<   2018年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

この本

2018年に入って
18週が経過した。

2018年初頭に始めた計画が
順調に進んでいるというご報告。
ん?自慢?

今年はこれ! 
c0134850_23375958.jpg



この手引き書に従って
聖書通読にトライしている。

数年前、こっそり聖書通読開始したが
一日一章というペースで
3年ほど頑張ったが、
自然消滅してしまった。
いつやめたかも定かでない
あやふやさ。

今回はこの強い味方がいる。
1年54週なのだ。
1週ずつの区切りで
進んでゆく。
しかもがむしゃらに聖書頭から読むのでなく
この本の著者である牧師が
キリスト教初心者にもわかるように
読む順を示してくれる。 

一日のノルマできなくても
一週間でやりくりできるし、
今は旧約なので一日4章というノルマなのだが
(新約ては2章)
結構ゆるく、22章のものでも
一日4章だから少し余裕。(4章×7日=28章)

今、列王記第一。ソロモン王のところ。

[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-04-30 23:35 | 日々のつぶやき | Comments(0)

芝生育成中

昨年秋に亡くなった
ビーグルかんなは
全然悪くない!けど。

かんなが、集中的にオシッコしていたために
芝生はボロボロになっていた。

c0134850_20262996.jpg





c0134850_20262970.jpg


そこでこの度
芝生を敷き直してもらった。
現在立ち入り禁止。
芝生育成中。

c0134850_20290094.jpg

c0134850_20290183.jpg

(芝の上に土撒いてある)
緑生き生きする日を待つ。


もう、走るかんなはいない。
c0134850_21370750.jpg




[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-04-28 20:24 | 日々のつぶやき五七五七七 | Comments(0)

新聞配達事情

我が家は
○さひ新聞をとっているが。

春だからなのか?新人が配達を始めたのか?
ある朝突然○っけい新聞が届いた。

とっき時こういうこと起こるが。
新聞販売店に電話すると
大慌てて○さひ新聞持ってきてくれるのが
常である。

その朝もすぐに電話。
すぐに届けてくれた。

今回話題にしたのは
それで終わらなかったから…

散々謝って帰られた販売店の方。
「よく言っておきます、申し訳ありません。」
と言ったのに、翌日も
○っけい新聞が届いた。

また、電話して、持ってきてもらって
謝罪受け、いいんですよ〜なんて言って。

が何と一週間くらい続いた。

販売店の方も、私も開いた口がしまらない。
「○さひ新聞取りたかったら、○っけい新聞契約したらいいんですか?」なんて思わず言ってしまった。

途中で、申し訳ないので割り引きします、と電話もらった。

「いえ、明日の朝、○さひ新聞が届きさえすればいいです」

それでも翌日、○さひ新聞は来なかった。

その翌日かなぁ〜。
やっと○さひ新聞が来た。
ようやく覚えてくれたのか、配達員。
それから1週間経つ。

今でも○さひ新聞来てると、ほっとする。

考えてみれば、よくやってくれてるもの。
新聞配達。



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-04-26 11:21 | 日々のつぶやき | Comments(0)

今は亡き、ビーグルかんなのために作った
ベッド用のカバー。

2枚作ったけれど
晩年にいろいろあって(血便とか)
随分汚れ、1枚はすぐに破棄した。

1枚を洗って残しておいた。

その生地を使って何かしよう…
と思いついたのが
かんなと私の寝室だった部屋の
ダストボックス。

カルトナージュのショップで
ダストボックス用のキット購入し、
製作した。

c0134850_11165664.jpg



洗ってあったけれど
やはりむせ返るように
かんなのベッドの匂いがする。
一般的にはくさい、という匂いだけれど
これはかなり貴重。
普通だったら、もう一度洗うべきかもしれないが、あえて、臭うまま仕立てた。

布に全体的に毛っぽいものもついているけど、
まるごとかんなの思い出。
結構可愛いものになったじゃあありませんか。

懐かしくなってたまらなくなったら
ゴミ箱匂いかげば、かんなの匂いがする。
ま、くさい、ともいうので、敢えて嗅がないけど。


[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-04-25 11:09 | 手仕事日記 | Comments(0)

レッドワークの再開

私によくありがちなお話ですが。

20年も前かな〜。
子どもが小学生の頃、
手芸店のホビーラホビーレで
「赤毛のアン」の刺繍用の
下絵プリント布を買った。
下絵も赤ライン。刺繍も赤。
レッドワークと呼ぶ。
赤毛のアンの挿絵のような
イラストが9柄印刷してあり、
その図案に沿って
赤の刺繍糸でアウトラインステッチする。
アウトラインステッチとは
シンプルに線だけを刺すもの。
1柄のサイズは15センチ四方くらい。

買ったころに
子どもたちが海で遊んでいる時、
砂浜のパラソルの下で
クソ暑さと、戦いながら
刺繍していた記憶がある。

それから20年?
物入れの奥に突っ込んであったものを
発見した。
1柄だけ完成し、2枚が途中だった。

こんなのいつやる?
捨てる?
いや、できない。
しばし保留してあったが、
何とこの度再開した。

完成目標が見つかったのだ!!!

