いか疲れ

c0134850_22255299.jpg

岩手からお取り寄せしたするめいか20はい。
取り寄せをしたのは、私のはずがない。
取り寄せしたのは、夫である。
同時にさんま15匹がお取り寄せされた。
1年分のいかとさんまを同時に食べよう、という企画??

私はいか疲れした。
どうにか、胃痛もおさまって、元気に家事をこなせるようになった矢先。
少しおすそ分けをし、その他は、お刺身と塩辛にした。
塩辛はまだ下ごしらえの段階ですが。
もちろん、まだある。

昔、岡田美里が堺正章との離婚の原因に
いただきものが多すぎて耐えられない・・・というのがあったが
こういうことの繰り返しってことか・・・と納得。
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-10-05 22:31 | 日々のつぶやき | Comments(0)

鬼の攪乱Ⅱ

10月4日(木)
きっと、私は夏の暑さで疲れているんだ・・・
という答えを勝手に出した。

胃の痛みが続いている、というわけではないけれど、
朝から微妙にぼんやりしていた。
こんな日は、すべてを放棄して、ゆっくりすればいいのだ・・・とは思った。

孫が保育園に行って
あんなに楽しみにしていた木曜日のスポーツクラブプログラムは
休んだ。
次のプロジェクトは決まった!
しかし、作業台の上に広がったままで、今日は終わる。

こういう日も、大切にしなくては、ね。
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-10-04 21:38 | 日々のつぶやき | Comments(0)

鬼の攪乱

10月3日(水)
鬼のかくらんと呼んでいただいても構いません。
一昨日の夜から、胃痛で苦しんでいます。

人間ドッグでも、胃のポリープの疑いを指摘されていたので
今日、胃の病院に行ってきました。
今日は内視鏡の予約だけで終わり。

さすがの私も、おとなしい。
今日はダンスは止めた。やはり途中で胃が痛くなるのは苦しい。
結局、内視鏡の日まで(来週火曜)このまま我慢ということ。
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-10-03 23:05 | 日々のつぶやき | Comments(0)

解放されたような成長

10月2日(火)
今日夕方、保育園にお迎えに行くと、結依の部屋はもぬけの空。
「そら組さんのお部屋にいます」と張り紙があった。
そら組さん???と思いながら探しに行くと
比較的大きな子どもたちに取り囲まれ
「だれ?だれ?」と質問攻め。
「ゆいで~す」
「あ、あ、ゆいたん?ゆいちゃんかわいいよねぇ~~~」
そこにいた子どもたちがみんな大騒ぎ。
肝心の結依は、その子たちの真ん中にいた。
その子たちに抱っこされたり、結依はもみくちゃ。
今日の結依は、5才児たちのアイドルであったらしい。
結依ちゃんも、大のご満悦。
その子たちが、とうとう玄関までお見送りしてくれた。
こんな幸せがあっていいものか!

結依の担当の先生は「モナ先生」(日本人だけど)。
結依は、「モニャしぇんせい」とちゃんと言える。
今日のモナ先生
「朝から、ゆいちゃんに、モニャしぇんせいっていっぱい呼ばれて
こんなに幸せでかわいくていいのかって感じでいしたよぉ・・・」

結依は、保育園に行き始めて
すべて解放されたかのように、成長している。
しゃべる。しゃべる。そして、歌う。
オーンツ(おむつ)と言ってたのものが昨日からか「オムツ」と言っている。
ボーチ(帽子)と言っていたものが、今日から「ぼうし」と言っている。
背が伸びた。
足が大きくなった。
すごいです。
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-10-02 22:53 | 孫 ゆいちゃん | Comments(0)

10月1日(月)
10月に入りました。
今年も4分の3が終わりました。
残り、4分の1、というわけです。

今宵、少し足を止めて今年を振り返ってみますか?
夏の疲れの後遺症とか、思い通りにいかない苛立ちとか、
整然としない、何ともいえない焦りがあります。
しかし「数えてみよ、主の恵み」という聖歌があります。
自分のまわりに起こったいるいろいろな事柄に目を止めれば
感謝すべき恵みはいっぱいあるではありませんか!!

私の友は、ブログで
毎月の目標(特にキルト製作の目標)をあげています。
自分で決めた目標に達しないと、月末は焦って縫い上げるとか(笑)
私の目標もきっちりあります。
しかし、だいたい目標が壮大過ぎて、実現不可能なので
できてからの申告。

今日は1日、身辺整理で終わりました。
明日からは、新しいプロジェクトト。
製作可能な状況が整えられていることに感謝!
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2007-10-01 23:51 | 日々のつぶやき | Comments(0)