レッドワークの再開

私によくありがちなお話ですが。

20年も前かな〜。
子どもが小学生の頃、
手芸店のホビーラホビーレで
「赤毛のアン」の刺繍用の
下絵プリント布を買った。
下絵も赤ライン。刺繍も赤。
レッドワークと呼ぶ。
赤毛のアンの挿絵のような
イラストが9柄印刷してあり、
その図案に沿って
赤の刺繍糸でアウトラインステッチする。
アウトラインステッチとは
シンプルに線だけを刺すもの。
1柄のサイズは15センチ四方くらい。

買ったころに
子どもたちが海で遊んでいる時、
砂浜のパラソルの下で
クソ暑さと、戦いながら
刺繍していた記憶がある。

それから20年?
物入れの奥に突っ込んであったものを
発見した。
1柄だけ完成し、2枚が途中だった。

こんなのいつやる?
捨てる?
いや、できない。
しばし保留してあったが、
何とこの度再開した。

完成目標が見つかったのだ!!!

私はすっと、
ざ〜〜っとミシン踏むのはできるが
チクチク針を動かす時間が取れない。

開路を見つけたのが
夫のトレーニングジム待機の時間、
カヌー待機の時間とか。

すでに2枚目できた。

完成目標は秋。

c0134850_12390795.jpg





[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-04-23 12:28 | 手仕事日記 | Comments(0)