人気ブログランキング |

シソの葉における「目からうろこ」情報

7月11日(水)
マスコミとか広告とかの世間からの刺激には
「目からうろこ」情報が満載である。

それぞれにこれこそが
常識を破る「目からうろこ」である、と主張している。
いちいち納得していては、身がもたない。
と、いうか、ほんとに、目からうろこか?????

元来「目からうろこ」とは
あの最初の使徒のリーダー「パウロ」が
神からの啓示にあって、
「目からうろこのようなものがとれて」目が見えるようになった・・・という
使徒行伝9:18の記事が、その語源である。
パウロはユダヤ人のエリートであり、
新しい勢力、イエス・キリストを迫害する先鋒だった。
そのパウロが、神からの直接の命令を受けて、
(目からうろこがとれて)
180度人生を変えた。
その後は、宣教のリーダーになり、
新約聖書の後半の部分(書簡集)も書いた、偉大な人物である。

ま、というわけで。
目からうろこを軽々しく使ってはならないだろう・・・・

でもやっぱり、そんな情報は一応試してみたくなる。
目からうろこを歌う買い物はあまりしないが
ウラワザ!みたいのに弱い。

数々試したが、
その場限りのものは、数知れず・・・
その中でたった一つ、いまだに、生活に欠かせないものがある。

たぶん、ためしてがってんでやっていたこと。
シソの葉を長持ちさせる方法である。

シソの葉って、使いたい時に買ってきて、
残りは、冷蔵庫の中で、くしゃくしゃになって、終わり、ということが多い。

その方法とは、
ビンの中に、葉の根本分だけ1cくらい水をはり、
シソの葉を(ワゴムで結んで)活けておく。
冷蔵庫で相当長く、元気でいる。1週間~10日くらい。
いえ、それ以上大丈夫だと思う。
お蔭でシソを使うお料理が、いつもできるようになった。
野菜として、シソを食べることもふえた。

ビンの中に入っているシソを見た夫が一言。
「アゲハの幼虫でも飼ってるのか?」

ハハハ・・・懐かしいなぁ・・・
息子が幼稚園の時、
私がアゲハを幼虫からお世話し、
3匹誕生させたことがあった・・・
(もちろんアゲハの幼虫を取ってきたのは息子だ)
アゲハの幼虫は、シソは食べないけど、ね。

ちょっと関係ない話も交えた、目からうろ情報でした。






今週の聖書の言葉
さばいてはいけません。
そうすれば自分もさばかれません。
人を罪に定めてはいけません。
そうすれば自分も罪に定められません。
赦しなさい。
そうすれば自分も赦されます。
ルカ6:37


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
by kusanohana-nonchi | 2012-07-11 09:47 | 日々のつぶやき | Comments(0)