人気ブログランキング |

カテゴリ:日々のつぶやき( 1284 )

2019年も佳境

2019年。
10月に入りました。
あと3ヶ月なんですね~。

2019年初頭に御披露目したことありますが
今年の私の手帳です。
c0134850_15320202.jpg


さて10月まで来て
手帳はこんなに膨らみました。

c0134850_15371162.jpg


10月からの3ヶ月分は
右側のちょっと白っぽい部分だけ。

c0134850_15364332.jpg

この手帳はほぼ日手帳なので
1日が1頁。
何を貼っているのかというと
その日心に留めるべき言葉。
とあるアプリとプリンター(専用)で
スマホのメモが
付箋紙に印刷されて出てくるという
優れもの(自画自讃)。

さて。本日の本題。
2019年も佳境に入っている、ということ。

例年通り
ダンス発表会は10月下旬(10/27)。
夏から週2回、毎回ほぼ3時間。
大汗かいて大奮闘中。

例年と違うのが
Bible&Artの展示会(美術展)が
今年は12月に行われるということ。
10月に入った今、作品製作に
取り掛かったところ。

実は2019年度は
私の中での大プロジェクト完成のため
勝負かけての?製作の年。
大プロジェクト??!!
企画デザインは数年前に済んでいた。
今年はようやく製作に入ることができた。
何と4月から、ずっと取り組んでいた。
10月を前に、とにかくほぼ完成させた。
縁取り等の最終仕上げは
少し棚上げ。年内には完成させたい。

そのうちど~~んと公開・・・

12月に展示会が移行してくれたので
ラッキーだったのでもあるけれど、
12月展示会終了後に
押し寄せる忙しさは
想像することも避けている私。




by kusanohana-nonchi | 2019-10-04 15:27 | 日々のつぶやき | Comments(0)

我が夫婦は
9/29で結婚35周年を迎えた。

笑ったり、怒鳴ったり、
ありとあらゆる感情ぶつけ合って
それでも、何のその。
世の中で一番慣れていて
気にしなくていい存在になり
こんな年月過ごしてきた。
笑っちゃう。

夫企画で、節目ごとに
関係者招待の記念会を開催。

親たちをすべて見送った我々なので
35周年は
子ども家族と妹をご招待。計8名。


c0134850_08590950.jpg

地元のお店で。
始まる前、まだ誰も来ていない。

ただの世間話と
2才の孫の、可愛さ炸裂一人舞台と、
夫の締めくくりの挨拶で終了。

最後に殊勝なる子どもたちから
こんなプレゼントを頂戴した。
珊瑚婚(さんごこん)と言うのだそうだ。
c0134850_09061303.jpg


中身は内緒。

この恵みと平安に感謝しかない。
by kusanohana-nonchi | 2019-10-01 08:46 | 日々のつぶやき | Comments(0)

ゴスペルライブのご案内

緊急告知です!
明日9/7(土)

柏オールソウルズ
ゴスペルクワイア(KSGC)
ライブあります!

常磐線、千代田線
我孫子駅南口イトーヨーカ堂
エントランス特設舞台にて
午後2時から3時

ぜひお越し下さい!!

全く遠くにお住まいの方
笑って見過ごして下さい。

c0134850_14193462.jpg


by kusanohana-nonchi | 2019-09-06 14:16 | 日々のつぶやき | Comments(0)

終戦記念日に考えたこと

この暑さで
私は日々何をしていたのか!?
気づけば8月折り返し。

涼し気な山へも行っておりました
(実際は暑かった)が、
涼しさの分かち合いは明日以降として・・

本日は終戦記念日を受けて
その思いを少し。

昨日録画を見たのが
NHKの
「かくて“自由”は死せり
~ある新聞と戦争への道~」。

日本は大正デモクラシーで
民主的な議会政治と
(現在に続く)自由な民衆の生活が
確立できていたが
ある(右翼の)団体が作った新聞にて
言論を操作され
たった10年で、軍国主義へ突入していった。

💨 💨

深いため息しか出て来ない。

人は賢いつもりでも
しばしば、知らないうちに
思考統制されてしまうものなのだ。

ナチスドイツもそうだ。
あの賢明なドイツの人々が集団で
洗脳されてしまった。

日本の直近では
障害持った人を強制的に不妊させた
事柄もそうだ。
一般の人の通報などで行われていた。

自分のことに下ろして考えてみる。
平和だし、豊かだし、
ぎりぎりの選択肢を迫られたことはない。
還暦も過ぎたかなりのお年だが
これからの自分
自らの頭で考え、自分の足で歩くことを
思う。


c0134850_10315678.jpg




by kusanohana-nonchi | 2019-08-16 07:02 | 日々のつぶやき | Comments(0)

同窓生

6月に中高の同窓会があったが、
所用で不参加の連絡をした。
すると幹事さんから
ご丁寧にメール返信があった。

その幹事さんとは
学生時代何のつながりもなく、
お名前覚えている程度の関係だった。

が。
メールで、何気ない会話から
話が弾み、とうとうご自宅にお呼ばれする
ことになった。

びっくりな展開でしょう?

