普通〜〜

今どき中学生の孫の会話はよく
「普通〜〜」で終わる。

普通って何だ!?

年重ねた者になると
普通〜みたいなもの、あるのか?と思うし。
意外な形で普通は変化する。

今年は町内会のお役が回ってきて
町内会のお仕事、手伝っている。
先日町内会の用事で町内をあちこち歩いた。

あちこちに変化があって驚いた。

〇〇さんの家の隣に
メゾネットのタイプの賃貸住宅が建っていた。

広い賃貸駐車場が新しい住宅街になっていた等々。

あれだけ愛犬と散歩していた私だが
愛犬が散歩をしたがらなくなり
虹の橋を渡って半年。
もう3年くらい歩いていないのか。

また以前関わっていた教会で
私は近隣の方々へのお便り「教会だより」を
135枚近所に配っていた。
いわゆるポスティングである。
それも今年からなくなった。
腰重い奉仕だったけど、
回る順番考えいろいろ試してみたり
タイムを短くする工夫したり
テンション高くするためどうにかしながら
数年間、ぐるぐる配っていた。

気づけば、
何気ないけど
いろいろなことが
変化していた。
終わりのない普通と思っていたことが
終わっている。

思ってもみない変化もある。

私のリードオルガンの師匠。
(同じ教会員の女性)は
1年半前、心の病気から感情を失うような状態になり、病院に入院された。
寝たきりで点滴だけで生きてきた期間を経、
この度、近隣の福祉介護施設移られた。

師匠はしっかり者で、言うべきことは短くキッチリ言い、よく動いて、ニコリともしないのに優しい人だった。
耳に厳しいことを言ってくださる
師匠の存在は偉大であり重くもあった。
そんな師匠が私の目の前からいなくなる、
なんて最初は空気がなくなったようだった。

先日介護施設に行き、
病以来初めてお会いしてきた。
感情が現れない状態ではあったけど、
動き、自分の言いたいことは発言し、
リハビリの指導はきちんと理解していた。
何より驚いたのは
キーボードを弾いていること、だった。

病に倒れる数年前から
教会内の彼女の奉仕を
引き継がせるために奔走していた。
私には奏楽の元締めのようなことを期待し、
聖歌隊の指導も任された。
(聖歌隊の指導だけは器でないと、代わりの指導者を見つけるのに私も奔走した)

その師匠が
今静かに、自分だけの世界にいる。
師匠が教会に戻る時まで
教会で奏楽守ってゆこうと思っていたが、
私も教会出、奏楽奉仕手放した。
そして彼女が戻る日も、
今はわからない。

父の代からお世話になっていた教会が
一部の人に牛耳られ
有り得ない姿になっていることも。

飽きるように同じこと繰り返し、
普通〜〜なんて思っていることも、
やはり終わりは来る。





[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2018-06-17 09:46 | 日々のつぶやき | Comments(0)

カラフル傘のキルト

雨の季節ですねぇ。

しかし、私はこのキルトを作った数年前から
雨の季節が楽しみになってきた!?

強がり、負け惜しみ?もあるけど。
しかし、与えられたすべての日は
感謝して楽しまなければ、ね。

今年はミニチュア傘も買って
かなり満足中。

このキルトは
Paper foundation piecng という手法で製作。
知っている人は知っているが、
語ればかなり、面倒。複雑。
型紙を使って布切るのでなく、
紙にパターンを書き写し、
紙に布を縫い合わせてゆく。
最後に紙は切ってはがす。
直線、縫い切り、であることが、条件。
だからパターン起こすのが
難しい。
この傘のバターンは
どこかであったものを
自分なりにアレンジしたもの。
やっぱり複雑ね…意味不明てすね。

c0134850_12023146.jpg

[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2018-06-13 11:59 | 手仕事日記 | Comments(0)

満面の笑み

先日、我が夫
お誕生日迎えました。

息子夫婦も、あたり前のように
お祝いに来てくれて。
この満面の笑み。
孫、柚巴、もうすぐ1歳になります。

c0134850_18193155.jpg



c0134850_18195921.jpg


見た目はともかく
味は結構美味しかったわん。
[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2018-06-08 18:17 | 日々のつぶやき | Comments(0)

巡礼証明書

先日五島列島の教会訪問を終えた、
とブログでご報告。

長崎巡礼センターから
証明書送られてきました。

まずは教会訪問スタンプラリー、
涙の記録帳、裏と表。

c0134850_08562624.jpg

c0134850_08562683.jpg



そして証明書
c0134850_08572318.jpg


人っ子一人いないような地域で
誰一人いない教会に入る。

そこには十字架にかかったイエスが
待っていてくれていた。

人の城に入り込む罪悪感が
いつも伴っていたが、
その静けさと、安らぎを
思い出すようになっている。



[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2018-06-07 08:52 | | Comments(0)

いわき日帰り(@_@)

私がゴスペルクワイヤに所属して2年。

私が関わるずっと前。
2011年震災後
支援のために福島県いわき市で
ゴスペルフェスティバルが
始められたそうだ。

それから7年。
毎年いわきでフェスティバルが
行われている。
いわきの方々との関係も
深まっているそう。

今年1月に
私のクワイヤKSGCの
10周年記念コンサートの時も
いわきから駆け付け
素晴しい歌声とダンス披露してくれた。

ま、これらはすべて私にとっては
受け売り的な客観的なお話。

今年、私は初めて
この噂のゴスペルフェスティバルに参加予定。
事前にワークショップがあるのたが、
私は先日参加してきた。

簡単に言うけど
福島県、いわきですよ〜。

遠い。

でもみんな慣れているから、
近い、と言う。

夜7:00〜9:00のワークショップに
日帰りで(@_@)
参加した。

超ベテランの方の車に便乗。
120キロというスピードで2時間で着いた。
(土浦→いわき)
土浦まで我が家から小1時間
帰宅は午前0時半くらいとなった。

長い一日だった。

我らがディレクター
葛葉美奈子さんのレクチャーによる
ワークショップだったので、
一応スタッフ側となり
練習の時は
周りの人々を引っ張る役目だった。
周りの人々が私の声に耳澄まして、
音を合わせている。
超緊張した〜〜。

だって、私って〜〜
好きに歌っちゃう方じゃないてすかぁ〜。

コラッ!

c0134850_14554527.jpg


本番6/30(土)
いわきでお待ちしています。

[PR]
# by kusanohana-nonchi | 2018-06-04 14:30 | 日々のつぶやき | Comments(0)