人気ブログランキング |

中途半端だから、背伸びする。

6月24日(金)
クリスチャン・アーティストの展示会
『B&A+C』が横浜市民ギャラリーで開催中だ。

昨日は終日受け付けの当番にあたり
めまぐるしい一日を過ごした。
早めに帰らせていただいて、それでも、孫の保育園のお迎えは
閉園ギリギリ・・・・
その足でお買い物に行き、夕食の買い物をし
夕食は8時になった。
慣れない私にはアヘアヘ・・・

昨日の受付中に、何気に当番通しで会話をするが・・・
B&Aの主催の方(美術家&牧師)から
「普段はどんな生活をお過ごしですか?」などどいう質問をいただいてしまった。

え~~~~~
私の私生活????
私が毎日どういう生活をしているなんて・・・
人に言えるわけがないじゃあないですか!

質問の趣旨は、
キルト作家として、どのように、活動しているか・・・の意味あいだった。
まず、キルト作家になりたい、とは言っていても、
仕事としてキルトを製作しているわけでもない。
(オーダーがあればお受けするが、オーダーもないし、宣伝も出していない)
教室を主宰しているわけでもない。
(過去10年の教室を経て、もう再起のつもりはない)
製作は毎日している、うん、ここんところだけは、真実。
そう、目標は、高くかかげてある。
(夢は語ると逃げる・・・・っていうので、語らない)
それでも、こういう質問には、すこぶる弱い。
結局のところ、趣味のおばさんなんだなぁ・・・

しどろもどろになって、汗をかきかき、そんな旨の返答をした。

別のお当番の方との会話。
その方は80才になる女性の版画家だった。
毅然とした方だ。
私が、絵はほとんど描いたことはないし、苦手だ・・・
と話すと、驚いて目を丸くされ、
「絵を描かなくても、ああいう作品ができるのですねぇ・・・」と。
そして次に
「普通にデッザンを習っていると、平凡なことしかできないのかもしれない」と
慰めの言葉を下さった。

不思議なものだ。
キルトの愛好家・手芸家・・・絵を描くことからスタートされている方もあるが
全く無縁な人は結構多い。
なぜなんだろう。
縫うこと・・・というのは、絵などの表現は別に
行為として存在しているのだろうか。
だから、みんな、パターンを欲しがる。
パターンがあれば、自分も作れるからだ。

私は今は、ステンドグラスキルトのデザインをする。
昔は一生懸命、ステンンドグラスキルトのパターンを探していた。
でも、次第に、自分のしたいもののパターンは見つからないし、
ないのなら、仕方ない、自分で作ろう・・・ということで
せっせと線を引くようになった。
最初に自分で取り組んだのは、クリスマスの「ネイティビティ」だ。
以後、自分でやるのが楽しくて、とりこになっている。
もし、私が普通に絵を描くことを楽しめる人なら
もう少し展開は違ってきたのだろうか・・・といつも思ってきた。
だからと言って、今、絵を描くことを1から習う、エネルギーはない。
今までどおり、自分ができることをそのままするだけだ。

美術家の中に混じって
私、何、背伸びしているのだろう・・・
7月の下旬には、音楽の専門家に混じって、
また教会音楽講習会を受ける予定。
中途半端なわりに、背伸びが好きかも、私。
いやいや、中途半端だから、背伸びするんだ、きっと。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
by kusanohana-nonchi | 2011-06-24 11:04 | 日々のつぶやき | Comments(0)