私はすっと、
ざ〜〜っとミシン踏むのはできるが
チクチク針を動かす時間が取れない。

開路を見つけたのが
夫のトレーニングジム待機の時間、
カヌー待機の時間とか。

すでに2枚目できた。

完成目標は秋。

c0134850_12390795.jpg





[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-04-23 12:28 | 手仕事日記 | Comments(0)

かんぽの宿

夫は年に数回
長瀞まてカヌーを習いに行っている。

我が家から長瀞はほぼ120キロ。
もちろん私が運転する。
長瀞の近く、寄居のかんぽの宿に
一泊して、
当日午後と
翌日午前の2回レッスン受ける、
というのが定番メニュー。

そういうわけで
寄居のかんぽの宿は常連さんだ。
かんぽの宿は日本中にあるが、
どちらも雰囲気同じで
何だかほっとする。
比較的安い値段で
サービスなかなかいい。

かんぽの宿の特徴は、
障害ある人への対応がいいこと。
専用の風呂には、リフトもあって、
体の自由がきかない人も
リフトで温泉につかることができる。

そのせいか
あちこちで介護する人とされる人一行を
見かける。
介護する夫に、車椅子の妻。
介護する親と一緒の子どもたち。
気楽に行ける、保養なのだろう。

新緑美しい候でした。

c0134850_11541741.jpg



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-04-21 00:05 | 日々のつぶやき五七五七七 | Comments(0)

かんなとの思い出全て

かんなの追悼集できました。

製本待っている間、
写真フレームで写真入れる代わりの、
写真キルト製作。全部布です。
いつでも元気なかんなを
思っていられるように。
私とかんなの寝室だった部屋に
飾りました。

手作り本でA5の紙1000枚、裏表
せっせと印刷(2000枚分)。
1冊130ページ。自分で組んで
あとは製本業者に依頼しました。

c0134850_23410772.jpg

c0134850_23410741.jpg

c0134850_23410815.jpg

c0134850_23410893.jpg



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-04-20 00:05 | ビーグル犬かんな | Comments(0)

バディ族

ネパールに
未だに残るカースト制度の最下層に
位置するバディ族、という存在がある。
その悲惨な状況に気づいた、とある
ネパール人、オーストラリア人の牧師が
その救済のための活動をしている。
バディ族の女性は
売春しか職業がない、という悲惨な実態。
その売春宿から多くのバディ族の女の子を
救い出し、
彼女たちのためにハウスを建て、
保護し、教育を受けさせ、
自立のための仕事も作っている。

そういう活動。

そこに賛同した人々が
日本でもNPO法人作り
活動を始めた。
Gospel Aid For Aisia

日本でのゴスペルの輪の力を使って
活動を広めようとする動き。
↑をクリックすると正確な情報に
つながるけど
その中にもあった我がゴスペルKSGCの
ディレクター葛葉美奈子さんが
東京方面の活動を担った!!
もうすでに現地も視察し、
可愛いバディガールズたちと会ってきた。
凄い行動力だ。
バディ族はそもそも王の前で
舞踊と歌とをする部族だったのだそうだ。
王制の廃止とともに最下層に追いやられた。
だから彼女たちの歌声は
素晴らしかった、と。

そのための支援要請のために
コンサートを開き、
現地報告もされた。
c0134850_10350067.jpg



わかりやすい冊子 
c0134850_10350064.jpg



支援の方法はいくつかある。

彼女たちの仕事として
コーヒー豆の焙煎
アクセサリー製作等あり
それを買ってあげること、から始まり

ハウスを建てるための資金、の支援

彼女たちを育てるための
長期間に渡る里親としての資金提供

などなど。

私はアクセサリーを買う支援はひとつした。
この先の支援について
義理でなく、付き合いでなく
自ら何ができるかを問うているところ。



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-04-19 10:16 | 日々のつぶやき | Comments(0)

夫は障害者手帳を持っているので
電車の交通費は2人で1人分になる。
まさに2人で一人前ということ。

ところが昨日
2人で一人前にもなれなかった
情けない事態発生💧

相変わらず旅行企画に余念のない夫から
昨日、駅で新幹線の指定券と乗車券を
買うように頼まれた。

メモに従って申込み用紙に記入。
すると窓口の人から
「申し訳ありませんが
発売は一ヶ月前からですので
受けられません」と言われた。
見たら6月となっていた。

何やってんだ〜アイツ。
何凡ミスやってるんだ〜。
そのまま帰ってきた。

夫も、自分のミスに苦笑い。

勝ち誇ったような私。

「でもさぁ、お前だってこれが5月の旅行って知ってたじやないか。」

………おっしゃる通りでございます。
私も5月の旅行のこと知ってました。
なぜその旅行と、この申込みのことが
一致しなかったのだろう。


2人の知恵出し合っても
1人分にらならなかった。
情けない。
[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-04-14 15:25 | 日々のつぶやき | Comments(0)

中学校入学式

今週火曜
孫ゆいの中学校入学式があった。

お受験したわけでもなく
成績優秀でもないけど
とにかく素晴しい。
感謝だ。 
よくここまで大きくして下さった。

お友達と楽しく
学校が好きなまま中学校生活を
送ってほしい。

小学校がただハッピーに
終わったわけでもないらしい。
小さな心にはそれなりに、
悩みや悲しみがあったらしい。
それでも笑顔の可愛い子でいてくれる。


c0134850_10572030.jpg
頑張れ!新中学生



未熟児で
生まれたことが
ふとよぎる
晴れ晴れしくも
中学入学


着られてる
セーラー衿の
制服が
意外に似合う
新中学生



[PR]
by kusanohana-nonchi | 2018-04-13 10:46 | 日々のつぶやき五七五七七 | Comments(0)