カテゴリ:聖書の言葉( 78 )

昨年12/2 多摩にある
聖蹟めぐみキリスト教会の牧師、
森作常生先生が天に召された。

77才で天への凱旋である。

葬儀は家族でなされ
1/27(土)にはお別れの会が催された。
先生を偲ぶため全国から人々が
集まってきた。
私も参加させていただいた。
一緒に行ったのは松山での信仰の先輩で名古屋からの参加である。


さて。
森作先生がどんな方なのか。
そして私との繋がりは?

森作先生はずっと大学の先生をされていた。私が知り合ったのは愛媛県松山市
「松山協同キリスト教会」である。
先生は愛媛大学の助教授、
教会の成人科の先生として
何回かの講義を受けた。

長い先生の人生で
私との接点はちょっとだった。
先生のことも特に存じ上げないまま
数十年が過ぎていた。

ところが5年ほど前、松山時代の友人から森作先生は今東京で牧師をされている、
との情報がもたらされた。
更にわかったのは先生の教会
「聖蹟めぐみキリスト教会」は
私の教会と同じ日本福音連合(JECA)
だった。

嬉しくてお便りを出し、
すぐにお返事いただき、心がとても近くなった。

そのうち今度は森作先生が肺がんで闘病中である、という情報がもたらされた。
そんな時昨年10月森作先生が
JECAの機関紙に寄稿されて、
ご自分が闘病中であること、
積極的治療はせず
平安のうちに過ごされていることが
書かれてあった。

いてもたってもいられなくなり
11/20 京王線の聖蹟桜ヶ丘の教会を
訪問しお見舞いした。


15.6年ぶりにお会いしても先生も奥様もなんの変わるところもなく、
(先生がベッドにおられること以外)
暖かく迎えて下さった。接点はほんの少しなのにも関わらず。

先生は足のむくみがひどく、歩くこともままならなくなったのと、
時々脳に混乱が生じるとのことで
2階にあるパソコンに触れることがてきなくなっていらした。
情報科学というコンピュター関係
専門の先生が
パソコンが使えないのは、さぞかしお辛いであろうと想像された。
が、闘病はあくまでの穏やかで
私のことも覚えていてくださった。
最後に先生がお祈りしてくださった。


その日から2週間ほどして、
訃報が届いた。
森作先生が天に召されたのだ。
最後まで自分に与えられた使命は何かと追求し続けた先生の魂が、
とうとう神の元にいかれた。
先生の魂は神の元で平安に
お過ごしなのだろう。しみじみと思う。

葬儀は家族でなされ、
先日1/27 お別れの会が開かれた。

その会で私は初めて
森作先生の軌跡を知った次第である。

先生は茨城大学卒業後
アメリカにて経営及組織工学の博士号を取られ、そして神学校も出られた。

アメリカから愛媛大学への招聘があり
20年間愛媛大学で教鞭を取られていた。
私はその時に出会ったわけである。
その後大阪府立大学経済学部教授5年、
下関の梅花学院大学教授を務められた後
4年間牧師をされていた。
その他にもキリスト者学生会(KGK)
他多数の評議員、主事をされていた。

c0134850_20423104.jpg


2017年松山訪問時の写真 森作夫妻
(教会の友人より写真提供)

お別れの会では森作先生を偲ぶ
文集が配られた。
先生に関わったすべての時代、
すべての場所からの投稿である。

冒頭には森作先生自身の証(あかし)が掲載されていた。
題名は「救いと召命の証」である。


先生が博士号を取る学びの最中に
神学校に行く情熱にかられ、
そして先生の役割の他に
大学生の生活全般の面倒を見ながら、
学生に伝道し続けたこと。
本業は伝道で、大学教師はアルバイト
だと仰っていたという
エピソードも語られていた。
先生は飄々と、穏やかに、ユーモアを持って教師として若者に接しながら
導くことを召命とされて
突き進んで来られたのだ。
森作先生が聖書から引用するそのユーモアは
アメリカっぼかった。
今でも忘れられないジョーク。

家に修理の人を頼んで、ようやっと来た人に
「私はあなたを待っていてよかったのですか?それとも別の人を待つべきですか?」と聞いた、と。
これはマタイ11:3による
洗者ヨハネがイエスに送った言葉
「おいでになるはずの方はあなたですか?それとも別の方を待つべきでしょうか」
という聖句のパロディである。

先生を偲ぶ文集の内容も濃いが、
お別れの会では各時代のお知り合いの方からのお話がメインで、
その内容は楽しく、先生がそこにおられるように先生の人生を彷彿とさせられた。
みん〜な森作先生が大好きだってんだなぁっ伝わってきた。


1996年頃受けた森作先生の成人科の学びでとにかく忘れられず、
私のその後に影響を与えてくださったことが一つある。

人は神によって使命を与えられて生まれてくるのだから、
自分の使命が何であるかを知り、
そのために歩むことが人生である、ということだった。

それを召命と言う。

同じことを先生から声かけしていただいた方の寄稿にもあった。
「あなたの人生には特別な神のご計画があるのです。
あなたという存在を通してでなければ表すことのできない神の栄光のために
神はあなたを創られたのです。」

