<   2018年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

桜ひとひら

今年の桜。
ダンスレッスンでは、
ミーシャの「桜ひとひら」で
踊っている!
一番から三番、
三パターンの振りがある。
3つのクラスで一つずつ踊っている。
私は2クラスに所属しているので
一番、二番。
振り付け完了したら、
踊れるパーツで
それぞれ参加、踊り込み。
せつないバラードに見を任せ
私、何者??って感じで踊っている。
傍から、見てどうてあるかは問わない。
まあ、気持ちいいこと!!

c0134850_13420267.jpg

c0134850_13422922.jpg

♪花びらひとひら 
思い出運ぶ風が 
頬をなでた
あなたのもとへ届いていますか。
薄紅色の手紙〜〜BYミーシャ

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-03-29 13:47 | ダンス | Comments(0)

大雪ウォークラリー

昨年に続いて2回目になるが
昨日横浜のウォークラリーに参加した。
昨日は春のお彼岸で
日本中が春のわくわくの予定に
満ちていたであろうが、
有り得ないような
散々なお天気だった。

我が夫婦もそんな中10K完歩。
ほんとにご苦労様なことです。
(我ながら)

しかし
昨年は夫は車椅子で横浜まで行き、
歩くのは完歩し、
帰りは車椅子だった。

今年はすべて歩きである。
しかもこの悪天候。
傘をさして歩くこともしていた。
目を見張る進歩である。
ただし、そのまま帰るのは疲れ過ぎるので
横浜に一泊。
足元、手元、バック中身
何もかもびしょ濡れだったので
一泊はほんとに、助かった。

積雪
c0134850_10585829.jpg




ゴールは馬車道駅
c0134850_10593893.jpg




横浜を
十キロ
ウォークラリー
桜は咲いて
雪と暴風

目的は
ただ到着後の
空きっ腹
雪風桜
横浜歩き




[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-03-22 11:05 | 日々のつぶやき五七五七七 | Comments(0)

旧暦お雛様ということで

旧暦のお雛様、ということにして
先日、孫の初節句のお祝いを
我が家で開催!
(3/3には息子夫婦でお祝い済み)

柚巴ちゃんが
いい写真のモデルになってくれた!
我が家のお雛様も
本望だろう。

c0134850_21183689.jpg



c0134850_21193799.jpg

お弁当で簡単に。


c0134850_21202274.jpg

スコップケーキというもの。


初節句
幸にあふれて
感謝する
笑顔止まらず
小じわがふえた

スコップケーキ
簡単豪華
隠れ技
載せただけでしょ
とは孫の弁




[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-03-21 21:15 | 日々のつぶやき五七五七七 | Comments(0)

小学校卒業式

昨日、
よりによって雨という
お天気の中、
孫の小学校卒業式が行われた。

驚いたのは
卒業式の主役が
完全に卒業生たちだったこと。
私の知っている
すべての卒業式は
壇上に国旗、校旗があり
校長先生が鎮座し、
卒業生たちは
その下のところに並んでいた。

卒業生主役の式では
壇上までにひな壇を作り
卒業生全員が見えるように座る。
会場の真ん中がステージのようになり
その周りを
在校生、父兄、来賓、先生方が囲む。

メインは
卒業証書授与の時
将来の夢、感謝の言葉などを
ひとりづつが大きな声で述べること。

その夢は
公務員になって親を助けたいという
びっくり仰天の立派なものから、
楽しかった思い出は修学旅行、という
小六らしいかわいいもの、まで。
投げやりで覚めたようなものは
ひとつもなかった(当たり前か)。
野球選手で大リーグに行きたい、水泳選手としてオリンピックに行き、金メダル取りたい〜
おお、気持ちいい大言壮語!!

具体的に薬剤師になりたいとか、薬研究者に、なりたいなんてのもあった。

我が孫も、意外なことを初めて表明した。

その後6年間の思い出を
97名の掛け合いで、次々に言葉が飛び交う。

その他合唱が4,5曲もあり
どの歌詞も泣けるし、ハーモニーも美しいし、
感動しっぱなしだった。だいたい全曲暗譜だ。
(当たり前とはいえ、すごいことだ)

そしてこれだけのことをこなすために
練習に練習を重ねたであろう
迅速なみんなの動き。
姿勢の良さ、正しい歩き。
特に角を曲がる時の「一瞬止まる」という動きが動きをなめらかに見せる効果あり。