そもそも
子ども時代って
見えてるものが少なかった。
中高一貫校で、1学年200名だったけど、
親しいお友だち以外、
お互いのこと、な~んにも知らない。
ただちょっと見で、
好きとか嫌いとか決めて
わかろうともしてなかった。

年を重ねている今、
偏見捨てて、いろいろな方のこと
知りたいなんて思うようにもなった。

彼女(幹事さん)は
現在、介護のため
自由がほとんどない。
わずかに解放される○日と○日○日のいつか
遊びに来て~
というのが事の発端。
北関東のちょっとした旅行気分の距離の所。
名家に嫁がれていて
その邸宅にお邪魔した。

同窓生という共通項だけで
ほぼ初対面に等しいけれど、
空白の時間埋めるごとく
話は弾んだ~~。
介護中で大変だけど
弱音は吐かない。
こうやってお友だちと交流して
元気に頑張る!と。

鳴呼。
心から応援します。

c0134850_21383608.png



by kusanohana-nonchi | 2019-08-04 21:12 | 日々のつぶやき | Comments(0)

また起きた奇跡?!

昨年末、証として
奏楽奉仕のことを書きました。

証(あかし)というのは
神の臨在を感じたことを証言する、
みたいな感じ?

一時は全く諦めきっていた
リードオルガンでの奏楽奉仕に
復帰できた、運命の不思議。

今年1月から礼拝伴奏始めたところ、
神はどすん!と私の上に
大きなプレゼント投げて下さった。

何と奏楽者が私一人になってしまったのだ。

1月から半年間、ほぼ一人。
(3回除く)
毎週毎週礼拝伴奏。
だから礼拝も休まない。休めない。
奏楽に復帰したい強い思いがきかれた
喜びに感謝しているから
絶対に呟かない。(文句言わない)

しかしそこにまた、神の助けが
差し伸べられたのだ!!

一緒に教会を移ったお仲間で、
プロの音楽家だった方がいらっしゃる。
プロを引退されてきたので、
もう音楽には関わらないというスタンスだった(と想像している)。
その方が、孤軍奮闘している私をみかねて、
手伝って下さることになった。

今日の礼拝で奏楽デビューとなった。
ピアノでされる流れるような
讚美歌アレンジ。
讚美歌伴奏も、楽譜通りでなく
きれいな音があちこちに加わる。
鳴呼。私がしたくても絶対にできない
音楽のセンスだ。
このセンスが礼拝に生かされるなんて!
こういう情況でなかったら、
起きなかったこと。

少し前の私なら、
すっかり自分が嫌になって
いたところ。
しかし、私は呟かない(文句言わない)。
私に与えられた
私にできることで
やっていくしかない。

いい刺激をいただいて
また明日から来週の礼拝向けて
練習しましょう。(前向きだ)

c0134850_01172493.jpg






by kusanohana-nonchi | 2019-07-29 01:16 | 日々のつぶやき | Comments(0)

教会音楽講習会

先週、千葉県印西市にある
東京基督教大学の
夏期教会音楽講習会に参加した。

3年ぶりの参加。
リードオルガン部門の実技と
音楽が礼拝で果たす役割のような内容の
講義がいくつか。
合唱の練習などもあった。

講義のひとつに
「音楽から考えてみよう
エンドオブライフ ケア」があった。
講師はホスピスで働く音楽療法士
米沢陽子さん。
米沢さんは大学の先生もされ
カトリック教会のオルガニストでもある。
プロの演奏家。

そんな才能ある方が
音楽によって、終末期病院で患者の心のケアを
されている。
音楽の力の凄さを教えていただいた。

その講義の前までに
自分の音楽史を作るという課題があった。
「自分の音楽史」???

