2度目の伊賀越道中双六(いがごえ どうちゅう すごろく)

12/15(月)
c0134850_1111277.jpg


去年同じ国立劇場で、この演目を見たことを
夫も私もすっかり忘れてチケットを取った。
2回目だから見るのをやめよう・・・という意味ではない。
情けないことに、忘れていた。
(私はこの名前に憶えがあったが、夫に聞いたら否定されたので
そのまま信じた)
我ら夫婦のレベルは二人三脚でこの程度だ。

しかしお芝居は、双六(すごろく)という意味合いなのか、
伊賀へ向かう道中に起きた違うエピソードを織り込んでいたので
本筋の「仇討」とう流は変わらなかったが
その他の話は新鮮だった(新鮮にわからないという意味?)

日本三大かたき討ちと言われるひとつだそうで
剣豪「荒木又衛門(あらきまたえもん)」の物語。
この名はご存知ではないですか?

しかし仇討もんは、江戸時代以前の建前社会、武士の価値観がわからないから
わかりにくい。感情移入しにくいですな・・・

仇討ちのために離縁した妻が、
子どもを連れて彼を追ってきた。
妻は寒さで行き倒れのような状態で夫 荒木又衛門
(名前は唐木政右衛門と変えてある)と敵方の前で出会う。
彼はスパイのように敵方の家に入り込んでいたので
その身分を隠すため自分の子ども(乳飲み子))を殺し
遺体を投げ捨てるのだ。
さすがに妻に対しては、敵かたに隠れて、介抱する。
ま、その様子が涙を誘う、1つの見せ場なんだけれども・・・

国立劇場に1日置きで通った、今年の12月。
来年は、新春草々「里見八犬伝」を見に行く。
私は里見八犬伝、詳しいですのよ・・・NHKの人形劇にはまった世代ですのよ・・・・













c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-12-15 11:34 | 歌舞伎 | Comments(0)