2017年 12月 18日 ( 1 )

聖句書道17-4

c0134850_12262644.jpg


今年最後の聖句書道である。
と、いうか最後の教会への奉仕になる。
2017年頭に始めて4回だけで終わりになった。

今年は多くのものを手放した。

愛犬。

そして教会の奏楽奉仕。

それと写真の聖句書道。

私は貪欲に生きてきた。
何か新しいことに挑戦したり
新しい人との関わりが始まっても
古いものもすべてに抱えたまま。
増殖し続けてきた。

それが今年3つ、手放した。
正確に言うと4つ。
私はプロテスタント信者として
所属していた教会から離れたのである。

2017年初頭からこじれ始めた
教会内の問題が
どんどん傷口を広げ続けた。

2016年まで4年間
自分なりに精一杯尽くしてきた
教会役員としての私が
新しい教会の体制に全否定され、
私はズタズタになった。

滅茶前向きで、元気一杯を自負してきた
この私なのに立ち直れなくなった。

大好きだったリードオルガンを奏でることから離れることは、
絶対できない、と思っていた。
でもとうとうそれもできなくなってしまった。
力が出ないのだ・・・

苦渋の選択だった。

手放すことにした。

強欲に増殖し続けてきた自分なのだから
こういう日もあるべきなのだ。

今日、一言ここでつぶやいて
私は新しく一歩を出す。


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2017-12-18 12:24 | 日々のつぶやき | Comments(0)