保護犬(猫)について

私の愛犬が虹の橋を渡って
そろそろ1年になる。

私の生活形態から、
これから犬を飼うことはない。
今はよそさまのお犬さんを拝見している。

それはほとんとが犬のブログを見ること。
そして犬ブログを通して
あることを学んだ。
保護犬レスキューの活動。
その活動の向かうところは
日本のペットショップでの
命の売買をやめさせること。
(法律の改正)

私はこの現実を知り、
胸がつぶれるほどの辛い思いと
それに勝る感動をいただいている。

そもそも我が愛犬の残していってしまった、腎臓病用の缶詰を、どこかの保護団体に送りたいと思っていた。そんな気持ちで出会ったブログの方へ、早速送った。それがご縁?の始まり。

わんにゃんレスキューハピネス
身を挺してのすばらしい活動には涙もでる。
保健所の方も、とうにか命助けたいと
レスキューの方々と日々苦闘している。
それと獣医師のタッグが凄い。

アグリドッグレスキュー
こちらは千葉、埼玉の活動
私の地元

保護犬(猫)の問題というと
飼ってあげられないから〜
という理由で、
卑怯な自分から目をそらして
終わるとなりがちだけど、
現実を知ってほしい、と言われた。
あとできる援助。
(お金とかブログに載せてある
アマゾンなどからの必要性なものの購入)

とにかくペットショップから
命を買わないで。

最後のブログ
かなり辛いもの。
現実が突き付けられる。




[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2018-10-22 12:41 | 日々のつぶやき | Comments(0)

私の年間予定で大きなものは
B&Aの展示会(美術展)と、ダンスの発表会なのですが、
今年はその2つが重なる…というハードな年。
展示会が10/23(火)から10/28(日)まで。
ダンス発表会が10/28(日)。
というわけで
この場で案内させていただきます。

私のダンスグループは
Jelly Beans(ジェリービーンズ)。
指導は田村暁美先生。
メンバー13名で結成11年目のチームです。

今年のテーマは
映画「ライオン 25年目のただいま」。
この映画ご存知ですか?

インドで迷子になった幼い男の子が
オーストラリアで大人になり、
遠い記憶をたぐり
グーグル地図で出生地を探し当てた、という
実話の映画化。

その映画のSia(シーア)が歌う
Never Give Up
で大地を走る私たちです。

メイン曲は6分。
たった6分に
第2か第3の青春かけてます。
ぜ〜ぜ〜は〜は〜息上ります。
汗吹き上がります。

10/28(日)
我孫子駅南口「けやきプラザ2Fホール」
16:55からの出番ですが
客席ドアが16:00に締まりますので
その時までにお入り下さい。
c0134850_14163815.jpg




[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2018-10-18 14:12 | ダンス | Comments(0)

2018上高地

9月の終わりに
初秋の上高地に行って来ました。
夫が病を得、
入院中から予約していたという
2015年秋から
毎年恒例。
梓川のほとりを散策して
歩行回復の度合いを確認しいます。

なんちって短歌付きでご案内。

c0134850_15285378.jpg


c0134850_15291263.jpg



c0134850_15293364.jpg



c0134850_15294658.jpg



c0134850_15300386.jpg



c0134850_15302252.jpg



c0134850_15304191.jpg



c0134850_15305408.jpg



c0134850_15310956.jpg



c0134850_15313016.jpg



c0134850_15315101.jpg


[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2018-10-15 15:25 | 日々のつぶやき五七五七七 | Comments(0)

「締め切りからの逆算」
これは私
の持論。

今回も締め切りからの逆算で
奇跡を見た!!(おいおい)

話せば長い。
赤毛のアンのカントリーライフという
刺繍下絵の描いてある布を
買ったのが20数年前。
全部で9柄。

20年前に終わっていたのが1柄
やりかけが1柄。

今年4月に再開した。
4月から10月半年間で
合間の時間にチクチクやって、
やりかけのを含めて4柄。
何だか全然進まない感があった。

展示会のために余裕あったら
完成させてしまおう…と
取り組み始めたのが10月入った時。
それから1週間で
残り4柄の刺繍を仕上げ、
昨日全部つなげて
完成させた。

1日に1枚できた日もあった。
延々と終わらない感あった
チクチク刺繍。
合間にチクチクでなく、
やる、終わらせる、という意思あれば
こういうことなのか…

よくキルターが言う
「何となく作りためて
いつのまにかこんな大作になりました」
という文言は私には当てはまらないんだなぁ
としみじみ思うのであります。

とにもかくにも
展示会作品2点。
完成いたしました。

c0134850_06525220.jpg



c0134850_06530785.jpg



お近くの方
興味ある方
目黒川のほとりにある
市民ギャラリーへ足をお運び下さい。
神の栄光を表したい
クリスチャンアーティストたちの
作品がお待ちしてます。
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2018-10-09 22:26 | 手仕事日記 | Comments(0)

「肌寒い」という単語

本日の暑さ〜
私が語らなくとも、
皆さんご存知か。

昨日、我が家の庭に
セミが鳴いた。
生まれそこなってしまったセミが、
「あ、まだ夏だった!」と
慌てて地上に出てきたのかしらん。

明日は気温下がる、というから
少しは安心していられる。

実はこの気温のことで
ここ数年私の感性では
理解しがたいことがある。

暑さから開放され
ようやく心地よい風、
そして心地よい冷たい空気が
感じられるようになったとたん、
「寒い」という人がたくさんいる。
それは寒いのでなく、
肌寒いと言うのではないか。

まず13才の孫が言う。
寒い、という度に
肌寒い、と訂正する私。

バカな孫が言うくらいなら、まだいい。
テレビのアナウンサーが
ほんとによく言うのだ。
肌寒いという単語を知らないのか。
私はマジでクレーム電話したいほど。

今日こんな季節外れの暑さに
みんなが参っても、
きっと明日あたり
「今日は寒いですね〜」なんて
言うのだろう。

ま、私は暑いの嫌いで、
寒さに強い者です。






[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2018-10-08 00:19 | 日々のつぶやき | Comments(0)