三十数人を殺して自宅に隠していた
殺人鬼なのだ。それを知って見れば
その明るさは異様で無気味だ。

本で見ると
絵がよく見えず、
本物見てみたいな~~とかねてより
思っていた。

そんなところに
この企画のことを知り、
大喜びで前売り券買った。

10月から始まったが
お決まりの多忙で少しずつ先伸ばし。
でもとうとう11月最後に可能となった。

何も調べないで
呑気に行ったらまさかの50分待ち。
しかし私も忍耐を覚えた。
50分くらいダイジョブ、ダイジョブ。
意外に早く30位で中に入れたと思う。
しかしやはり中の人混みもすごく、
アナウンスで
「入り口の絵に止まらず、順不同でご覧下さい」と何度もするものだから
私は1.2番目を飛ばして見始めた。

でも結局人が多過ぎて
1.2番目逃しても1.2番に戻れない。
説明文は人混みで遠すぎて読めないし、
イヤホンガイド解説のあるところだけ
遠巻きで絵を見ただけ。

嗚呼!
何も心に残っていない。

ここで印象お話することもできない。

哀しい・・・


c0134850_11053278.jpg


c0134850_11053403.jpg




[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-12-15 10:44 | カルチャー | Comments(0)

ワイルドかんなの思い出

16年をともに暮らしていた愛犬が虹の橋を渡って2週間が過ぎた・・・
ペットロス症候群のようなことを家族も心配してくれたけれど
私は大丈夫、ちゃんとしています。
老年になったかんなと向き合っていたからかな・・・

だから元気なかんなの映像みると
うれしくて、懐かしくて!!

10才ころかしら。
かんな、こんなにワイルドでした。

ボール遊びかんな


異常なテンション


穴掘るビーグル犬


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-12-08 14:24 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

秋の京都

c0134850_21161794.jpg


c0134850_21162032.jpg


c0134850_21162617.jpg


建仁寺
c0134850_21162203.jpg


c0134850_21162491.jpg

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-12-07 21:09 | | Comments(0)

父の形見

母が亡くなって20年。
父が亡くなって10年経つ。

両親の残したものを
長い時間をかけて整理してきた。
一昨年父の着物など、
最後まで残してあったものの処分のために動き出した。

古い着物の買い取り店に行った。
それが・・売れないものなのだ。
少し傷があっても駄目。
高価な絞りの帯でもただ同然という。
たぶん、売れて1枚千円程度らしい。

そこであーだこーだやっているうちに
いくつかの提案あり
リフォームの方向にしぼられてきた。

京都からの呉服屋さんが
見積り出してくれた。

父の大島紬。
それも古大島だとかでシンプルで
女性が着ると、すごく格好いいと言われた着物。
男物の着物は丈が短いので
布を足す必要がある。
足す布は
着物地の端切れを足してくれるのでなく
足す布も着物一反買わねばならぬという。
着物一反いくらする?

そこで、やはり私が持ち込んだ
父の紬の袴。
それをほどいて足すことになった。

やれやれと思ったのも束の間
ほどいて整えるだけでウン万。

見積り額は
・・・・・

知りたい?

その金額は私には
目玉飛び出るほど高価!
しばし、絶句して
保留してもらい家に帰った。

しかしそれで父の着物と袴を持ち帰り
箪箪笥の肥やしにして
私の死後、子どもたちがテキトーに処分するのに任せるか・・・

悩みぬいて
リフォームに踏み出した。
父が私に残してくれたもの使って
父のもの相続するつもりで。

その長い経過の後
ようやく出来上り、
初めて手を通したのがこれ。
愛犬が亡くなる前に行っていた
京都での写真です。

c0134850_11124881.jpg


c0134850_11125056.jpg


パッチワークしてある部分、拡大
c0134850_11125235.jpg


男物の丹前のような柄ですね。
袴はダークなグリーン。
リフォーム代は15万でした。
買った方が安い?紬はもっと高い?
母の形見の大島も持っている私は
着きれるのだろうか。
ああ。父の形見だもの。納得せねぱ。
せめてブログで愚痴って、納得します。


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-12-04 10:37 | 日々のつぶやき | Comments(0)