不動産管理者

私の目指すところは、キルトアーティストなのですが
まだまだ目標までは遠い。趣味のおばさんレベルで停滞中。
そんな私が不本意ながら、キルトアーティストより先に
不動産管理者になってしまった(駐車場の管理)。

何て似合わないの~~~!!!(もしかして似合ってる?)

お金のことには疎く、とってもいい人・・・・そんな自分を演出してきたが
やはり、余り間抜け なことはしたくない。
貸借人で1件、賃貸料が遅れる人がいる。
不動産屋を通さない我が家は、全部自分でやらねばならない。
2ヶ月分の滞納に対して、先日電話。
超かわいらしい声で「そうですか2ヶ月分支払えばいいんですね。」
と悪びる風もない反応。
それから2週間。私は外出たびに通帳に記帳しているが、支払いはない。
気になって気になってたまらない。だんだん怒ってくる。
怒鳴り込むか?どうするか?
そこで閃いたのが、強制的な口座引き落とし作戦。
手数料は、一般的な振り込み手数料に50円の上乗せだという。
今日、振込みのない2ヶ月分の駐車料金を自宅まで持ってきてもらい
その上で、口座引き落としの手続きの相談をした。
そして書類の署名印までこぎつけた。
私はあくまでも平常心。
お子さんが小さいから銀行にも行けないんでしょう・・・と
理解をしている人のシチュエイションで対応した。
「ぜひ、そうして下さい!」と即答の彼女。
一体全体、何がどうなって、こうなんだろう。
世の中、いろいろな人がいるから、、理解してあげよう
・・なんて考える必要はない・・・か。

私は意外にやり手ババアなのかしらん。
とにかく、問題は一つ解決。
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-08-18 23:32 | 日々のつぶやき | Comments(2)

ぽっぽというのは、最寄り駅にある大型スーパーの中に入っている
軽食のお店の名前です。
最近の夫と孫の2人の密かな楽しみ・・・・
夫がバギーを押して孫を連れ出し
2人でそこでソフトクリームを食べているらしい・・・
孫にとって、じいじとのとろけるような思い出になるのでしょう。
そのお店「ぽっぽ」を見ると微笑ましい気持ちになります。

・・・が。
3月に亡くなった私の父が、実はこの「ぽっぽ」の常連だったのです。
晩年の父の楽しみが、このスーパーに来ることであり
そこで、ついフラフラとこのお店に寄って
何かを食べるのが大好きだったのです。
(父のポケットからいつもこのお店のレシートがでてきた)
私はそんな父の行為を憎んでいました。
糖尿病やら腎不全やらを抱えているのに
食事の合間にとんでもない高カロリーのものを食べてしまう父。
いい年をして、こんなお店で何かを食べるなんて。
ついこの間まで、ぽっぽを見ると私はつらい思いで一杯になり
目をそむけていたものでした。

父に対して、孫に対するのと同じような思いで接してあげていれば・・・
今だからそんな後悔をするのであって、生きていれば、やはり眉をしかめるのに違いない。
親子って哀しい。

草の花に戻る
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-08-17 22:34 | 日々のつぶやき | Comments(0)

灼熱地獄

ようこそ 新しい「瞑想詩人な私」へ

新しいページに記す、初めの言葉は緊張するものです。
2005年10月20日。
私の誕生日に何か記念に残ることを、
と思って始めた日記形式のページです。
こんな私の日常に、おつきあいくださって、感謝で一杯です。
これからもどうぞよろしく。

最近の話題と言えば、猛暑、炎暑・・・この言葉に尽きます。
今日は40,9度という記録更新。
冷房は極力ナシで頑張る私ですが、
今日の午前中は気分が悪くなってしまった・・・
慌てて冷房をつけて人間性の回復。
とうとうこんな日が来てしまった・・と空恐ろしくなりませんか?
灼熱地獄というのでしょうか。熱で人が死ぬ。
冷房なしで頑張る・・・なんてもう死語のようなもの。
しかし、その冷房の熱が放射され、どんどん暑くなってゆく。
これから、どうなるのだろう。
2005年生まれの孫のこれからは???
省エネは明日からでは遅い、のはわかっていても
この暑さを乗り越えないことには何も考えらない状態。

草の花に戻る
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-08-16 23:09 | 日々のつぶやき | Comments(8)