2018年 07月 04日 ( 1 )

よくありがちなこと

ありがちなことだけれど、
この一ヶ月に
家電関係のものが次々と調子悪くなった。

まずテレビ。
ある朝、突然テレビが消えた。

急ぎ修理頼み、
翌日来てもらって診断したところ
もう寿命だからと買い替え勧められた。
応急処置でテレビはついたが、
これもあと数分か数時間か数カ月のうちに
見れなくなるでしょう…との預言つき。
預言通り15分くらいで
画面は真っ暗になり、
テレビの寿命はそれで尽きた。

洗濯機。
買って10年、モーターが回るときうるさくなったので買い替えを希望。

電話器も
かなり古くなり
不都合が生じていたので
ついでの買い替え希望。

これら3用件のため
大手電気店に行き購入した。
いずれも最低限の用途を満たしていて
値段納得するものを選んだ。
あっと言う間。

やれやれと落ち着いて数日。
疲れピークの夕方、
突然トイレが壊れた。

夫は
「こんなんでも水をバケツで入れたら
流れるだろう」とか呑気にのたまっている。

は???
夜中のトイレ、
いちいち水入れるんですか???

すぐに電話帳で調べ
緊急修理のお店に電話。
30分で来てくれた。

完全にこれがだめになってま〜す。
嬉しそう?な修理屋さん。
すぐに治りますよ、と。
ただし、修理代見積もりは結構なお値段。
こういうお店は
かなり高くとるのだろうな…とは思うものの、
こんな状態で他、当って見積もりとる、
なんてやってられますか。
いえ、できません。

迷ってる場合じゃないでしょう。
というわけで事が起きてから
一時間以内くらいで
トイレは治った。

私はトイレ故障に遭遇せず
夫からの報告だったので
振り返ると
全てが夢のように終わった感じ。

やれやれ。
必要なのは先立つものだが、
とにかく生活は静かに
平安を取り戻した。


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-07-04 22:17 | 日々のつぶやき | Comments(0)