私は利己的に自分の好きなことと楽しいこと以外はしない方向で歩んできた。
そんな自分への神さまの召命は何だろう…

森作先生からの学びで、すっとずっと思っていた。

その後私なりに出した結論は
聖書の言葉を真ん中に置いたキルトの
製作を自分に与えられた召命と思って進むことである。

寄り道の多い私なのだが、
これだけは譲らず、ずっと向き合っている。

そのことでの活動を森作先生ご夫妻に知っていただいていた。
というか最後の訪問の時に森作先生から言及があった。
「キルトは作っていますか?」と。嬉しかった。


私はあなたがたに勧めます。
召されたあなたがたは、その召しにふさわしく歩みなさい。

エペソ4:1

P.S
森作先生とのアメリカの意外な
関わりを知った。
お兄様がアメリカからいらしていた。
更に知ったことは森作先生の祖父母はアメリカ永住者、お母さまもその後渡米。
そのいきさつについて書かれた本の存在を知った。
先生のお母さまの半生をつづった本
「弘正常和!ついておいで」 
太田垣弘著 日本文学館
アマゾンで探したところ中古本で見つけ、今読んでいるところ。
興味ある方お貸しします。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-02-15 20:17 | 聖書の言葉 | Comments(0)

11/21(金)
私がキリスト教の洗礼を受けたのは
もう20数年も前のこと。
子どもが通う幼稚園の教会で受洗した。

洗礼を受けるまで
心の中ではいろいろな要因があったが
かなり明確なきっかけになったのは
幼稚園の母父の会の中で園長先生から聞いた言葉が大きい。

神と境目にあるドアを開けるのはあなた。
そのドアにノブはあなたの方にしかない。
私はその時、リアルにドアを開けている自分の幻を見た。

今週の礼拝で牧師によって語られたのがこの絵のことだった。
ウィリアム・ハント「世の光」
心のドアの外で戸をたたくキリスト
c0134850_165698.jpg

絵をよ~く見ると、このドアにはノブがない。

私の心の葛藤が、19世紀にもうすでに多くの人の心の葛藤だったのか・・・
と驚愕している。
いえ、聖書で語られているのだから2000年前からのことか・・・

見よ。わたしは戸の外に立ってドアをたたく。だれでも、わたしの声を聞いて
戸をあけるなら、わたしは、彼のところにはいって、彼とともに食事をし、
彼もわたしとともに食事をする。   黙示録3:20



c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2014-11-21 16:18 | 聖書の言葉 | Comments(0)

4月29日(月)
今週の聖書の言葉
聞くには早く、語るにはおそく、
怒るにはおそいようにしなさい。
ヤコブの手紙1:19


状況を把握するのは速やかに・・・
自分の意見は、先走って言わず・・・
状況もわからないのにすぐ怒り出さない

ってことかしら??

怒りの感情を大切にしない・・・怒ったままでいない・・・


聖書のこんな一言を、心の底に置いておいて
人との関係において、ちょっと思い出してみよう



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-04-29 13:39 | 聖書の言葉 | Comments(0)

4月22日(月)
今週の聖書の言葉
何を守るよりも、自分の心を守れ。
そこに命の源がある。
箴言4:23(共同訳)


下の文は、いつも読んでいる新改訳聖書の訳である。
同じ文。
力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。
いのちの泉はこれからわく。箴言4:23(新改訳)


結局、自分が可愛いくて
自分のことばっかり考えている、とは思う私だけど、
こうやって、改めて指摘されると
自己中心ではなく
卑怯な生き方をしないようにすれば
やはり、きちんと自分からスタートすべきだ、
と言われているのか・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-04-22 06:34 | 聖書の言葉 | Comments(2)

詩編139篇

4月15日(月)
私がとても好きな詩です。

今週の聖書の言葉
主よ。あなたは私を探り、私を知っておられます。

あなたこそは私のすわるのも、立つのも知っておられ、
私の思いを遠くから読み取られます。

あなたは私の歩みと私の伏すのを見守り、
私の道をことごとく知っておられます。

ことばが私の舌にのぼる前に、
なんと主よ、あなたはそれをことごとく知っておられます。

あなたは前からうしろから私を取り囲み、
御手を私の上に置かれました。

そのような知識は私にとってあまりにも不思議、
あまりにも高くて、及びもつきません。

私はあなたの御霊から離れて、どこへ行けましょう。
私はあなたの御前を離れて、どこへのがれましょう。

たとい、私が天に上っても、そこにあなたはおられ、
私がよみに床を設けても、そこにあなたはおられます。

私が暁の翼をかって、海の果てに住んでも、
そこでも、あなたの御手が私を導き、あなたの右の手が私を捕えます。


詩編139:1~10




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-04-15 10:20 | 聖書の言葉 | Comments(0)

春を喜ぶ

今週の聖書の言葉
ほら、冬は過ぎ去り、大雨も通り過ぎて行った。
地には花が咲き乱れ、歌の季節がやって来た。
山鳩の声が、私たちの国に聞こえる。
いちじくの木は実をならせ、
ぶどうの木は、花をつけてかおりを放つ。
雅歌2:12


