人気ブログランキング |

2019年 04月 22日 ( 1 )

ばんざ〜い!

イースターおめでとうございます!

昨日4/21がイースターでした。
イースターは春分過ぎて最初の満月の次の日、
ということだそうで。
毎年違いますが、
イエス・キリストの復活と
春の到来を喜ぶ日です。
そんな日にスリランカで
イースター礼拝中の教会をターゲットに
自爆テロが行われたことに、
深く哀悼の祈りを捧げます。

さて、私はイースターの喜びとともに、
もう一つ、
叫び出したいような喜びで
あることから開放されたのです。

立場上、私は一年間
沈黙を守りました!!


それは何かと言えば
平成30年度の町内会活動で
私は会計という任務についていた。
たかだか町内会と言っても
扱う金額は結構多額だ。

この私が会計をやるなんて!!!!

皆さま、そう思われるでしょう!??

そもそも、町内会長さんは
私が敬愛し、尊敬していた
教会の奏楽師匠Sさんのご主人。
Sさんは心の病で、
今は自分の意思を発信できない。

町内会長はもう9年に渡って
会長として重荷を背負って下さっていた。
しかし妻のSさんの介護生活に入ってから
充分な活動ができない、と引退表明。
昨年春に最後の1年、ということで
町内会理事会スタートした。
私はお世話になっていたSさんのこともあり
会長の手助けをしよう、と思っており、
日中家にいる人、エクセルできる人、
ということで会計に任命されてしまった。

私は数字を数で把握することが
極端に苦手。
ただ収入と出費をコツコツと
記録。残金があってる確認だけに終始した。

昨日の総会の会計報告でも
原稿用意してもらい、
数字を読み上げるのだけで精一杯。

「活動が停滞していたため、余剰金が
大変多くなってしまいました」と最後のまとめを原稿通り発言しながら
「へぇ〜〜。多くなってるんだ〜」と知った。
桁数の多い数字を、
ただ正確に書き写すことにだけ終始していた。

一番困ったのは
小銭を数えること。
集まった町会費は
100円玉が机の上にうねる波のようにあった。(100円玉の海の夢も見た)
数えても数えても、正しい数がわからない。
最初の頃は残金金額を合わせる時、
毎回その100円玉を数えていた。
小売店している友から「10枚ずつ、包め」
とアドバイスもらって
どうにかなったが
(そんなことも気づかなかった)
半年くらい経過したころ
町内会会計グッズの中に
100円玉収納ケースを見つけ、
余りの便利さに唸ってしまった。
今ごろ、こんなグッズ(100均)で、
自分の一番の困り事が解決するのか〜と
我ながら自分のバカさ加減に
笑った。

ちなみに、町会費を徴収してくる
皆さんの行動にも、
いろいろあって、う〜〜む、と唸った。

ケース①
集めたお金を袋に入れて、
集まった金額がいくらか、
人数が何人か、も何も把握せず
袋のまま私にお金を差し出したケース。

ケース②
集めたお金が小銭だらけでも
そのままで納入。
私は100円玉の山を大汗かきながら数え、
領収証を書いた。

さすがに
ある程度年配の方は
納入金額に合ったお札、小銭で
納入してくださった。
なるほどそれが日本人の常識であるというのを
しみじみ感じた次第です。

町内会会計書類も5年保存とかで
ダンボール箱1箱を自宅に預かった。
その箱からも開放された〜〜。

ばんざ〜い!



イースターの象徴と言えば
白百合
c0134850_15242131.jpg


by kusanohana-nonchi | 2019-04-22 12:35 | 日々のつぶやき | Comments(0)