最初は嘘だろ~なんて気持ちだったが
整理して指定の用紙をうめてゆくと、
意外や、意外。それなりに自分の過去が
浮かび上がってくる。

そして小グループで分かち合いすると、
短い時間でメンバーのことが
かなり親しみを持って、わかる感じがする。

そんな風に
音楽の力ってかなりすごいらしい。
終末医療の現場での力もいろいろお聞きした。
患者さんの病室でリクエストに答えて
音楽を奏でたり、一緒に歌ったりするそう。

私の音楽にとてもそんな力はないけれど
そういうことを知って、大収穫でした。

リードオルガンは
こんな素敵なホールにて
練習。聞き合い。
生徒6人での充実の時。

c0134850_23135778.jpg



by kusanohana-nonchi | 2019-07-23 22:37 | 日々のつぶやき | Comments(0)

月1回のお楽しみ

以前載せたことある内容なんですが・・

夫は春から秋にかけて
月1回1泊2日で、
埼玉県荒川上流の「長瀞」に
カヌーをしに行っている。
プロにカヌーを出して貰って
カヌーを学んでいる。

そこまで行くのは車。
家から120K
運転手はもちろん私。
カヌーしている間(3時間くらい)は
本を読んだりして過ごして待つ。
静かで優しい。(自分)
一方、夫は誰のために行っているのか
つい忘れるようで
120Kの道のりを
「いい加減道覚えろ」とか
自由な発言多く、
車の中での言い争いは絶えない。

それでも、ま、ご褒美ということで
毎回温泉つきのかんぽの宿「寄居」に泊まる。
すっかり顔馴染み。
その他にも
毎回寄るお店も決まって来ている。
むしろそれを楽しみにしてるとも言える。

帰りの昼食に必ず寄るのが
深谷市の「粉屋」。
手打ちうどんで、つけ汁で食べるタイプ。
海のない埼玉県の、里山の美味しいものに
すっかりはまってきている。
(炭水化物たっぷり)

c0134850_23453192.jpg


みんな美味しいものは知ってるんだなあ。
いつ行っても混んでいる
大人気店だ。

手打ちうどんはものすごい歯ごたえの麺。
写真のつけ汁は、冷や汁。

味ももちろん、
私は働く店員さんたちの、きびきびした
体育会のような動きを観るのが好き。
年齢は比較的高め。
白Tシャツに黒エプロンという
軽快なユニフォームで
顔ぷれも変わらず、みんな元気に動いている。
私がここで働いたら、どんな働きが
できるかなぁなんて考えてしまう。


c0134850_23513636.jpg


関越自動車道の花園インター近く。

その他にも関越自動車道降りた人、乗る人が必ず寄るらしい、お菓子のアウトレット店がある。
「フォレスト」
観光バスも寄る。バームクーヘン切り落としとか、スィーツでないものはないという勢いのお店。私はトイレをお借りして、孫のお土産買って帰るという使い方。

c0134850_22004022.jpg

c0134850_22004074.jpg


by kusanohana-nonchi | 2019-07-17 23:28 | 日々のつぶやき | Comments(0)

憂い

c0134850_11565786.jpg


これは6月中旬の
我が家の庭の梅の木にあった
鳥の巣とたまご。
植木屋さんが見つけて、写真撮ってくれた。
残念なことに、目視では見つけられない。

どの鳥のたまごかもわからない。
でも、何となく楽しみにしていた。

しかぁし。

朝、静けさの中に
鳥の賑やかなさえずりが聞こえてきて
いろいろ想像していたが
ある朝、さえずりとは言い難い
鳥の大騒ぎが聞こえてきた。

カラスだ。
3羽が、我が家の庭から、隣の庭、我が家の屋根を拠点に大騒ぎしている。

見なければよかったのに、
私は目を凝らして見てしまった。

あろうことか、何かをくわえて
それの取り合いしていた。
確かに鳥のひなだった。

その翌日からも
とにかく鳥の声が騒がしい。

3個のたまごが、どうなったか
考えることも放棄した。

鳥の声が聞こえてくる~の内容も
最近は耳をすまして
考えてみるようになっている。
私にできることは、何もないけど。
(しっし、とカラスを追っ払うことくらい?)


by kusanohana-nonchi | 2019-07-15 11:55 | 日々のつぶやき | Comments(0)

先日、福島県いわき市にて開催された
「いわきゴスペルフェスティバル」に
参加してきました。

震災復興支援のため
震災翌年から
歌うことで元気取り戻そう、と
ゴスペルディレクター(指導者)たちが
いわき市にやって来た。
その時に作ったクワイヤが
今は80人ものメンバーで
バワー全開。

私が参加したのはワークショップクワイヤで
このフェスティバルのための練習(ワークショップ)に参加した人なら誰でも歌える部門?で歌った。こんな人数!!!

c0134850_22163638.jpg


出演者全員の記念写真は
もっとスゴイ。

c0134850_22173945.jpg



by kusanohana-nonchi | 2019-07-01 22:08 | 日々のつぶやき | Comments(0)