ソロモンという王が書いた詩が
雅歌である。

春の訪れを喜ぶ心が、
いきいきと伝わってくる。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-04-08 16:03 | 聖書の言葉 | Comments(0)

4月1日(月)
今週の聖書の言葉
先の事どもを思い出すな。
昔の事どもを考えるな。
見よ。わたしは新しい事をする。
イザヤ43:18-19


4月だ。
孫ゆいは、今日から2年生になる。
保育士の娘も今日から新体制に入る。
いろいろ新鮮・・・

ただの中高年はマンネリで日を過ごしているかって・・・・・
いえいえ、そんなことはありません。

神はフレッシュなスタートでできるように
聖書のあちこちで呼びかけてくれている。
ほんとかいな・・・

しかし、これだけ強い呼びかけがあると
私はやっぱり信じてゆこうと思う。

神の啓示によって
目からうろこが落ちたパウロも
180度生き方を変えたのですよ・・・


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-04-01 07:17 | 聖書の言葉 | Comments(4)

草の息吹が聞こえる

3月26日(火)
今週の聖書の言葉
木には望みがある。たとい切られても、また芽を出し、
その若枝は絶えることがない。 ヨブ14:7


いつもより早い桜の開花に
日本中が戸惑っている感じだけれど・・・

とにかく、春の舞台は切って落とされた!!

12月くらいから停滞していたと思えた我が家の庭も
動きだした。
2月最後の日にぽつんと梅が咲いたのが皮きりだ。
ぽつんぽつんと、青い雑草が見え始め、
くもが巣をはり
ありが活動を始めた。

馬酔木が白い花を満開にさかせている。
枯れ果てていたような牡丹も葉の新芽が出て、
もう花のつぼみまででき始めている。
知らなかったら雑草のひとつにしか見えないけど
夏に咲く百合の新芽もあちこちにでてきた。

さ、これからは、草の息吹とともに
季節が、がんがん進んでいくことだろう。
庭の木がどんどん伸びて、視界が狭く感じられるほどになる。
いよいよだ。

暑さとの闘いも始まるけど。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-03-26 06:47 | 聖書の言葉 | Comments(0)

3月18日(月)
今週の聖書の言葉
貧しさも富も私に与えず、
ただ、私に定められた分の食物で
私を養ってください。箴言30:8(後半)


私はかなり前から曽野綾子さんの著作を多く読んでいる。
キリスト者の視点と、人生経験から、
かなり明確で、厳しく、意見される方である。
世間のご意見番の役目を担われていらっしゃるようで
常に、何かの新しい著作が出版されている。
最近では、愛国心についての本も出されていた。
愛国心はあって当然なのに、
日本では、愛国心の強要を避けてきた、という憂いのご意見であるが・・

さてそれらの著作の中から
私が心に深く、刻んでいることのひとつが
「金銭」のことだ。

人は、多過ぎもせず、少な過ぎもせず、
ちょうどいいお金があることが
一番の幸せだ・・・ということに。

大金持ちは、お金の運用、相続問題、なとお金にまつわる苦労も多い。
お金のために、人生のかなりの分のエネルギーを使わなくてはならない。
宝くじの高額当選者の悲運はけっこう、聞く。
もちろんお金のないのは、つらい。
結局、必要な時に、必要な分だけあることが
お金のことに固執せず、お金に振り廻されることなく
最も幸せ、ということだ。

この価値感は、私の中にずっとある。

曽野綾子さんが聖書にうらうちされて発言されていることは知っていたが
この聖書の箇所を先週見つけた。
どうか、神さま、ちょうどよくいさせて下さい・・・て・・・
ちょっと調子のいいような気もするけど、
ホントの本音です。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-03-18 06:59 | 聖書の言葉 | Comments(2)

2月26日(火)

聖書の言葉
近くにいる隣人は、遠くにいる兄弟にまさる。
箴言27:10


遠くの親戚より近くの他人
という、日本のことわざと全く同じ。
これが書かれたのは遠くユダヤの地・・・

肉親というのはお互いの面倒をみる・・・というのが
不文律になっているのは古今東西共通なのでしょうね・・・
肉親だから仕方がない・・・という義務が生じるから
肉親であるがゆえの問題が起きるのでしょうね・・・

隣人というものは、
自らの意思と行動でそこに存在して
獲得していく、新しい人間関係、ということになる?
だから、時には頭を下げ、時には助け合って生きてゆく関係。
困った時はお互い様。
助けてあげたいし
見栄をはらないで救いも求めないと・・・

う~~ん。こう考えてみると
救いを求めるということが、難しいのだな・・・
プライドってやつ・・・



にほんブログ村 ハンドメイドブログ ミシンキルトへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村

ランキングに参加してみました。
よろしかったら、クリックしてください。

c0134850_040447.gif
草の花のHPもどうぞ

c0134850_11302169.jpg

我孫子福音キリスト教会HP
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2013-02-26 08:33 | 聖書の言葉 | Comments(0)