座布団カバー

私の所属している教会の休息場所に
信徒からの頂き物の古い座布団が
山積みになっている。

あまりに古いので
座布団カバーで変身させよう、という話が
持ち上がったこともあるが
頓挫してた。

数年振りに腰を上げた私。
信徒の皆さんから布を集めて
スクラップキルトの座布団カバーを作ろう!

結局、数人の方から分けていただいた布も使って、私の布コレクションから
ざくざくっとスクラップキルトを始めた。

が、結構悩み、行き詰まり、1ヶ月強。
1枚目完成に1ヶ月。
最初の1枚でいろいろ考え
残り4枚は一気に作り上げた。

c0134850_14345689.jpg


c0134850_14345897.jpg
c0134850_14350152.jpg
c0134850_14350444.jpg
c0134850_14350709.jpg
c0134850_14351068.jpg





[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2017-06-15 14:26 | 手仕事日記 | Comments(0)

隣家の箱入り息子こと
秋田犬のまるちゃんは今3才。
男盛りですが
箱入り息子なのでずっとアイドル。
見て!男前でしょう!?
c0134850_12501170.jpg


箱入り息子だけど
最近、救急車とかのピポーピポーに合わせて
遠吠えしたり
庭の穴堀に夢中になったり
いらない食べ物を庭の土の中に埋める代わりに、ソファーのすみをひたすら掘ったり、
本能プンプンのワイルドなワンコなんです。

で。
この写真ご覧ください。
c0134850_12501447.jpg

まるちゃんの横にあるこの毛の山は?

まるちゃんが破壊したぬいぐるみの中身?

いえいえ
まるちゃんの抜け毛。

凄い⤴⤴

c0134850_12501783.jpg




[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2017-06-12 11:48 | 秋田犬まるちゃん | Comments(0)

#歌舞伎見たよ

国立劇場で
「歌舞伎観賞教室」開催中。

先日見に行ってきた。

演目は
歌舞伎十八番の内「毛抜」

c0134850_15013407.jpg


毛抜は分かりやすくて、喜劇的なので
楽しむことができた。
しかも1場面だから短いし。

何が凄い!って
歌舞伎業界が若者に見てもらうという主旨が
凄い。

客席の大部分が高校生。
とにかく開演前の国立劇場の前庭から
溢れかえるかえる高校生。
こんなにたくさんの高校生なんて
最近見たことない。
そしてうるさい
何でこんなにうるさいんだ。

私は3階席の最後部という
こんな状況としてはむしろ
静かでいい席だった。
(発売解禁時間びったりに電話したが
この席しか残っていなかった)
団体で席を押さえていたのだろう。
席はほとんどが高校生で占められていた。

ところが案内役の歌舞伎役者中村隼人
高校生相手に
ほんと分かりやすく、好意的に
ぐいぐい話しを進めてゆく。

そして特別に写真撮影の時間を作り
c0134850_15013663.jpg

(遠すぎて全く撮れない)

SNSで写真どんどんアップしてね。
ハッシュタグつけて#歌舞伎見たよ
ってね。

と言っていた。
だから私もやってみるわ。
ま、中高老年ファンの拡大は
別にいらないんでしょうけど。

ても写真余り変でとてもインスタグラムには
アップできません。
(あ!私のインスタグラムご存知でした?)

あのうるさい高校生たちも
さすがに中村隼人の話に引き込まれ
結構静かに話しを聞いていたし、
毛抜が始まったら
寝るべき人は静かに寝ていたので
実際静かだった。

そして優面の若造って感じで
興味もなかった中村隼人を
すっかり見直した。
ファンになろうかしら。

[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2017-06-09 14:37 | カルチャー | Comments(0)

老犬とのつきあい方

旅から帰ると
ルーティーンの生活に戻るまで
なかなか時間がかかる。

ひと月に2回も旅に行けば
アヘアヘ・・・

ぼんやりしていたら6月も7日だ!!

愛犬かんなは
16才半とかになっても
相変わらず自分のペースを守って
淡々と暮らしている。

散歩には特に行きたがらないけれど
生活の節目、節目に外出してくれ、
と玄関のたたきでドアの前で
外に出してもらうのを
じっ~~~と待っている。
庭を何周かして戻ってくるらしい。

そして納得すると
いびきとともに深い眠りに入る。

先日夜のこと。
かんなもとっくに寝静まった頃、
翌朝のため、かんなのフードを
物置きのストック場所から
小出し用のタッパーに入れに行った。
ごはんをあげる直前に入れに行くと、
窓越しに、物置きに向かって
うるさく吠えるので
できるだけかんなが気づかない間に入れないといけない。

家の裏に回って、物置きをそっと開けたら・・

物置きの前の部屋の雨戸が開いていて、網戸のままだった。あの犬はその部屋に寝ているのだ。そ~~~~っと外から雨戸を閉めた。

ところが手遅れだった!!
いびきとともに熟睡していたはずのあの犬は
目を覚まして、大騒ぎになっていた。

ごはんだ、ごはんだ、ごはんだの騒ぎ。

部屋中をうろうろ歩き回り、
いくら数個のお菓子で誤魔化しても
納得しない。

あまりにうるさい(歩き回る足音)ので
庭にも出してみた。
物置きの前の匂いを丹念に嗅いでいる。

その騒ぎは小一時間に及び
ようやく諦めて寝てくれた。

二度としたくない失敗。
老犬を納得させるのも大変。


c0134850_11242831.jpg

滑り止めくつ下を試着している犬
はいているのにも気づいていない

[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2017-06-07 11:02 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

旅の興奮はもう少し続く

先日の五島列島への旅で
もうひとつ特筆すべきことがあった。

五島列島は長崎県にあるのだが
今回行く時は、羽田から福岡へスカイマークで飛び、
福岡からプロペラ機で五島列島、五島市の福江まで行った。

さて、そのスカイマークを運転していた機長が
大学の同級生だった!

いつも機長の名前とか、聞きます?
私はほとんど耳に入ったことありませんでした。
それがこの日に限って、はっきりと「機長の〇〇です」と聞こえた。
大学の同級生の〇〇くんがパイロットをしているのは知っていだ。
日本航空にいたがリストラで苦労した・・・
というような話も聞いていた。
でも、まさかねぇ・・・(○○は珍しい苗字)
夫に話しても何も反応しないし、ま、いいか。

しかし降りる時が近づくにつれ、やはり確認すべきか・・・
との葛藤が始まった。

ご存知の通り、夫は歩行に関して障害を持っているので
介助を受けている。
降りるのは一番最後だし、CAの方とも雑談とかもよくする。
今このまま降りたら、大学同級生との話題も中途半端だ。
思い切って聞いてみた
すると名簿を見せてくれた。
たぶん確かに、あの〇〇くんだろう。
でも名前まできちんと覚えていない。

飛行機を降りてから
興奮さめやらないままに、乗り換えの合間にささっと
大学クラブの仲良しライングループに送った。

あっと言う間にはちの巣をつついた騒ぎになり
とうとう本人にラインしてくれた人もいた。
ほんとに彼は福岡まで飛んでた。
言ってくれればサービスしたのに、とのことだったけど。
どうやってわかるというのだ!
あの騒ぎにより、この出会いはかなり凄いことなんだ、と
にんまりした次第。
近いうちに大学クラブの仲間と会うことになっている。
何も話すことないけど、とりあえず得意気。




More
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2017-05-31 23:39 | | Comments(0)