展示会作品完成

寒さにびっくり、という日があったことも忘れる、この数日の蒸し暑さ。
ちょっと気張るだけで、顔の両脇から たら~~っと汗が垂れてくるのは、私だけ?
本日も、もう一汗かいた人の顔になっております。

さて物事は締め切りから逆算すると
必ず成すことができるという
持論を持つわたくし。
7月から取り組んでいた
展示会作品が昨日完成した。

そして今日が搬入。
今会場セッティングが完成した頃で
2:00からオープンである。
私は昼前まで働き、
所用のため完成を見ずに帰り、帰途にある。

写真はまだ展示される前、
床の上で待っている作品二点。
取り急ぎ写真に納めてきました。

「地の塩、世の光として」というテーマに沿って

c0134850_13492645.jpg

闇の中の光


c0134850_13492879.jpg

長崎五島列島
無人島野崎島の
「旧 野首教会」

ちゃんとした展示写真
説明などは後日。

展示会は
目黒区民美術館 区民ギャラリー

10/11(水)~10/15(日)

10:00~18:00
初日は14:00から
最終日は16:00まで

私は13日(金)午前中受付当番です。







[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2017-10-11 13:29 | 手仕事日記 | Comments(0)

私をご存知の方は
言わずとおわかりと思いますが
私はよく汗かいてます。

汗との闘いがずっと続いてたのに。
昨日夜、真夏の流れで
半袖パジャマ来て
お風呂あがりに扇風機をかけると。
あれ!?扇風機気持ちよくない。
風が冷たい?

すぐに扇風機止めて
そのまま深夜まで作業。
ふと気づくと
何だか寒い?

暑さと闘っていたので
寒さなんて言葉忘れてた。

すっかり夜更ししてしまった頃
体はすっかり冷えて
今で蹴っていた薄い羽毛布団にくるまり
ほっとしたが、
体が冷えて眠れない!
真冬でもすぐにほかほかで眠れる私が?
真冬に入眠に失敗した時のように
トイレに何度も起きてしまう。
挙げ句の果て咳までてきて
まるでcatch the Cold の状態。
なんたることだ。

余りに深くない眠りで朝を迎えたが、
まあそこそこの1日を過ごし中。

これから季節はどうなるのでしょうか?

[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2017-10-06 13:34 | 日々のつぶやき | Comments(0)

伊勢志摩の旅

三重県志摩半島を訪れました。
志摩半島の面白いこと、楽しいこと、
ご報告。

名古屋から近鉄に乗って伊勢志摩へ。

まず鳥羽水族館。
c0134850_13290748.jpg

セイウチのショーが
漫才見ているみたいで抜群に面白かった!
セイウチは1トンに近い巨大な動物で
アシカやイルカほど細かい芸はない。
2匹のセイウチと
二人の飼育員さんの掛け合いで
笑いが止まらなかったデス。

次は志摩スペイン村。
c0134850_13291051.jpg

スペイン村ってご存知ですか?
私も知っているようであり、
まだやってるんだ・・的イメージ。

とっても空いてはいたけれど

空いていたからこそ
かなり楽しかったデス。
調べたら1994年にオープンだとのことで
かなり古い。
2日に渡って遊んだので
今やかなりスペイン通?
カタルーニャの独立問題にも
関心が行く?

フラメンコショーもかぶり付き席で見たし、
パレード、ミュージカル仕立てショーも
数少ない見物人として
一緒に盛り上げてさしあげた。
スペイン人ダンサー頑張っていました!
ノリの悪い日本人観客を
ものすごいパワーで巻き込んでいました。
2日間で二回見ましたが
2日とも同じテンションで頑張ってました。

私は闘牛に襲われて
牛に乗ってしまったわけでも
c0134850_13291364.jpg

船で嵐に会ったわけでも
c0134850_13291589.jpg


スペイン人と恋に落ちたわけでも
c0134850_13291861.jpg


ありません。
合成写真です。

最後にこの記念写真ご覧ください。
c0134850_13291954.jpg

昨年伊勢志摩サミットが行われた会場にて。

c0134850_13292118.jpg


結婚記念日33回目でした。
長く結婚してるもんだなぁ。

c0134850_13292353.jpg

[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2017-10-03 11:38 | | Comments(0)

先日ブログ記事
夫の状態をお話したが、
先週の伊勢志摩への旅で
とうとう「車椅子なし」へのハードルを越えた。

感慨無量だ。

夫が車椅子を使うようになってから・・・
回復の方向しか向いてはいなかったが
やはりいろいろなことがあった・・・
この2年のことだ。

夫はリハビリ病院に半年入院し
退院後の自立だけを学んで退院した。
夫は歩く訓練をしたかったのたが
日本のリハビリの考え方は
できる(残っている)機能だけ使うという考え方。方針が合わなかったのか
私は「言うことを聞かない患者」
の家族として呼び出しもされた。

夫は退院するや否や、
猛烈に活動を始めた。
リハビリ病院でいろいろなことを抑制されていた反動か!

退院して2ヶ月後、那須のペンションに行った。ペンションの凝った?造りの飾りの2段の階段を昇るのに泣いた。
砂利を敷き詰めた庭の
車椅子移動に泣いた。

退院して3ヶ月後、上高地の
平らと思われた遊歩道を
車椅子で行き、泣いた。
健常だった時、平らと思っていた道が
実は大きな石、木の根っこなどで
ぼこぼこ、がたがた。
また大きな石だらけの砂利道は
車椅子は歯が立たず、
歩くこともできなかった。
その上木道へ段差を一人で登って、
車椅子ごと後ろ向きにひっくり返った。
その時は人だかりができるほど
大勢の人が助けてくれた。

羽田から飛行機に乗るのに、
モノレール、電車も困難と思われ、
羽田まで車で私が運転した。
朝4:00出発7:00前に着いたけど。
それも凄い経験。

JRの介助は
電車の乗り降りは完璧に守られているが
真冬朝5:00代、
目の前に電車が到着して停車していたが
JRの連絡取り合いで
次の電車に乗ることが決まっていて
その電車には乗れず
極寒の中で待っていたこと・・

ざっくり思い出したこと羅列した。
車椅子使用では
思いがけない親切に出会うこともたくさん。

でも車椅子でなく
自分の足で歩めることは
感謝しかない。

ついでに。
夫のもう一つの目標
「エスカレーターに乗る」のも
今回あるきっかけでで急にできるようになった。
エスカレーターに乗れないのは
かなり不便。
(エレベーターは見つけるのが大変)

ただしエスカレーターの下りは
次の課題。

ここまでの回復はただ感謝あるのみ。
その前にこの状況に置かれ
試煉にのぞませて下さった神の配慮にも
感謝している。
それは決して負け惜しみでなく、
夫もそう感じていると言っていた。



[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2017-10-01 16:19 | 日々のつぶやき | Comments(0)

名古屋から新幹線

三泊四日の旅
帰途に着いています。

名古屋から新幹線乗りました。

遅いお昼ご飯。


名古屋満載
c0134850_14365933.jpg



中身コレ👇
c0134850_14370198.jpg

[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2017-09-30 14:32 | | Comments(0)