まだ明日から小学校に行かない、という実感もないのか、飄々としていた孫、ゆい。

c0134850_09302863.jpg

c0134850_09302889.jpg


十二歳
その半分を
過ごしてた
小学校と
お別れする日


主役は
巣立つ人々
ひな壇で
思い出掛け合い
歌声響かす


身長が
三十センチは
伸びた孫
姿勢も返事も
立派で涙


夢語る
大言壮語や
熱きもの
九十七の
卒業証書


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-03-17 08:54 | 日々のつぶやき | Comments(0)

かんなメモリアルキルト

昨年秋に亡くなった
愛犬かんなの
メモリアルキルト完成

かんなが昇華してしまった感あり。
このキルト写真を表紙にして
これからかんなの思い出を綴る。

c0134850_14494555.jpg


情報整理していて
大きな壁に当たった。
かんなは16才だったもしれない。
保護犬で推定1才の時に我が家に来た。
それが平成14年(2002年)。
すると生まれは2001年。
2017から2001を引くと16才に決まっている。
いつから数え間違いしたのだろう???
ただひとつ。
保護した方が自費でワクチンを打って下さり、その証明書に平成14年、2才、とあった。
その情報によると17才で間違いないのだが、
何しろ推定1才で我が家に来た、ずっと言っていたので、この思い違いか納得できない。

ま、もうかんなはいない。
16才でも17才でもいいか…
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-03-14 14:47 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

緑が眩しい

夫はお天気のいい日を選んで
手賀沼でカヌーをしている。

そのための送迎で寄る
手賀沼にある地産地消のお店に行くと
季節の野菜で一杯。

この冬は
高い白菜、高いキャベツ、などなかなか
食指をそそられる素材がなかった。
今年はなんちゃって白菜漬けみたいなのを
1株ずつ漬けていた。
白菜がだんだんなくなり、品薄で値が上がり、
1株450円までは頑張って買っていた。
が、それが750円になったので、
今年の白菜漬けは終えた。

この春の日
お店の品揃えは目を見張るような
緑の葉もので、刷新され
生き生きとしていた。


買ったのは
水菜
ほうれんほう
なずな
小松菜
キャベツ
葉つき大根
玉ねぎ
にんじん


c0134850_15165782.jpg


         春の光
        地産地消の
         品揃え
        緑まぶしい
        葉野菜たちよ


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-03-12 15:16 | 日々のつぶやき五七五七七 | Comments(0)

東日本大震災から7年

東日本大震災から7年目の3.11を迎えた。
あの日保育園の年中組だった孫が
7年経って小学校を卒業する年になった。
孫は鮮明にあの日のことを覚えている。

語り継いでゆくこと、忘れないでいることが大切なのだ、と言われた。できてるのかなぁ〜。

c0134850_23464761.jpg

私の住んでいる我孫子市では
毎年陸前高田とタイアップで
鎮魂のためのイベント開催している。

ゴスペルクワイヤ
KSGCも毎年参加している。
昨日歌ってきた。

私にできた、ささやかなこと。

歌声、鎮魂のために届いたかなあ。

鎮魂歌
聖なるかなと
賛美する
歌う私も
励まし受ける



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-03-11 23:40 | 日々のつぶやき | Comments(0)

新しいカテゴリ登場

今年に入って
突然私は五七五七七にはまった。
気持ちを何でも五七五七七にはめてみる。
言葉がリズミカルなので、
暗記もたやすい。

庭の梅がいきなり満開になった。
寒さを待ちに待って、
この暖かさでいきなり、一斉に、満開だ。
満開の翌日は、春の嵐だった。

c0134850_17225240.jpg


頑張った
一気に咲いた
庭の梅
昨日の嵐
ものともせずに



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-03-06 22:04 | 日々のつぶやき五七五七七 | Comments(0)

2018おひなさま

我が家はお雛様続いていますが
今の暦のお雛様は終わり。

今年は何と言ってもお孫ちゃん柚巴の
初節句
c0134850_12264946.jpg

きゃ〜〜なんて可愛い!!


c0134850_12264991.jpg

こちらは伊豆稲取のお雛様。
子煩悩息子は、3/3に家族で旅行。



c0134850_12303032.jpg

3/3 仕事で忙しい人々(娘、姪)は欠席で
女子会雛祭り
我が夫は横でいつも通りの夕食を
食べていた。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-03-05 12:22 | 日々のつぶやき | Comments(0)