お彼岸

昨日はお彼岸の中日。秋本番である。そして今日は母の命日。10年前の今日、天に召された。2日前に危篤になってからの出来事は時間まで鮮明に思い出すことができる。しかし数年前まではその日のことを繰り返し繰り返し思っていたが、父のことやらいろいろなことに翻弄されて、すっかり遠のいている。人生やってゆくのは、大変なもの。思い出だけでは生きていけないってこと?
母はお彼岸の中日に亡くなった。父は春のお彼岸に近い3月。いずれにせよ、いつも命日のお墓参りは、賑やか。昨日のお墓参りも霊園はお祭のようだった。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2008-09-24 09:00 | Comments(0)