23才のお誕生日

8月24日(日)
今日は、子どもたちのお誕生日。
1985年生まれ。丑年。
23才になります。

息子が今大学院の夏休みで帰省中なので、
昨晩、賑々しく、23才のお誕生祝会をしました。
ハッピバースデイ to you~♪
を、自分の歌だと思っていた結依は、
主役が違うこともあるんだと知ってびっくり。

生れ落ちた瞬間から
遊び友達として成長した双子でした。
しかし、幼稚園に入った頃から、それぞれの世界を持ち始め、
今ではまるで違う道を歩いています。
それでも、ルーツが一緒ということは、
何かとつながっているものですね。

一足先に社会人になっている娘が、
なんと、双子の片割れのために
洋服を買ってあげる!と。
2人で繁華街まで繰り出し、
息子をおしゃれな若者風に仕上げて帰ってきました。
GAPでトップス2枚、パンツ1枚、バッグ1個の大盤振る舞い。
息子が就職した暁には、三ツ星レストランで驕ってもらう約束なんだそうです。
娘の男気が愉快。
そして、素直について行って買ってもらう息子も愉快。
[PR]
Commented by ひろこ at 2008-08-25 21:11 x
お誕生日おめでとうございます。
娘さまは若くしてゆいちゃんのママですか?すごいですね!
(もらった給料遊びに使い果たしてたあたしからすれば脱帽です)
四姉妹で育ったせいか、男の子と女の子を産み育てられるあたしは幸せ者だと思ってます。そう思いませんか…?
Commented by kusanohana-nonchi at 2008-08-26 09:37
そうそう!!私も思っていました。
私は結婚してすぐに、何の希望もないうちに
男の子と女の子を授かったため
何の感謝もなく、やってました。時々、そんな自分の驕りに気付きます。(なお、娘は、いろいろ苦難を乗り越え、バツイチになってから大学に行き社会人になったのです。親への恩があまりにも大きいので、世間の23才よりは自粛してます)
by kusanohana-nonchi | 2008-08-24 09:40 | 日々のつぶやき | Comments(2)